カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス

コーンサファイヤ色のブルーサファイヤ ブルーサファイヤの中でも最良と言われる、「コーンフラワーブルー(矢車草の花の青色)色」のブルーサファイヤ。
コーンフラワーブルーのサファイヤは、サファイヤの中でも最高級の色で色合いだと言われています。
産地の確定はアンティークジュエリーの場合難しいことが多いのですが、当時の典型的なセイロンサファイヤの色です。
アンティークジュエリーで用いられるサファイヤの大半は、少し色が濃い紺色のサファイヤが多いので、希少で貴重です。
サファイヤ自体アンティークジュエリーにおいて決して多い宝石ではなく、その中で最良の色のサファイヤ、しかもピアスを見つけられることは滅多にありません。 アールデコらしいカリブレカットとジオメトリックなデザイン アールデコのジュエリーの特徴が如実に出ているところも魅力です。
サファイヤがカリブレカットと呼ばれる、特徴的なカッティングにされています。
カリブレカットはアールデコ期のアンティークジュエリー以外ではほぼ見られない、この年代に特徴的なカッティングです。
このように直線的に石をカットして、爪なしでセットをするのには高度な技術が必要です。
美しいカリブレカットは、相当ハイクラスの作品でしかまず見ることがありません。
ダイヤモンドも透明できれいな11石ずつ。
トライアングルの台座に、埋め込まれるように深くセットされています。
ピアスはひし形とトライアングル、幾何学的な形のパーツで構成されていて、ジオメトリックな1920-1930年代のアールデコデザインの特徴が出ています。
1920-1930年頃のイギリス製。
イギリスの9カラットを示す「375」という数字が、針部分に押されています。
9カラットホワイトゴールド。

  • 幅:4.5mm 
    高さ:24mm 
    重量:1.5g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス

  • ジオメトリックでかっこいいアールデコのデザイン、縦幅が最大で2.4センチです
  • 耳たぶにぴったりフィット。ひし形部分は固定でトライアングルが揺れます
  • 外縁にはミルグレインが施されています
  • コーンフラワー色の色彩の明るいブルーサファイヤ、ダイヤモンドも無色透明
  • カリブレカットは裏側の窓を見ると、作りの良し悪しが分かります
  • カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス
  • カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス
  • カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス
  • カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス
  • カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス
  • カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス
  • カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス
  • カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス
  • カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス
  • カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

カリブレカットブルーサファイヤ アールデコピアス

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。是非ご登録ください。 ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

カリブルカット(カリブレカット)が用いられたアンティークジュエリー

カリブレカットとはフランス語でCalibre cut(カリブレカット)。
カリブレカットは20世紀に入ってから登場する石留めの技術で、特にアールデコ期のジュエリーにセットされた宝石に見られるカッティング技法です。
カリブレカットは石を留めるのに爪を使わずに、石の両側の縁をわずかに倒して留めます。
アールデコ期(1920年代)に同じ色の同じ形の連続する石を留める時に用いられた技法で、主にアクセントカラーとなる色石に用いられました。
代表的なのがブルーサファイアそしてルビーです。
希代のアールデコのジュエラーは、カリブレカットした宝石を用いた対照色が美しい作品を残しています。

下記はJ.E Coldwellのカリブレカットルビーとダイヤモンド、オニキスのブローチ。

jecoldwell

下記はジョルジュ・フーケのエメラルドとカリブレカットサファイヤ、ダイヤモンドのブレスレット(1925年作)。
jecoldwell

宝石を幾何学的な形にカットしスッキリとしたラインを強調することで、アールデコらしいシャープなラインが生まれます。
カリブレカットのメリットは何とっても石と石の間に爪が見えないこと。
小さな石を連続してラインを作る時、宝石がすっきりとして見えるのが魅力です。
その端正なラインは、非常に高い宝飾技術によって支えられています。
シャープでモダンなアールデコのアンティークジュエリーは世界的にとても人気がありますが、カリブレカットが施された宝石が配されたものはとりわけ探されています。
アールデコ期に作られたカリブレカットのジュエリーは指輪がもっとも多いですが、下記のようなネックレスやブローチなどでも見られます。

ネグリジェネックレス

ちなみにこちらのネックレスのカリブレカットルビーは合成(シンセティック)です。
カリブレカットの色石は多くの色石を要するのと、特にルビーのパーティングと言う特性により、一流のジュエリーにも時々シンセティックルビーやシンセティックサファイヤが用いられたものがあります。
また天然宝石とシンセティックの混ざったものもありますので、そのジュエリーを販売している業者さんが全てきちんと調べているか確認することが大事です。
(ご納得された上でご購入されるのであれば、問題はありません。)

またアールデコより少し後年の1940年代の高級時計にも時々、カリブレカットのサファイヤやルビーがセットされた宝飾時計が作られました。

カクテルウォッチ

カリブレカットした宝石を用いたジュエリーは実にデザインが優れたものが多いです。
長方形、正方形、台形など作り上げたいデザインに応じて、小さく面取りしてカットしてレール状の台座にはめ込んでいく、まるで「宝石のパズルのような技法」ですから、当然ともいえます。
カリブレカットによって、アールデコのジュエラーは思い描いたデザインをより自由に大胆に表現することが出来たのです。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.