アンティークダイヤモンド一文字リング(9石、イエローゴールド、1900年頃)

何と9石のアンティークダイヤモンドが並んでいます 1880-1900年頃のフランス製。
横一列に美しいダイヤモンドが並んだ、アンティーク一文字リングです。
一文字指輪は5石ぐらいまで連なった指輪は比較的よく見かけますが、9石もずらりと並んだ指輪は当店でも初めてです。
ダイヤモンドがとても美しく厚みもあり、光を浴びて燦々と輝くのです。
オールドヨーロピアンカットになっていますが、それぞれ微妙に大きさやカッティングが異なり、一粒ずつ大変見応えのある立派なダイヤモンドです。
特に中心部のダイヤモンドはとてもボリュームがあります。
(中心の3石のダイヤモンドは直径3ミリ強あります)
ダイヤモンドとダイヤモンドの間に隙間がなく、まるで「ダイヤモンドの川」のように、光が流れていきます。
ずっしりとした重量感のある、贅沢なフェイス 9石のダイヤモンドをセットした上下の爪も、細工が細やかで見所が多いです。
上下にゴールドの爪が伸びているのですが、この爪部分に比較的高さがあるので、横から見ると一つの装飾のように見応えがあります。
そしてこの指輪のフェイス部分は、手にすると驚くほどしっかりとした重量感があります。
9石のボリュームあるダイヤモンドとのバランスを考えて、爪や台座の部分にたっぷりゴールドが使われているのです。
実は近年、ゴールドの価格が急騰しているということもあり、近年の現代モノのジュエリーはゴールドをとても倹約して作られています。
このちょっとぽってりとしたゴールドのフェイスは、今後アンティークジュエリーならではの魅力になっていくことでしょう。
またダイヤモンドの台座は当時、銀かホワイトゴールドなど「白い金属」が使われることが多かったのですが、この指輪ではイエローゴールドが使われていて、ダイヤモンドとダイヤモンドの間に地金を入れてないところも変わっています。
デザイン自体は一見オーソドックスに見えて使い勝手が良いのですが、細部を見れば見るほど珍しく、ありそうでない面白い指輪です。
地金は18金ゴールド。
指輪サイズは11号(サイズ直しは有料で可)。

  • 幅:17mm 
    高さ:6mm 
    重量:3.6g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンド一文字リング(9石、イエローゴールド、1900年頃)

世界にひとつだけの一点もの

  • 透明感がある美しいダイヤモンドが9石、左から右、右から左へ視線が流れます
  • モチーフ部分が1.7センチx6.5ミリと横長で指一杯にダイヤモンドが拡がります
  • カット面が綺麗なオールドカットダイヤモンド、内包物もほぼなく綺麗なシルエット
  • たくさんのゴールドの長い爪、上下とも透かしになっていて装飾性が豊かです
  • フレーム部分は前側にエッジがかかり、またストライプの彫りが入っています
  • アンティークダイヤモンド一文字リング(9石、イエローゴールド、1900年頃)
  • アンティークダイヤモンド一文字リング(9石、イエローゴールド、1900年頃)
  • アンティークダイヤモンド一文字リング(9石、イエローゴールド、1900年頃)
  • アンティークダイヤモンド一文字リング(9石、イエローゴールド、1900年頃)
  • アンティークダイヤモンド一文字リング(9石、イエローゴールド、1900年頃)
  • アンティークダイヤモンド一文字リング(9石、イエローゴールド、1900年頃)
  • アンティークダイヤモンド一文字リング(9石、イエローゴールド、1900年頃)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンド一文字リング(9石、イエローゴールド、1900年頃)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンド一文字リング(9石、イエローゴールド、1900年頃)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティーク一文字リング

「一文字リング」とはアンティーク指輪のデザインの一つです。
ダイヤモンド等の宝石が一列に入ったタイプの指輪の事を指します。
大抵の場合は横一列に、指の上に乗る分だけ宝石がセッティングされています。
ダイヤモンドの一文字リングはアンティークジュエリーにおいて、特にイギリスのアンティークジュエリーにおいてよく見られるデザインですが、フランスのアンティーク指輪でも存在します。
使われているダイヤモンドの数は色々で5石のものが多いですが、時々8石と指のかなり横のほうまでダイヤモンドが乗っている指輪も見られます。
この一文字リングはアンティーク指輪にしては珍しく、比較的長い時代にわたって少しずつデザインを変化させながら作り続けられた指輪デザインですが、一番作られたのは1880年-1900年頃です。
日常的に使いやすく日本女性にも人気があるタイプのアンティーク指輪です。
また縦幅は短く横に長いデザインですので、重ねづけもしやすいところがポイントです。
アンティーク一文字リングはダイヤモンド以外でも、ブルーサファイア、トルコ石が5石並んだもの、ルビー5石が並んだもの、ガーネット5石並んだものなどが存在します。
フランスでは、川に水が流れるように宝石を並べたものは「リヴィエール」と呼ばれることがあります。
リヴィエールとは元々フランス語で、「川」とか「流れ」といった意味を持ちます。
「リヴィエール」は、いろいろなことわざにも使われるフランス語です。

「一文字リング」の指輪デザインは(もちろんまったく同じ形や同じレベルの細工ではありませんが)現代ジュエリーでも存在するようで、現代ジュエリーでも同じ呼称のようです。
アンティーク指輪のデザインはクロスオーバーリングにしても一文字リングにしても後年に影響を残し、現代でも似たようなデザインのジュエリーが製作されているものもあります。
逆に言えば現代の洋服やジュエリーの元になっているのが、特にベルエポックの時代の頃のファッションやジュエリーなのです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×