アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)

フランスアンティークジュエリーと言えば・・・ フランスアンティークジュエリーと言えばこうしたアールヌーボーのゴールドネックレスを思い浮かべる方も少なくはないでしょう。
フランスアールヌーボー期の王道を行く、美しいハイカラット(18金以上)のイエローゴールドの金細工のネックレス。
王道を行くアンティークジュエリーですが、もともと数多く作られたモデルではない上に世界的人気がありますので特にここ数年は非常に見つけずらくなってきています。
お値段も5年前と比べますと軽く2倍は超えてきています。
そしてアールヌーボーのゴールドネックレスであれば何でも良いというわけではなく、この手のネックレスはかなりピンきりです。
安価に売られているものは驚くほど軽量でモチーフが落ち着かず、明らかに着けにくいものもあります。
(レポゼ細工などを取り入れて軽くてもしっかりできているネックレスもありますので、重量だけが重量なのではありません。)
こちらのネックレスは、手にした時に心地よい重量感があります。
そしてチェーンやモチーフが滑らかでデザインのバランスもよく、綺麗なシルエットでストンと落ちてくれます。
モチーフは薔薇(バラ)。
金細工技術としては主に彫金が用いられています。
葉の部分など美しいオープンワークになっていますが、これはそれぞれのパーツを作って溶接して作り上げてるのではなく、糸鋸でくり貫いて仕上げています。
より強度が増しますが、より高度な技術です。
薔薇の花は花びらの重なり合う様子が美しく、葉は僅かな高低がつけられていることで、光が一様にあたるのではなく陰影が異なって見えます。
自然の中で朝の光を浴びている、そんな薔薇の花の瑞々しさが伝わってくるようです。
ゴールドと言う硬い素材でできていることを、しばし忘れてしまいます。
フランスアールヌーボーのハイクラスなジュエリーに見られる、素晴らしい表現力にはいつも惚れ惚れとします。
カボションカットルビーが取り入れられています こうしたアールヌーボーのゴールドネックレスは、イエローゴールドのみで仕上げられることが多いのですが、なんとルビーが入っています。
ルビーの赤色が、明るいイエローゴールドを背景に鮮やかに煌きます。
オーバルなルビーは、なんとカボションカットされています。
カボションカットにしますとカッティングによる反射が見込めませんので、石そのものが非常に美しいものしかカボションカットにはできません。
これまでいくつものアールヌーボーのゴールドネックレスを扱ってきましたが、このような色石が入ったものは極めて稀です。
真珠の入ったものは比較的見つかりますが、他の宝石は珍しいです。
以前に一度だけ同じようなスタイルのオパールのアールヌーボーのネックレスを扱ったことがありますが、やはり石がカボションになっていました。
美しいルビーをあえて石が目立つようなセッティングにするのではなく、カボションにして宝石の存在感は落ち着かせ、美しい色の対比を楽しむ。
そのような意匠が見事に成功している作品だと思います。
ネックレスの長さは42.5センチ。

  • 幅:425mm 
    重量:10g
  • 販売価格:売り切れました。

アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)

世界にひとつだけの一点もの

  • ゴールドは表面がつや消しされていて少しマットな風合いです
  • イエローゴールドとルビーの潔い色の組み合わせがこれほど美しいとは!
  • ルビーは5ミリ弱x6.5ミリ、指輪でしたらメイン石になる大きさです
  • 葉っぱの細い線は側面で少し厚みを持たせて堅牢さを出しています
  • 覆輪留め差レアルビーの裏面もなかなか面白い安定感のあるセットです
  • アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)
  • アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)
  • アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)
  • アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)
  • アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)
  • アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)
  • アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)
  • アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)
  • アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)

上の写真をクリックするとアールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)の大きな写真が切り替わります。

アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アールヌーボー(アールヌーヴォー)ゴールドネックレス その金細工、モチーフ、宝石

フランスのアンティークジュエリーで誰もが思い浮かべる作品に、アールヌーボー期の金細工のネックレスがあります。
年代としては1890-1900年頃に製作されて、ゴールドはイエローゴールドのみ(部分的にグリーンゴールドと呼ばれる少し黄緑帯びたイエローゴールドを取り入れることはございます)、カラットは必ず18金です。

人気の理由は何より美しい金細工、そして他の国のアンティークジュエリーではあまり似たようなテイストのものがないといったことも関係しているかもしれません。
確かにフランス以外の国では見つけにくいアンティークジュエリーの一つです。
こうしたアールヌーボーのゴールドネックレスは共通していることも多いですが、様々なバリエーションがあります。

まず用いられている金細工。
多く見られるのは金彫り。
ゴールドをくりぬいたり彫ることで、モチーフを作り出していきます。

アンティーク薔薇の花のネックレス(アールヌーヴォー、金彫り)

対称的なのがレポゼ。
ゴールドを裏から打ち出すことでレリーフを作り上げていきます。

アンティーク薔薇のドラップリーネックレス(レポゼ金細工 18金ゴールド)

どちらが良いかは好みになります。
概してレポゼ細工で作られたゴールドネックレスは軽量のことが多いです。
「軽量=低品質、安価」というわけではなく、どこまでの技量で作りこまれているかがポイントになります。
例えばエレガントな薄手のブラウスなどに合わせるときは、レポゼのネックレスのが程よい華奢さで綺麗に見えますし、アウターの上などにざっくり実につけられたいときは金彫りの少し重量感のあるネックレスが向いています。

モチーフも様々ですが「花」、あるいは「葉」がモチーフにされていることがほとんどです。
一番よく見られるのは薔薇。

アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド

デイジー(雛菊)も比較的よく見られます。

ヒナギクのネックレス(デイジー、バロック真珠、アールヌーボー)

変わったモチーフとしては、「栗」をイメージしたネックレスを扱ったことがございます。

アールヌーヴォーゴールドネックレス(栗モチーフ、天然真珠)

宝石に関しましては、一番多いのはイエローゴールドの造作のみで作られたネックレスです。
しかし真珠がところどころに用いられたアールヌーボーのゴールドネックレスは比較的よく見られます。

薔薇ネックレス(18Kゴールド)

珍しいものではカボションカットされたオパールがところどころに入ったもの。

アンティークオパールネックレス(デイジー、アールヌーヴォー、彫金細工)

やはりカボションカットされたルビーが入ったネックレス。

アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)

いずれの色石もカボションカットされてオーバルなパレット状にされているところが共通しています。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×