アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)

アンティークジュエリーの中でももっともご要望の多い宝石アクアマリン。
でも数は僅かにしか出てこない宝石で、見つけたとしても本当に小さなアクアマリンでよく私もびっくりするようなお値段がついています!
そんな中、数年ぶりに満足できる仕入れが出来たアクアマリン。
アクアマリンの大きさが横幅1.1センチx縦幅1.3センチとかなり大粒で、しかもピアス!
アクアマリンのピアスを入れることができたのは、実は何を隠そうこれが初めてです。
本当に見つけずらい宝石なんです。

ゴールドバックで表面がプラチナ。
宝石周りのミルグレイン外がいかにもこの時代らしく、緻密で美しいです。
色もアンティークのアクアマリンらしく濃すぎず、しかしながら良い水色がくっきり出た綺麗なアクアマリン。
横や後ろから見ると分かりやすいですが、相当厚みがあるところもポイントです。

買い付け後のメルマガ会員様向けの先行案内で販売済み。
メルマガのご登録はこちらからどうぞ。
シェルシュミディのメールマガジン登録

  • 商品の状態:良好
  • 販売価格:売り切れました。

アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)

  • アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)
  • アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)
  • アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)
  • アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)
  • アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)
  • アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)
  • アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)
  • アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)
  • アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)
  • アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アクアマリン アンティークピアス(1910年頃 プラチナ 18カラットゴールド)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アクアマリンのアンティークジュエリー

3月の誕生石アクアマリン。
「アクアマリン」の名前はラテン語から来ています。
アクアマリンは、アンティークジュエリーにおいても非常に価値の高い宝石の一つです。
その愛らしい透明感、耐久性からアクアマリンは古代から愛されてきました。
またアクアマリンを使用したジュエリーはアンティークジュエリーにおいても非常に数が少なく、それゆえにいつも探されています。

ベリル系宝石、アクアマリン
アクアマリンがエメラルドと同じベリルという鉱物であることはあまり知られていません。
ベリルの中で、クロム着色の緑色はエメラルド(クロム着色以外の緑色はグリーンベリル)、海水青色はアクアマリン、黄色〜緑色はヘリオドール、無色はゴシェナイトと分類されます。

「海水青色」と表現される、わずかに緑味を帯びた淡青色がアクアマリン本来の色で、その魅力です。
緑柱石のうち透明でスカイブルーの色調のものを、アクアマリンと呼んでいます。

アクアマリンの色と、現代の過熱処理
現代のアクアマリンに見慣れてしまっていると、アンティークのアクアマリンは「淡い色」が多いように感じるかもしれません。
アンティークアクアマリンは概して、現代のアクアマリンに比べてその名の通りより本来の水色に近い、淡い透き通った色をしています。

下記は当店で販売済みのフランス製のアクアマリンネックレス。
アクアマリンの水色の色相が淡いのに素晴らしい艶と輝き。
そのカッティングもありまさに「水の雫」のようで、いわゆるアンティークアクアマリンの見本のような色です。

フランス製アンティークアクアマリンネックレス(1910年頃/フランス/アクアマリン、18金ゴールド)

現在のアクアマリンは緑色から黄褐色の緑柱石を熱処理したものがほとんどで 、アンティークジュエリーで使われているアクアマリンと大きくクオリティーが異なるるからです。
現代では本来淡いグリーン帯びたアクアマリンの色を、摂氏425度で加熱すると言うことが日常的に行われています。
しかし実際の天然無加工のアクアマリンは青みがかった淡いグリーンから、ダークブルーまでの美しい青色の色彩を持ちます。
天然無処理のアクアマリンならではの優しい色合いが楽しめるのも、アンティークアクアマリンならではの醍醐味です。

アクアマリンの産地
アクアマリンの主な産地は、ブラジル、ナイジェリア、ザンビア、マダガスカル、アフガニスタン、パキスタンです。
特にブラジルのサンタマリアデイタビラ鉱山で発掘されたものは、深いマリンブルーの色彩を持ち「サンタマリアアクアマリン」と呼ばれることがあります。
(現在ではこの地方の鉱山は閉山してしまっています)。

アクアマリンのジュエリーが作られた時代
アンティークジュエリーでアクアマリンの使われたジュエリーは19世紀末から、アールデコ期に向かった作られた作品が多いです。
イギリスですとエドワーディアンの頃、フランスですとベルエポック時代からアールデコ期にかけて好まれて作られました。

下記はかなり珍しい、革命前のロシア(1900年頃)の作品です。
ロシア製アクアマリンネグリジェネックレス(1900年頃/ロシア/アクアマリン、14金ゴールド、銀)

下記はアールデコ期のアクアマリンのピアス(フランス製)。
アンティークアクアマリン指輪(アールデコ、ダイヤモンド)

下記は当店で販売済みのアクアマリンとルビーのアールデコ指輪。
販売して何年も経ているのですが、いまだにお問い合わせをよく頂く、青と赤の対称色の使い方が美しい指輪です。
アンティークアクアマリンリング(カリブレカットルビー、18金ゴールド、フランス製)

こちらもやはりルビーとアクアマリンの色の対比を上手に使った、オーストリアの作品です。
アクアマリンとルビーのネグリジェネックレス(1910年頃 オーストリア製)

清涼感あるアクアマリンは、アールデコのジュエリーには特にぴったりの宝石です。
アクアマリンをメイン石に据えたジュエリーが作られた期間が短いということも、アンティークアクアマリンジュエリーの数が圧倒的に少ない要因の一つでしょう。

アクアマリンとブルートパーズ
余談になりますがアンティークジュエリーで現代のいわゆる「アクアマリン色」を探していて見つけるのがブルートパーズになります。
トパーズというと、黄色の宝石のイメージが強いと思いますが、実際は豊富なカラーバリエーションを持っています。
特にブルーは現在、最も人気のあるトパーズのカラーバラエティになりました。

このブルートパーズという石、かつては天然の淡青色のトパーズが産出されていたにもかかわらず、以前はアクアマリンの代用品のようにしか考えられていませんでした。
しかし近年、放射線照射による濃色のブルーが登場すると(現在では天然のブルートパーズは産出されません)、たちまち人気の石となったそうですから、何とも皮肉です。
それだけにアンティークジュエリーではアクアマリンの代用品にすぎなかったアンティークの無加工のブルートパーズは、現在では高い価値を持っているといえます。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.