オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ

オパリンガラス 乳白色の柔らかな色の石。
このホワイトの石は「オパリンガラス」呼ばれるミルク色のガラスです。
ほんのりとした透け感が美しくオパリンガラスは、アンティークでも花瓶や香水瓶などに用いられることの多い素材です。
代表的なところで言えば、バカラ(Bacarrat)社も特に初期の頃にオパリンガラスを用いた香水瓶の傑作を生みだしています。
ガラスと言えど宝飾品にふさわしい耐久性があり、とても良い状態です。
ガラスの外周がぐるりとメタルで囲われているのも、安心感があります。 白いオパリンガラスと白い天然パール 真ん中には一粒の天然パール、オパリンガラスの外周を40粒ほどの天然パールが囲んでいます。
特に真ん中のパールは艶があり、ちょっと扁平で見るからに天然と分かる美しい真珠でいつまでも見ていたくなるような美しさです。
オパリンガラスはほんのり半透明で、真珠はオフホワイトで「2つのホワイト」の質感の違いがお互いの美しさを引き立てています。
大きなオバール(楕円形)のブローチです。
白を背景にしたジュエリーは少なく、清楚ながら存在感のあるブローチです。
地金はゴールド色ですがメタルのようです(少し金を含んだ合金の可能性もあります)。
オパリンガラスはアンティークオブジェではお馴染みの素材ですが、ジュエリーでは珍しいです。
オパリンガラスのミルキーで柔らかい色がノスタルジックな作品。
19世紀後期の西ヨーロッパ製(おそらくフランス製)。

  • 幅:26mm 
    高さ:31mm 
    重量:6g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:132,000円(税込み)

オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ

  • 中心の真珠、オパリンガラス、さらに真珠と白のグラデーションが眩しいです
  • 横が2.6センチ、縦が3.1センチとしっかり大きさのある楕円形のブローチ
  • 特に真ん中の真珠が艶やかで美しいです。ちょっといびつなボタンパール
  • 周囲を囲う小さな真珠の台座には、内も外も縁にミルが打たれています
  • ゴールドメタルのフレームは厚みも幅もあり堅牢です。刻印はなし
  • オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ
  • オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ
  • オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ
  • オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ
  • オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ
  • オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ
  • オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ
  • オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ
  • オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ
  • オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

オパリンガラスと天然パールのアンティークブローチ

132,000円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

アンティークのガラスジュエリー 「ペーストジュエリー(鉛ガラス)、ストラス、アランソンのダイヤモンド)」

ガラスは最も古い「宝石」のひとつです。
古くは紀元前3000年前のメソポタミアとコーカサスの遺跡から発見されています。
いわゆる貴石の代役としての役割も、少なくとも紀元前1500年前のエジプト文明の頃には既に確立されていました。
中世、カラーガラスは主に宗教的な目的に用いられました。
例えば聖骨箱や聖書に飾られました。
非宗教的な用途としては、例外的に子供のジュエリー、そして葬儀用のジュエリーにも使われました。

ペーストのジュエリーは17世紀に発展します。
ペーストガラスのジュエリーは、当初はダイヤモンドの代良品として生まれます。
17世紀、イギリスもフランスも宮廷ではダイヤモンドのパリュール(セットジュエリーのこと)が流行しますが、セットするだけのダイヤモンドを持ち合わせない者には大量に生産されていたペーストガラスがその代用となったのです。
下記は当店で販売済みのペーストガラスのピアス。
19世紀半ばの作品です。

ネグリジェネックレス

ペーストガラスは、鉛ガラスに鉛の酸化物を加えて作られました。
ペーストガラスは上手にカットされると、この頃に浸透しはじめるろうそくの明かりの下でまるで本物のダイヤモンドのような輝きを放ったのです。
このアンティークの鉛ガラスはその国や地域によって色々な言い方がされました。
英語ではペースト(ガラス)と呼ぶことが多いですが、フランスでも色々な言い方をされて「ピエールドリン(pierres du rhin)」ですとか。
またフランスでは特に鉛ガラスはノルマンディー地方で独特の発達を見せます。
この地域で作られた「「鉛分の多いガラス水晶」は地域の名前を取って「アランソンのダイヤモンド」と呼ばれることがあります。
下記は1827年のルーアン(ノルマンディーの中心都市)で作られたペンダントです。

ノルマンディーアンティークジュエリー

下記は19世紀のノルマンディーの十字架です。
両方とも白い鉛ガラス「アランソンのダイヤモンド」が銀の台座に包み込まれるようにセットされています。

ノルマンディーアンティークジュエリー

こうした良質な無色の鉛ガラスを美しく箔打ちしセットしたジュエリーは、時の貴族の間で一世風靡します。

18世紀以降、この鉛石をより小さなダイヤモンドのようなカットする技術が生み出されます。
フランスの宝飾職人のストラス(strass)は、鉛ガラスを改良し、ダイヤモンドに色をつける金属箔の彩色を考案します。
こうして生まれたペーストの改良品を職人の名前を取って「ストラス(strass)」と呼ばれるようになります。
以降、ノルマンディーのパリュール(セットジュエリーのこと)は尚一層のこと、パリの貴婦人たちの間で流行します。

アンティークのガラスジュエリー「ムラノガラス」

アンティークのガラスジュエリー「サフィレット(Saphiret)とボヘミアの変色ガラス」

アンティークのガラスジュエリー「吹きガラス(ふきガラス)」

アンティークのガラスジュエリー「ブリストルグラス」

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.