天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)

着けていて楽しい、玄人受けするジュエリー ボンブリング(bomb ring)とは、ベゼルが丸みを帯びてふっくらとしたデザインのリングを指します。
特にアールデコ期にとても人気のあった指輪デザインですが、こちらの指輪はもう少し後年1940-1950年代のフランスで製作されたもの。
より大きくダイナミックにボンブリングが変化してます。
1940-1950年代のハイクラスのジュエリーは既に数十年来、欧米で評価が高まり、「20世紀アンティーク」と呼ばれることもあります。
1930年代までの伝統的なジュエリー製作の制約から放たれた、自由で朗らかなデザインが魅力的です。
このリングの花柄も、まるで「渦巻き」のようにもみえる大胆なデザインです。
台風のように渦を巻いた渦巻き「トゥルビヨン(トウールビヨン)」のデザインのリングはフランスでやはり1900年頃に短い期間で流行しますから、そのオマージュと言う側面もあります。
ボンブリングのシルエットと、大胆なフォーティーズ、フィフティーズの特徴がよく出ているため、玄人ほど好むリングです。
フランスのリングとしてはマックスに近い大きさ ビビットな色合いも鮮烈な印象を与えるリングです。
中心にはボンブ状にルビーが敷き詰められています。
遠くから見るとまるで一つの大きな赤石に見えますが、15石以上のルビーをドーム状に敷き詰めています。
極東からのルビーの供給が厳しくなっていた時代ですので、合成のルビーの可能性もあると思いましたが(1940年代のジュエリーはハイクラスのものも合成のルビーが好んで使われるケースが多くありました)天然ルビーが用いられています。
全体が肉厚のイエローゴールドも、フォーティーズ、フィフティーズらしい特徴です。
ジュエリーの大きさは1940年代、1950年代と段々に大きくなっていくのですが、この指輪もベゼルが1.9センチと、フランスのリングとしてはマックスに近い大きさです。
良い意味でインパクトのある、大人の女性向けの遊び心に富んだ指輪です。
指輪サイズは11号(有料でサイズ直し可)。
地金は18金ゴールド。

  • 幅:19mm 
    高さ:19mm 
    重量:9.8g
  • 販売価格:売り切れました。

天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)

世界にひとつだけの一点もの

  • 全体はお花の形、外側のYG部分で渦巻きを描いているようにも見えます
  • ベゼルの直径が約2センチ、高さもあるのでボリューム満点
  • 1つの大きな赤石のように見えますが、小さな石の集合体。最大で直径4ミリ弱
  • こんもりと盛り上がったドーム状のデザイン、渦巻きの下は透かしが入ってます
  • フランス18金の刻印あり。三手に分かれるフレームも重厚です
  • 天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)
  • 天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)
  • 天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)
  • 天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)
  • 天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)
  • 天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)
  • 天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)
  • 天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)
  • 天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)
  • 天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)

上の写真をクリックすると天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)の大きな写真が切り替わります。

天然ルビー ボンブリング(渦巻き トゥルビヨン 1940-1950年代)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティーク ボンブリング(bomb ring)とは

ボンブリング(bomb ring)とは、ベゼルが丸みを帯びてふっくらとしたデザインのリングを指します。
フランス語ではドームリングとも呼ばれます(ベゼルの形がドーム状だからです)。
ボンブリングというユニークな名称は「砲弾の頭部のような」という意味から来ています。
1920-1930年代のアールデコ期にとても人気のあった指輪デザインです。
下記は当店扱いのプラチナとホワイトゴールドのボンブリング。
丸みを帯びたベゼルに、精緻な透かしが施されています。
アールデコの特にプラチナを用いたドームリングにはこのような、見事な透かしが施されたものがあります。

アールデコ ボンブリング
上記はプラチナの透かしでエレガントなドームリングでしたが、ボリュームのあるふっくらとしたデザインを生かした、コロンとした愛らしいリングも作られています。
例えば下記は当店で販売済みのボンブリング。
先ほどのボンブリングとほぼ同時代に作られています。
「星」は特にアールデコ期に作られたボンブリングで度々モチーフにされました。
アンティークボンブリング

またボンブリングの中には膨らみが控えめなものもあります。
下記は当店で販売済みのやはり1930年代のボンブリングですが、ふっくらと膨らんではいますがショルダーがなく、より広範囲になだらかに膨らんでいるデザインです。

アンティーク星のボンブリング(ダイヤモンド、1930年頃)

ボンブリングといえば圧倒的にダイヤモンドを宝石として用いたものが多いですが、下記のような例外もございます。
やはりアールデコ期のボンブリング、ダイヤモンドの代わりに用いられているのはカボションカットのオパールです。
当店にて販売済み。

アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×