アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)

普通のピアスの倍、豪華なピアス アンティークジュエリーで時々見かける、モチーフが二つ連なったピアス。
通常のドルムーズピアス(スリーパーズ)は上の円形のアメジストのモチーフ部分だけで完結しますが、下部に更にもう一つのパーツが付いた贅沢な作りになっています。
そしてこの下部のドロップ型のアメジストがセットされたパーツは、何と取り外しが出来るように作られています。
ある時は縦長のドロップピアスとして、ある時は下部を取り外してピアス&ペンダントのセットジュエリーとして使うことができます。
下部のパーツは、左右共に外すことが可能ですので2つのペンダント。
あるいは将来的に、この下部の部分にフープ状の金具を足し、もう一対のピアスを作ることもできます。
アンティークジュエリーでもこれだけ何通りもの使用方法が可能なジュエリーは多くありません。
ピアスの金具をまっすぐにしたときに、パーツを取り外すようにできるようになっていたり、細部まで完璧に作りこまれています。
それを叶えたのは、高度な職人技術です。
針を耳たぶの後ろから前に通すドルムーズ(スリーパーズ)タイプのピアスです。 ライラック色の透明感あるアメジスト アンティークアメジストの紫は、当時人工的に色を調整することがなかったので、色々な紫が存在します。
このピアスのアメジストは、黒を背景にした写真では少し濃い目に映ってしまいますが、淡い紫のライラック色です。
僅かにピンクの色調を帯びた優しい紫色が、このピアスの明るいゴールの色と華やかな金細工にぴったりあっています。
上部モチーフのアメジストは円形、下部はティアドロップ型(雫形)。
1880年頃のフランス製。
18カラットゴールド。

  • 幅:10mm 
    高さ:37mm 
    重量:5g
  • 販売価格:259,200円(税込み)

アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)

世界にひとつだけの一点もの

  • アンティークならではの美しい爪や花の形をした台座など見所が詰まってます
  • 横幅は1センチ、縦幅は3.7センチと縦長のすっきりとしたシルエット
  • 爪の下の台座の上部にのみ、艶消しが施されています
  • 黒バックでは紫が濃いめに映りますが、実際はもう少し淡いライラック色です
  • フランス18金ゴールドの刻印あり
  • アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)
  • アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)
  • アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)
  • アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)
  • アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)
  • アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)
  • アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)
  • アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)
  • アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)
  • アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)

上の写真をクリックするとアンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)の大きな写真が切り替わります。

アンティークアメジスト ドルムーズピアス(取り外し可能)

[通販価格:税込] 259,200円 (送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークピアスの留め具「ドルムーズピアス(スリーパーズ)、スタッドピアス」他

アンティークピアスをその留め具の種類から分別すると、大きく5種類に分かれます。

1)ドルムーズ(英語では「スリーパーズ」)。
針を耳たぶの後ろから前にとし、耳たぶに固着するタイプのピアスの呼称です。
「眠る=ドルミール」という意味のフランス語から派生しています。
かつて赤ちゃんを抱く必要のある乳母が着けたといいます。
慣れるまで少し装着が難しいと感じる人が多いようですが、一度着けてしまえば邪魔にならず眠ってしまっても痛くならない重宝なピアスです。
アンティークらしい愛らしい(小ぶりなことが多いです)シルエットやデザインも魅力的で、まさにアンティークピアスならではの愛らしいピアスです。
下記は当店で販売済みの「ペルピニャンガーネットのアンティークピアス(ドルムーズ、18金ゴールド)」

ペルピニャンガーネットのアンティークピアス(ドルムーズ、18金ゴールド)

ドルムーズは慣れるまで装着が難しいということで後年、ピアスシステムが作り変えられてしまったものも多いです。
それだけにオリジナルの状態で残っているものは、貴重です。
装着がスムーズに行かないケースですが、ドルムーズは針を下に押して開閉するのですが、その部分が硬いという理由が多いです。
長い年月の間で以前に使われた人の癖などが出て、開けにくくなったものが多いようです。
当店では販売前に提携工房で、こうした部分の調整を行ってからお出ししています。
もちろん針の調整ですのでオリジナリティを損ねるものではありません。
このドルムーズの針の調整は非常に高度でデリケート、現代の職人さんで直せる人はごく僅かです。
当店提携の職人さんはいつも神業のように上手に調整してくれますのでご安心ください。

2)現代のピアスと同じよう、前に針を通して後ろで金具を留めるタイプのピアス。
下記のようなアンティークピアスでも比較的よく見るタイプのピアスです。

ダイヤモンドアンティークピアス(花、クラスターピアス、金細工)

3)フープ状になった針を前から後ろへ突き刺して、そのまま突き刺しただけのピアス。
下記のようなピアスです。

アンティークダイヤモンドピアス(イエローゴールド、ナイフエッジ)

4)スタッドピアス。
スクリュー式のピアスのことで、アンティークピアスでは留め具の左右のギザギザを、左右同時に押すことで開閉するタイプのものが多いです。
この留め具はアメリカのある会社が特許を持っていたそうです。
確かにアンティークのスタッドピアスにはフランス製のもので、ほとんど全てのケースでいつも同じアメリカの会社の刻印が留め具部分に入っています。

アンティークスタッドピアス ペアシェイプダイヤモンド 1930年代

5)クレオールピアス(フープピアス)
フランスでは、特にマルチニックやレユニオン諸島で生まれた白人のことを「クレオール」と言いました。
例えばナポレオン一世の妻であった、ジョゼフィーヌ皇后などは、マルチニックで生まれたクレオールです。
ジュエリー用語で「クレオール」と言うと単純にこのようなピアスモデルを指します。 クレオール人が身につけていたようなリング状のイヤリング・ピアスのことを指します。

アンティーククレオールピアス(金細工、18カラットイエローゴールド)

どの作りのアンティークピアスが良いかはお好みによりますが、ドルムーズタイプのピアスは慣れるまで着けにくいですが、装着していて取れにくいと言う利点があります。
またいかにもアンティークと言った愛らしいデザインも魅力的です。

着けやすさでいったら2)と3)に軍配があがります。
2)のタイプのピアスは一番現代のピアスと構造が似ているので、好まれる方が多いです。
3)のタイプのピアスは針が太すぎたり、ピアスのモチーフ部分の角度を調整したい時などに一番調整が楽に出来るタイプのピアスです。
例えばドルムーズタイプのピアスがどうしても着けにくいといった場合にも、3)のタイプのピアスへの作り変えは比較的容易であることが多いです。

ただし当店ではあらかじめお客様からの要望がない限り、あるいはおことわりなくピアスを加工して販売するといったことはないです。
業界でよく行われているのが、2つで1組のアンティークピアスを2つのペンダントに加工して、「元々ペンダントでした」と販売をしてしまうというもの。
私はアンティークピアスが大好きということもあり、こうしたことを見ると本当に残念でなりません。
ピアスは2つで1組と言うこともあり、実は仕入れ価格がかなり高めになってしまうことが多く、その割りに指輪などに比べて高額はつけにくいといった背景もあります。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×