アンティークエナメルペンダントトップ(ミドリエナメル、ベルギーのアールヌーヴォー、クォーツ)

緑豊かな、ユートピアに咲く花 どこまでも深い緑色が印象深い、エナメルのペンダントトップ兼ブローチ。
アールヌーヴォー期のベルギーで作られたエナメルジュエリー。
1905年あたりに作られたもの。
深緑のエナメルの上に、シルバーで形作られた花々は、実在する花ではなく架空の花がモデルとなっているようです。
深い緑の上に描かれた左右対称の愛らしい花や葉が地上のユートピアを思わせ、心に焼きつきます。
エナメルの中に、さらに白いエナメルで描かれた花 エナメル部分をアップした写真をよーく見てください。
緑エナメルの中に、白っぽいエナメルでさらに花が描かれているのが分かるでしょうか?
何と高度な技、そして何と豊かな発想力なのでしょう!
「水辺に映る花の影」同じような視覚効果を生み出し、幻想的な美しさをかもし出しています。
下部に吊り下げられた淡い緑色の石は、クォーツ。
地金はシルバーで、シルバー900(90%が銀という意味)の刻印があります。

  • 幅:38mm 
    重量:7g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークエナメルペンダントトップ(ミドリエナメル、ベルギーのアールヌーヴォー、クォーツ)

世界にひとつだけの一点もの

  • エナメルの上に浮き上がる花々が、現実離れした美しさ
  • 上部の銀の枠部分にチェーンを通せば、ペンダントトップに
  • よく見ると緑色のエナメルの中にさらに白いエナメルで花が描かれています!
  • 良いジュエリーは後ろまで完璧なもの。針もパーフェクトコンディションです
  • 最下部の緑色のクォーツが揺れて微妙なニュアンスを作り出します
  • アンティークエナメルペンダントトップ(ミドリエナメル、ベルギーのアールヌーヴォー、クォーツ)
  • アンティークエナメルペンダントトップ(ミドリエナメル、ベルギーのアールヌーヴォー、クォーツ)
  • アンティークエナメルペンダントトップ(ミドリエナメル、ベルギーのアールヌーヴォー、クォーツ)
  • アンティークエナメルペンダントトップ(ミドリエナメル、ベルギーのアールヌーヴォー、クォーツ)
  • アンティークエナメルペンダントトップ(ミドリエナメル、ベルギーのアールヌーヴォー、クォーツ)
  • アンティークエナメルペンダントトップ(ミドリエナメル、ベルギーのアールヌーヴォー、クォーツ)
  • アンティークエナメルペンダントトップ(ミドリエナメル、ベルギーのアールヌーヴォー、クォーツ)
  • アンティークエナメルペンダントトップ(ミドリエナメル、ベルギーのアールヌーヴォー、クォーツ)

上の写真をクリックするとアンティークエナメルペンダントトップ(ミドリエナメル、ベルギーのアールヌーヴォー、クォーツ)の大きな写真が切り替わります。

アンティークエナメルペンダントトップ(ミドリエナメル、ベルギーのアールヌーヴォー、クォーツ)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

エナメルのアンティークジュエリー「クロワゾネエナメル」

アンティークジュエリーで時々登場するエナメル。
その柔らかな質感は、どんな高価な宝石を使用したジュエリーにもかえがたい魅力があります。
繊細で高い技術を要するエナメルジュエリーは、現代のジュエリーでは見られなくなってしまっているので、良質なエナメル使いはアンティークジュエリーの醍醐味の一つです。
いくらお金を出そうと、現代のもので同レベルの美しさを持ったエナメルジュエリーを手に入れることはできないのです。
アンティークのエナメルジュエリーももともと数が少なく、今後ますます手に入らなくなること必至です。
エナメルはその技法もバラエティに富んでいますが、基本的には粉末のガラス質のエナメルで、金属やガラスなどに焼き付けたり、そこに絵を描いたりしたジュエリーを指します。
その歴史は古代エジプトにさかのぼり、19世紀後半にかのジュリアーノ一族によって一躍脚光を浴びます。
19世紀後半にルネッサンス様式に着想を得たエナメルの重ね塗りで、一世を風靡。
白・黒、ブルー・白の点描などが有名です。
カルロジュリアーノの二人の息子、カルロとアーサーが父の跡を継ぎ、ジュエリアーノ一族のエナメルワークは更なる発展を見せます。
またスイスジュネーブのスイスエナメル、フランスリモージュ地方のリモージュエナメルも人気です。
アールヌーボー時代には、透明なエナメルも好んで用いられました。
フランスアンティークジュエリーに使われているエナメルの色は限られています。
多いのが、黒エナメル。
黒は額縁のような効果をもたらしますので、特にダイヤモンドや真珠などとあわせて使われることが多かった色で、濃淡は様々です。
そして続いて青色のエナメル。
特にフランスのアンティークジュエリーでは、鮮やかな青や水色を好んで使われました。
その他、アンティークジュエリーに登場してくるエナメルは赤色、緑色、紫色ぐらいです。
白を使ったエナメルもありますが、部分的な使い方が多いです。
濃い目の色が多いのは、やはりジュエリーの中でエナメルは額縁のように全体を引き締める効果のために使われることが多かったからでしょう。

アンティークジュエリーで見られるエナメル(エマイユ)技法のひとつで、エナメルの中でも高度な技術を要するエナメルにクロワゾネエナメルがあります。
クロワゾネエナメルとはいわゆる有線七宝のことです。
土台となる金属の上に1mmにも満たない金線を貼り付けて輪郭線を描き、できた枠内をエナメルで埋める装飾技術です。
アールヌーヴォーの時代に日本の有線七宝の影響を受けて、それがフランスで進化し、鮮やかな発色のエナメルがアンティークジュエリーが生まれました。
フランスのアンティークジュエリーにおいて、クロワゾネエナメルによく用いられた色は赤や青、黒、白、緑などです。
「クロワゾネ(cloisonne )」はフランス語で「仕切られた」という意味からきています。
アンティークジュエリーや美術品に使われた古典的技法ですが、その繊細さと美しさが昨今改めて見直されています。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×