アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)

清楚で透明感ある天然パール 美しい天然パールを見ていると、静けさに包まれたように感じることはありませんか?
特に古い時代の指輪になればなるほど、その静謐さは増すように感じます。
宝石の美しさが印象的なクロスオーバーリングです。
天然パールの色はオフホワイト、艶も照りも一級で天然真珠の見本のような真珠です。
形はセッティングの妙で真円に見えますが、よく見ますとやや横長の楕円形をしています。
横に広がるクロスオーバーリングの形が、真珠の形が真円に見えるほど自然に調和しています。
真珠は台座や爪などで真珠を遮るものがなく、特に横から見たとき真珠の全体を見て楽しむことができます。
その少し横長の形といい、「剥きたてのゆで卵」のように汚れがなく、まるで海から採れたばかりの真珠をその場でセットしたような、清楚な美しさに満ちています。
天然パールの照りと、ダイヤモンドの透明感 3石のクロスオーバーリングで、天然真珠の両隣に輝くのはローズカットダイヤモンドです。
画像では分かりずらいかもしれませんが、使用されているダイヤモンドはいずれも光沢があり、よく煌く良質な石です。
左右のダイヤモンドは爪どめされていますが、爪をあまり感じさせませないレベルの高いセッティングです。
上下のショルダーには、更に各4石のローズカットダイヤモンドが、こちらはダイヤモンドを台座に埋め込むようにセッティングしています。
ショルダーの絞りにあわせてダイヤモンドの大きさはグラデーションになっていき、もっとも小さなダイヤモンドの先端には粒金が施されています。
クロスオーバーリングの美しさは、ラインの綺麗さが重要です。
中心の天然パールの上質なな照りと、ダイヤモンドの透明感の対比が美しい指輪です。
1900年頃のフランス製。
天然パール、ダイヤモンド、18金ゴールド(フランス18金の刻印あり)。
指輪サイズは14.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:7mm 
    重量:1.8g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)

世界にひとつだけの一点もの

  • 天然パールは直径4ミリ程、横幅と同程度の厚みもあります
  • 全体の縦幅が7ミリ程、横長でバランスが取りやすいデザインです
  • 完全に真円ではないパールは、天然真珠の分りやすい証ですね
  • ラインの強弱のつけ方が綺麗です
  • メイン石のみならず、脇石のダイヤモンドの窓すら完璧に仕上げられてます
  • アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)
  • アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)
  • アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)
  • アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)
  • アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)
  • アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)
  • アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)
  • アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)

上の写真をクリックするとアンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)の大きな写真が切り替わります。

アンティーク天然パールリング(クロスオーバー、ローズカットダイヤモンド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

「ダイヤモンドと天然真珠」の組み合わせのアンティークジュエリー

真珠とダイヤモンドの組み合わせのジュエリーはヨーロッパでは古くから存在し常に女性の心を魅了してきました。
フランスアンティークジュエリーでは特に、1900年前後に製作されたアンティークジュエリー(19世紀後期から1920年頃までのジュエリー)に、「ダイヤモンドx天然真珠」のハイレベルのジュエリーを見ることができます。
この時代は、天然真珠がダイヤモンドよりも人気が高く高価でした。

下記は当店で販売済みのアンティーククロスオーバーリング(ダイヤモンドと天然真珠のトワエモワ)、1900年頃に製作されています。
アンティーククロスオーバーリング(ダイヤモンドと天然真珠のトワエモワ)

清楚な「ダイヤモンドx天然真珠のジュエリー」はこの時代に最も愛された宝石の組み合わせで、供給面でもそれが可能な時代でした。
この時代は宝飾史上でもほぼ唯一、「最高品質のダイヤモンドと最高品質の天然真珠」が共存した時代です。

天然真珠とダイヤモンドの両方が上質なものを使えた時代というのは、長い宝飾史の中でも他に存在しません。
真珠は概して、古い時代のほうが良いものが存在した宝石です。
古ければ古いほど・・・と言ってしまうと極端ですが、例えばフランスのアンティークジュエリーで良質な天然真珠がセットされたジュエリーが見られるのは主に19世紀初頭から1930年代までです。
養殖真珠が市場に一般的に流通しはじめる1920-30年以降は、天然真珠は段々に少なくなってしまうのです。

一方ダイヤモンドはアンティークジュエリー史上、古くから重用されてきた宝石ですが、新大陸(南アフリカ)の鉱山が発見されるのは1860年代になってからです。
19世紀後期になるとこの新鉱山の発見を受けて、ダイヤモンドの流通量はそれ以前に比べて格段に増えます。
19世紀後期-20世紀初頭は「ダイヤモンドと真珠」と言うアンティークジュエリーで最も愛された2つの宝石が共に豊かに使えた、宝石史上、稀に見る貴重な時代だったのです。

1900年前後の「ダイヤモンドx天然真珠ジュエリー」のセッティングには、イエローゴールドをベースにダイヤモンドの周りのみプラチナあるいはホワイトゴールドが使われているケースが多いです。
フランスでは、ホワイトゴールドは1870年頃から一般的に使用されています。
銀を使うケースは皆無ではありませんが、19世紀が終わりに近づいていくにつれて少なくなってきます。
またプラチナは20世紀に入ると実用化が進んできます(プラチナの素材そのものは19世紀中に見つかっておりごく一部のジュエリーで既に実験的に使われていますが一般的に実用化が進むのは20世紀に入ってから、全体がプラチナで出来たジュエリーは一般的には1920年代からです)。
カルティエなどとりわけプラチナを好んだメゾンの作品には(カルティエはこの時代、他メーカーより10年ほど時代を先取りする傾向があったというのは有名な話です)、20世紀に入ってすぐの作品でもプラチナを全体に用いたジュエリーが作られ始めます。

下記は1908年にカルティエの製作した「ココシュニックティアラ(ロシア風ティアラ)」 。
それは美しい、天然真珠とオールドカットダイヤモンドのティアラです。

カルティエティアラ

ダイヤモンドのカッティングもちょうど過渡期にあたるため、この時代のダイヤモンドにはローズカット及びオールドカットダイヤモンド、両方がありえます。
20世紀に入り年月が経ていきますと、脇石以外ではローズカットダイヤモンドはあまり見られなくなっていきます。
この時代はジュエリー製作は数年に渡り、カッティングは19世紀中に行われているケースもありましたので、ピッタリ何年からとは言い切れないところですが、大きなジュエリーの流れ(トレンド)としては上記のようになります。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×