ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)

デザイン美、機能美、ファッション性、新しい時代を告げるジュエリー 花束を鮮やかに描いた、華麗なブローチです。
二つの花と二つの葉、いずれも造形的で素晴らしくかっこいいデザイン。
横3.8センチ、縦6センチと大きさがあり、さらに肉厚なイエローゴールドをたっぷりと用いてボリュームがあるのもこの時代のジュエリーならではの特徴です。
前世紀までの貴族的なデザインのジュエリーとはまったく異なるジュエリー。
1940-1950年のこのようなハイクラスのジュエリーはここ十数年の内に、欧米で大きく評価があがっています。
その魅力は他のどの時代とも異なるデザイン性、機能美、そして前世紀から受け継いだ製作技術の高さです。
(この時代は、技術力の高い職人がまだ多くいましたのでクオリティーもとても良いのです)
20世紀初頭までのジュエリーの主体が貴族にあり、彼らのオーダーメイドによって発達したのが従来のアンティークジュエリーだとすれば、この時代のジュエリーはジュエリーメーカーのクリエイション、レベルの高い物作りによってその繁栄がもたらされます。
この時代のこのようなハイクラスのジュエリーは「エステートジュエリー」と呼ばれ、ヨーロッパではとこの数年来、この時代のジュエリーが最も重要で人気があります。
ブームは少し前に到来し、そしてその評価は天井知らず。
これからも楽しみだけれども非常に高価になり、手に入れにくくなってしまった時代のジュエリーです。
ルビー、ブルーサファイヤ、トルマリンと贅沢な宝石使い 赤石がルビーで青石がブルーサファイヤですが、一番上のお花の中に入った赤石だけがピンクトルマリンです。
後年取り替えられた可能性がゼロともいえませんが、その跡もなく色も他の石とぴったり合っていますので、オリジナルの可能性も高いです。
いずれの石も明るい色調の実に素晴らしいクオリティーの宝石が用いられていてます。
美しいピンクを帯びたルビーは典型的なビルマ産ルビー、ブルーサファイヤもカボションカットにされるだけのグッドクオリティーの粒ぞろいの石が使われています。
トルマリンも明るい艶やかな赤です。
この年代のジュエリーの魅力はまた贅沢な宝石使いにもあります。
普通のブローチピンとは異なる、このようなクリップタイプのブローチは1930年代に流行しはじめまう。
1930-1950年頃のハイクラスのジュエリーに時々見られる仕組みです。
同時代のヴァンクリーフアーペルのブローチなどでも同じシステムが使われているのを見たことがございます。
裏面に刻印があり、フランスの18金の刻印に加えて「L」から始まる工房印が押されています。
思い当たるところはすぐには出てこないですが、しっかりとしたメゾンの製作であることは間違いありません。

  • 幅:38mm 
    高さ:60mm 
    重量:12.6g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)

  • でめくれた花びらも生き生きと描かれ、躍動感あるデザインです
  • 現代ファッションにもぴったりあう、センスの良いジュエリーです
  • 花束を束ねるホワイトゴールドにダイヤモンドを施したリボンの心憎いこと
  • 赤い丸のついたところがトルマリンです
  • 右側のひし形のマークが工房印
  • ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)
  • ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)
  • ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)
  • ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)
  • ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)
  • ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)
  • ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)
  • ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)
  • ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)
  • ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

ルビー&ブルーサファイヤ ゴールドブローチ(1940-1950年 お花)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

戦後のエステートジュエリー(ヴィンテージブランドジュエリー)

戦後エステートジュエリー
戦争から解き放たれた開放感とともにより自由で女性的なデザインにか変わっていきます。
アールデコを継承した幾何学的なデザインの他に花やリボンなどフェミニンなデザインのジュエリーが作られ、それらが流行の主流になっていきます。
1930年代までのジュエリーに比べて制約から放たれ解放感に溢れ、女性的で柔らかいデザインです。
デザインも簡略化されているものの、ジュエリー製作としては非常に手が込んでおり高い技術が用いられています。

ファッションの世界では1947年にクリスチャン・ディオールが発表したコレクションが「ニュールック」と呼ばれヨーロッパ中を席捲します。

ディオールニュールック

ゆったりなだらかな肩に細く絞ったウエスト、長いフレアースカートが特徴です。
ジュエリーもエレガントで女性的なシルエットが求められるようになります。

艶やかなイエローゴールドをたっぷり使用したジュエリーは、戦後の女性達が求めたフェミニンなファッションと共に時代の主流になっていきます。
下記は当店扱いの1940-1950年頃製作推定のブローチ。
裏面がクリップになっているのも特徴的です。

デザイン美、機能美、ファッション性、新しい時代を告げるジュエリー

戦後のジュエリーに関して更に詳しい情報は1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリーをご参照ください。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.