アンティークダイヤモンド星ペンダントヘッド(1カラット、レモンイエローファンシーカラー)

直径7ミリ、超大粒のレモンイエローダイヤモンド 1930年頃のフランス製。
直径7ミリ程のとても大粒のダイヤモンドが、視線を集めます。
当時のピアスや指輪などによく見られたように、ダイヤモンドのキューレットをあえてカットして平らにしているので、重量はそれ程でもありませんが、表面積で言えば1カラットのダイヤモンドに相応します。
よく見るとほんのわずかですがレモン色が入った美しいダイヤモンド。
カラーダイヤモンドは現在、放射線処理のよって色直しをされていることがほとんどです。
元々カラーダイヤモンド(宝石として通用するレベルの色)は、自然界には珍しくアンティークジュエリーでも本当に稀にしか見ることがない、希少価値の高い宝石です。
中心のダイヤモンド以外も、まるでダイヤモンドのタペストリーのごとく、大小さまざまなダイヤモンドが所狭しと埋め込まれています。
その数何と、43石。
史上最も美しいダイヤモンドが豊かに採れた時代にふさわしく、黒い内包物のない非常に透明度に優れたダイヤモンドの数々。
全てローズカットにされていて、燦々とあらゆる方向に光を反射して煌きます。
夜空に煌く無数のダイヤモンドの星たち ダイヤモンドの豪華さに目が行きがちですが、デザインや細工も秀逸です。
全体は星の形をしいていて、すっと伸びた星の輪郭がとても美しいです。
中心に向かってなだらかな曲線を描いていて、中心のダイヤモンドを8本の細いゴールドの爪で持ち上げています。
この時代のフランスらしい造形美。
また台座裏が透かしも垢抜けています。
地金は18金ホワイトゴールド。
注:チェーンは付いていません。

  • 幅:31mm 
    高さ:36mm 
    重量:6.5g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンド星ペンダントヘッド(1カラット、レモンイエローファンシーカラー)

世界にひとつだけの一点もの

  • 星のモチーフ自体は直径3.1センチ程。放射線状に伸びる眩しい星のモチーフ
  • 存在感があり、現代ファッションにもなじみやすい使いやすいペンダントです
  • 脇石のダイヤモンドも大きいものは3ミリ近くあり、しかもこの透明感&輝き
  • 中心のダイヤモンドは僅かにイエローレモン、ファセットが浅めのローズカット
  • シャープなラインの台座、台座下に透かしが入っていることで安定感が出てます
  • アンティークダイヤモンド星ペンダントヘッド(1カラット、レモンイエローファンシーカラー)
  • アンティークダイヤモンド星ペンダントヘッド(1カラット、レモンイエローファンシーカラー)
  • アンティークダイヤモンド星ペンダントヘッド(1カラット、レモンイエローファンシーカラー)
  • アンティークダイヤモンド星ペンダントヘッド(1カラット、レモンイエローファンシーカラー)
  • アンティークダイヤモンド星ペンダントヘッド(1カラット、レモンイエローファンシーカラー)
  • アンティークダイヤモンド星ペンダントヘッド(1カラット、レモンイエローファンシーカラー)
  • アンティークダイヤモンド星ペンダントヘッド(1カラット、レモンイエローファンシーカラー)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンド星ペンダントヘッド(1カラット、レモンイエローファンシーカラー)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンド星ペンダントヘッド(1カラット、レモンイエローファンシーカラー)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

月や星をモチーフにしたアンティークジュエリー

星や月は、ジュエリーのモチーフとして好まれた題材です。
特にイギリスのヴィクトリア時代後期には三日月と星をモチーフにした、ジュエリーが多く作られました。
天然真珠やダイヤモンドの三日月(クレッセント)、星型のダイヤモンドブローチ等々です。

フランスでも同時期の19世紀後期に三日月や星をモチーフにしたジュエリーが作られました。

アンティーク三日月ブローチ

こちらは当店で販売済みのペルピニャンガーネットを用いた三日月モチーフのブローチです。

そしてフランスではもう少し後年の20世紀初頭以降にも、非常に洗練された星(エトワール)のジュエリーが好んで作られました。
アンティークボンブリングこちらは当店で販売しましたアールデコのボンブリング。
アールデコのジュエリーにも星をモチーフにした楽しげで独創的なジュエリーを見つけることができます。

アンティークダイヤモンドペンダントヘッド(1カラット、レモンイエローファンシーカラーダイヤモンド) ダイヤモンドなどの貴重な宝石を贅沢にセットした星のジュエリーも作られます。
上記は1930年頃に製作された絢爛豪華なダイヤモンドペンダントです。

これはおそらく1910年に地球に接近したハレー彗星が影響しているかと思います。
当時、ハレー彗星はヨーロッパで大きな話題になりました。
20世紀初頭のフランス特にパリは、さまざまな都市生活の基礎ができて、「新しいもの、未知のもの」への好奇心が非常に強かった、特異な時代です。
飛行もこの頃はじまったために、宇宙に対する好奇心も旺盛でした。
現在のジュエリーでは、星のモチーフというともっとロマンティックな女性らしいイメージのジュエリーが多いですが、この時代の星のジュエリーは「未知への憧れ」「宇宙に対する好奇心」を表現したかっこいいジュエリーが多いです。
この時代の「星のジュエリー」には、果てしなく拡がる空、宇宙への希望など、人類の純粋な好奇心を感じます。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×