黒エナメルアンティーク指輪(真珠、ダイヤモンド、名前入り)

黒と白でできたロマンティックな指輪 19世紀後期のフランス製。
「黒エナメルx天然真珠xダイヤモンド」とありそうでない組み合わせ。
天然真珠の白とエナメルの黒の、黒白の組み合わせが清楚な印象を与える指輪です。
黒エナメルはゴールドの縁取りで、お花の茎の形入れられています。
なだらかな曲線が指元に優しくマッチして、他にない美しい指輪ラインを作っています。
天然真珠はお花の形になっていて、モチーフは忘れな草です。
真珠の両脇にわずかに隙間を造っているところもワンポイントになっています。
中心のとても小さなローズカットダイヤモンドが、清楚さを加えています。
100年以上経ても薄れることのない愛の証 この指輪でまた特筆すべきなのが、フレームの内側部分。
恋人たちの記念日に作られた指輪だったようで、文字が刻まれていて、その文字がまたとても美しいのです。
解読できるところだけ読むと「Elizabeth xxx 21 Dec 1859」「Benjamin xxx 6 Nov 1859」と入っています。
どうやら二人の誕生日を入れているようで、結婚か何かの記念に造ったもののようです。
19世紀後期らしい優しいロマンティックな雰囲気が楽しめる指輪です。
地金は18kゴールド。
指輪サイズは12号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:9mm 
    重量:2g
  • 販売価格:売り切れました。

黒エナメルアンティーク指輪(真珠、ダイヤモンド、名前入り)

世界にひとつだけの一点もの

  • 「黒エナメルに真珠」黒と白のコントラストが潔い清潔感を放ってます
  • 茎のシルエットのシャンク(腕)が着けたときのラインの美しさを引き上げています
  • 円らかで色の良い天然真珠。程よい厚みがありお花のふっくら感が出てます
  • 両サイドに愛の誓いが刻まれています。左右で上下逆に文字を入れています
  • 宝石は全てクローズドセッティング。19世紀らしいのどかでロマンティックな雰囲気
  • 黒エナメルアンティーク指輪(真珠、ダイヤモンド、名前入り)
  • 黒エナメルアンティーク指輪(真珠、ダイヤモンド、名前入り)
  • 黒エナメルアンティーク指輪(真珠、ダイヤモンド、名前入り)
  • 黒エナメルアンティーク指輪(真珠、ダイヤモンド、名前入り)
  • 黒エナメルアンティーク指輪(真珠、ダイヤモンド、名前入り)
  • 黒エナメルアンティーク指輪(真珠、ダイヤモンド、名前入り)
  • 黒エナメルアンティーク指輪(真珠、ダイヤモンド、名前入り)
  • 黒エナメルアンティーク指輪(真珠、ダイヤモンド、名前入り)

上の写真をクリックすると黒エナメルアンティーク指輪(真珠、ダイヤモンド、名前入り)の大きな写真が切り替わります。

黒エナメルアンティーク指輪(真珠、ダイヤモンド、名前入り)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

エナメルのアンティークジュエリー「クロワゾネエナメル」

アンティークジュエリーで時々登場するエナメル。
その柔らかな質感は、どんな高価な宝石を使用したジュエリーにもかえがたい魅力があります。
繊細で高い技術を要するエナメルジュエリーは、現代のジュエリーでは見られなくなってしまっているので、良質なエナメル使いはアンティークジュエリーの醍醐味の一つです。
いくらお金を出そうと、現代のもので同レベルの美しさを持ったエナメルジュエリーを手に入れることはできないのです。
アンティークのエナメルジュエリーももともと数が少なく、今後ますます手に入らなくなること必至です。
エナメルはその技法もバラエティに富んでいますが、基本的には粉末のガラス質のエナメルで、金属やガラスなどに焼き付けたり、そこに絵を描いたりしたジュエリーを指します。
その歴史は古代エジプトにさかのぼり、19世紀後半にかのジュリアーノ一族によって一躍脚光を浴びます。
19世紀後半にルネッサンス様式に着想を得たエナメルの重ね塗りで、一世を風靡。
白・黒、ブルー・白の点描などが有名です。
カルロジュリアーノの二人の息子、カルロとアーサーが父の跡を継ぎ、ジュエリアーノ一族のエナメルワークは更なる発展を見せます。
またスイスジュネーブのスイスエナメル、フランスリモージュ地方のリモージュエナメルも人気です。
アールヌーボー時代には、透明なエナメルも好んで用いられました。
フランスアンティークジュエリーに使われているエナメルの色は限られています。
多いのが、黒エナメル。
黒は額縁のような効果をもたらしますので、特にダイヤモンドや真珠などとあわせて使われることが多かった色で、濃淡は様々です。
そして続いて青色のエナメル。
特にフランスのアンティークジュエリーでは、鮮やかな青や水色を好んで使われました。
その他、アンティークジュエリーに登場してくるエナメルは赤色、緑色、紫色ぐらいです。
白を使ったエナメルもありますが、部分的な使い方が多いです。
濃い目の色が多いのは、やはりジュエリーの中でエナメルは額縁のように全体を引き締める効果のために使われることが多かったからでしょう。

アンティークジュエリーで見られるエナメル(エマイユ)技法のひとつで、エナメルの中でも高度な技術を要するエナメルにクロワゾネエナメルがあります。
クロワゾネエナメルとはいわゆる有線七宝のことです。
土台となる金属の上に1mmにも満たない金線を貼り付けて輪郭線を描き、できた枠内をエナメルで埋める装飾技術です。
アールヌーヴォーの時代に日本の有線七宝の影響を受けて、それがフランスで進化し、鮮やかな発色のエナメルがアンティークジュエリーが生まれました。
フランスのアンティークジュエリーにおいて、クロワゾネエナメルによく用いられた色は赤や青、黒、白、緑などです。
「クロワゾネ(cloisonne )」はフランス語で「仕切られた」という意味からきています。
アンティークジュエリーや美術品に使われた古典的技法ですが、その繊細さと美しさが昨今改めて見直されています。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×