ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)

フランスアンティークジュエリーの王道、金細工のピアス こうした耳にフィットする「ダイヤモンドピアス」は、フランスアンティークジュエリーの定番です。
1900年頃に作られた、金細工の美しいこのようなピアスはかつてはアンティーク市場で頻繁に見つけましたが、最近はめっきり珍しいアイテムになってしまいました。
ここのところ立て続けに類似したピアスをアップしましたが、こちらが在庫として持っているこの類のピアスの最後の一点になります。
ダイヤモンドは直径2ミリ強。
小粒ですが透明できれいなダイヤモンドが、ローズカットにされています。
台座に深く埋め込まれるようにセットされています。
この手のピアスではダイヤモンドは薄い石が用いられていることが多いですが、かなり厚みのある立体感あるローズカットダイヤモンドです。
きれいな石ですがあまり目立たないように、台座に深く埋め込むようにセットされています。
現代では宝石をできるだけ大きく見せようとするところですから、逆の発想ですね。
台座の透かしはフルールドリス、横から見たときも美しい ダイヤモンドの台座はお花の形になっていて、台座は「フルールドリス(ユリの紋章)」のモチーフになっています。
フルールドリスの部分はレースのような透かしで、側面から見たときも美しいピアスです。
全体はイエローゴールドでメイン石の周りの地金のみプラチナになっています。
深く埋め込まれたダイヤモンドと細やかな細工が施されたプラチナの台座が一体化して、ダイヤモンドの大きさ以上に華やぎが出ているところにも、この時代の特徴がよく出ています。
18カラットゴールド。
1900-1910年頃のフランス製。

  • 幅:7mm 
    高さ:13mm 
    重量:2.1g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)

  • 上部にも小さなダイヤモンドがセットされていて、こちらもローズカットです
  • 横幅7ミリ弱、縦幅1.3センチの耳たぶにフィットするタイプのピアスです
  • 明るい発色のゴールドとプラチナ、2色が入ったジュエリーはお洋服も選びません
  • 人の顔は意外に横から見られることが多いもの、側面の美しさもポイントです
  • フランス18金の刻印あり、小ぶりですが堅牢でしっかりとした作りです
  • ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)
  • ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)
  • ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)
  • ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)
  • ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)
  • ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)
  • ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)
  • ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)
  • ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)
  • ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

ローズカットダイヤモンド アンティークピアス(金細工)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。是非ご登録ください。 ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アンティークダイヤモンドピアス

ダイヤモンドがセットされたアンティークピアスは、アンティークジュエリーの王道です。
日本に限らず世界中で人気があるため、近年は価格の高騰がすさまじいです。
ダイヤモンドのピアスはいつの時代も好まれて作られましたが、時代と共にそのスタイルや素材、デザインは変化していきます。

下記は当店で販売済みの18世紀のダイヤモンドピアス。
重厚な大きさもあるピアスです。
ダイヤモンドの周辺は銀が用いられています。

アンティークダイヤモンドピアス(18世紀フランス)

下記はその少し後年、王政復古時代(1820-1830年頃)のピアスです。

アンティークダイヤモンドピアス(洋ナシカット、19世紀初頭)

アンティークジュエリーでは、ダイヤモンド周りは白い金属でセットされるのが一般的です。
その方がダイヤモンドの白さを際立たせると考えられていました。
この「白い金属」は18世紀から19世紀後半にかけては、銀でした。
以降、プラチナとホワイトゴールドもダイヤモンドの周りに用いられるようになります。


下記は20世紀初頭に製作されたピアス。
ダイヤモンド周りにはプラチナが用いられています。

アンティーククラスターピアス(ダイヤモンド、お花、ゴールドとプラチナ)

アンティーク市場で比較的よく見つけやすいダイヤモンドのピアスは1900年前後に製作されたものが多いです。
フランスで言うところのベルエポック時代、あるいはイギリスで言うところのエドワーディアンの頃に作られたピアスが、数としては多いです。
この時代のダイヤモンドピアスの特徴としては、ダイヤモンドの周囲のみプラチナ(あるいはホワイトゴールド)が用いられ、プラチナ(あるいはホワイトゴールド)とイエローゴールドで2色の地金を用いています。
下記は1910年頃のフランス製のピアスです。
この時代のピアス製作の特徴がよく出ています。

アンティークダイヤモンドピアス(オールドヨーロピアンカット、花と葉のモチーフ、ゴールド)

アンティークのダイヤモンドピアスは実に色々なタイプが作られました。
「耳に長く垂れて揺れるタイプのピアス」も「短めで耳にぴったりフィットするタイプのピアス」もあります。

長く垂れるタイプのピアスは特に20世紀初頭のギャルソンヌルックにあわせて作られました。
この時代ドレスもピアスもネックレスも長くなりました。

アールデコ期には、このタイプのドロップタイプのピアスが多く作られます。

アンティークスタッドピアス ペアシェイプダイヤモンド 1930年代
アールデコダイヤモンドピアス(ドロップ型イヤリング、ルビー、1920年代)
1920-1930年以降は、下記のように全体がホワイトゴールドあるいはプラチナで製作されたピアスも好まれるようになります。

アンティークダイヤモンドピアス(スタッドタイプ、ホワイトゴールド 1930年代)

デザインも色々です。
下記のようなお花の形をしたダイヤモンドピアスも、アンティークピアスの定番のデザインです。

アンティークローズカットダイヤモンドピアス(大きめ、お花)

ピアスはつけ外しが頻繁に生じ、顔に非常に近いところに着けるジュエリーですから、ジュエリーの中でも最もクオリティーが求められるアイテムです。
アンティークのダイヤモンドピアスは概して、作りがとても良いです。
現代のジュエリー製作とは異なり、当時は地金から作りこんでいきますから、バネや留め具部分も現在のピアスにはない堅牢さを持ちます。
鋳型で作ったものではないので、例えば古くなったバネだけを変えるなど部分的な修理がしやすいことが多いです。

「色々なアンティークジュエリーを集めてきましたが、もっとも出番が多く、アンティークジュエリーの中でもっとも現代の遊べるのはピアス」とおっしゃって頂く方が多いです。
アンティークジュエリーの中でもピアス、特に最も定番のダイヤモンドピアスは複数デザイン揃えていただくと必ず重宝していただけます。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.