アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)

ナイフエッジのドロップラインがかっこいいピアス 1910年頃のフランス製。
20世紀初頭のシャープなラインを持つジュエリーのことを英語で「turn of the century(ターンオブザセンチュリー)のジュエリー」と表現することがあるのですが、まさにその言葉がぴったり来るピアスです。
アールデコの前兆である縦長の細身のライン、そしてナイフエッジ。
縦長のドロップラインがかっこいいです。
横に幅をとることで強度を出し、正面から見ると線のように見えるラインが、「ナイフ」の形に似ているのでナイフエッジと呼ばれています。
イエローゴールドは18ctゴールドで、ダイヤモンドの周りのみプラチナが用いられています。
エドワーディアンの頃に見られるこの地金の組み合わせも時代感をよく表しています。 ガーネットのドロップピアスは珍しいです 宝石はガーネット。
そして一見ダイヤモンドのように見える透明石は、ホワイトサファイヤです。
ウォームレッドのガーネットの色は温もりがあり、日本人の肌色に綺麗に見せてくれます。
濃い色ですが暗くはなく魅力的な色。
透明感もあります。
ガーネットの台座はお花の形をしています。
バターカップ(日本語ではキンポウゲ)の花びらの形に由来していると言われています。
ナイフエッジのシャープなラインが効いているので、お花がモチーフになっていても可愛さが前面に出すぎず大人の女性にふさわしいピアスです。

  • 幅:6mm 
    高さ:18mm 
    重量:2.1g
  • 販売価格:129,600円(税込み)

アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)

  • ウォームカラーのガーネットがプラチナの台座にセットされているのが新鮮です
  • 横幅6ミリ、縦幅1.8センチ、そこまで縦長すぎず扱いやすいサイズ感
  • ガーネットの直径が4.5ミリ、厚みもありファセットが細かく入ってます
  • ガーネットのセットされたメイン部分は5ミリ程の範囲で揺れるよう出来てます
  • フランス18金ゴールドの刻印あり
  • アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)
  • アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)
  • アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)
  • アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)
  • アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)
  • アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)
  • アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)
  • アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)
  • アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)
  • アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティークガーネットピアス(ホワイトサファイヤ、ゴールド)

129,600円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

アンティークジュエリーの宝飾技術「ナイフエッジ技法」

ナイフエッジとはナイフに例えた細工のことで、刃の面が鋭く細く、手を当てる側が太くなっていることからこう呼ばれます。
出来るだけ金属の部分を目立たなくした作りです。
ナイフの刃を上にして立てた状態の物で、正面からは細い線のようにしか見えないので、その上にセットされた宝石が宙に浮かんでいるように見えます。

下記は当店で販売済みのダイヤモンドのピアス。
正面から見たときはこのように線のように細いラインしか見えません。

アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)

同じピアスを横から見たとき。
横で幅を持たせて堅牢さを出しているのが分かります。

アンティークダイヤモンドピアス(縦ライン、ナイフエッジ)

ヤスリで擦って表からは、細い線にしか見えないようにしています。
手作りだからこそ出来る技ですし、見た目より強度が高められているという高度な作りです。
アンティークジュエリーでもものすごく古い時代のジュエリーには見られず、19世紀末から20世紀初頭の「イギリスではエドワーディアン」、「フランスではベルエポック時代」のジュエリーに見られる宝飾技術です。
ナイフエッジの魅力は一言で言うと「繊細でシャープなライン」。
20世紀初頭のモダンエイジにふさわしい洗練されたジュエリーが生み出されました。
この時代の特にネグリジェネックレスのように「美しい縦ラインが決め手のジュエリー」では、特に効果的にナイフエッジが用いられました。

アンティークネグリジェネックレス(ダイヤモンド、リボン、蝶結び)

ゴールドに比べて粘り気があり破壊されずに引き伸ばされる性質を持つプラチナとの相性もよく(こうしたプラチナの特徴を「延性がある」と言います)、20世紀初頭のダイヤモンドxプラチナのジュエリーでもよく見られる宝飾技術です。
下記はベルエポック時代のダイヤモンドxプラチナのペンダントネックレス。 ゴールドにプラチナを張ったこの時代特有の貴金属の用い方xナイフエッジが見られます。
特に正面から見ら時にダイヤモンドへの遮りが最小限になり、ダイヤモンドの透き通った美しさを最大限に活かすことができます。

花綱ダイヤモンドネックレス(ガーランド、ベルエポック、プラチナ、オリジナルチェーン付き)

ベルエポック時代の後、アールデコのジュエリーの一部にも見られます。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.