アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)

ロックに使えるドーム状のオパールのボンブリング 1920年頃、アールデコの時代のオパール指輪です。
ボンブリングは、1920年代にとても人気のあったデザインの指輪で、砲弾の頭部のような形から、ボンブリングという名前が付けられています。
ドームの形をした銀の台座にたくさんのオパールが散りばめられています。
アールデコらしい斬新なデザインの指輪です。
オパールのジュエリーは現在ではなぜか「おばさんっぽいデザイン」のジュエリーしかないですね。
しかしセンスの良いオパールジュエリーが見つかりやすい、アンティークジュエリーにおいてさえ、これほどモダンでかっこよくつけれるオパールのジュエリーは少ないもの。
いつの時代に作られたジュエリーでも本当に優れたものは、年月を経てもどこかモダンで新鮮な雰囲気があるもの。
この指輪は、とてもシェルシュミディらしい作品だと思います。
「オパールxマルカジットx銀」の異色の組み合わせ オパールは中心の乳白のオパールが直径5ミリ強。
合計27個のオパールが使われていますが、それぞれの色が微妙に異なり、美しいグラデーションです。
石によってはかなり強い青色の遊色効果がでたり、緑色っぽい色が出ます。
外周にぎっしり敷き詰められたマルカジットは、そんな色とりどりのオパールの遊色を殺さず、落ち着いた雰囲気を出しています。
地金は銀。
指輪サイズは14号(サイズ直しはご相談ください)。
注:よく見ますと時計の4時の方向のオパールの右端の一部が僅かに欠けています(8番目のお写真をご参照ください)。
後年欠けたのか元々そうだったのか見分けがつかないです。
というのもオパールの遊色効果もあり、自然光ではまったくそのように見えないからです(いくつかのお写真をご覧ください、どこも欠けていないように見えると思います)。
実際、私も場所を確認して一度目を離すと、なかなか見つけられなくなります。
特定の光源で特定の角度から気をつけて見た時に確認できる程度の、肉眼では気づかないレベルのものです。
大きさは1-2ミリ程度で深さは非常に浅いです。

  • 幅:19mm 
    重量:6.5g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)

世界にひとつだけの一点もの

  • 直径2センチ程、正円でころんとした愛らしいフォルム
  • 控えめに輝くマルカジットは、間接照明下でも深く美しく煌きます
  • 中心の乳白色のオパールには仄かな赤み、周囲のオパールには青色が出ます
  • 丸いドーム状になっているのでつっかかりがなく、触った感じも良いです
  • フランスの銀の刻印(だいぶ潰れていますが・・・)と工房印あり
  • アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)
  • アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)
  • アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)
  • アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)
  • アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)
  • アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)
  • アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)
  • アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)
  • アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)
  • アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)

上の写真をクリックするとアンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)の大きな写真が切り替わります。

アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティーク ボンブリング(bomb ring)とは

ボンブリング(bomb ring)とは、ベゼルが丸みを帯びてふっくらとしたデザインのリングを指します。
フランス語ではドームリングとも呼ばれます(ベゼルの形がドーム状だからです)。
ボンブリングというユニークな名称は「砲弾の頭部のような」という意味から来ています。
1920-1930年代のアールデコ期にとても人気のあった指輪デザインです。
下記は当店扱いのプラチナとホワイトゴールドのボンブリング。
丸みを帯びたベゼルに、精緻な透かしが施されています。
アールデコの特にプラチナを用いたドームリングにはこのような、見事な透かしが施されたものがあります。

アールデコ ボンブリング
上記はプラチナの透かしでエレガントなドームリングでしたが、ボリュームのあるふっくらとしたデザインを生かした、コロンとした愛らしいリングも作られています。
例えば下記は当店で販売済みのボンブリング。
先ほどのボンブリングとほぼ同時代に作られています。
「星」は特にアールデコ期に作られたボンブリングで度々モチーフにされました。
アンティークボンブリング

またボンブリングの中には膨らみが控えめなものもあります。
下記は当店で販売済みのやはり1930年代のボンブリングですが、ふっくらと膨らんではいますがショルダーがなく、より広範囲になだらかに膨らんでいるデザインです。

アンティーク星のボンブリング(ダイヤモンド、1930年頃)

ボンブリングといえば圧倒的にダイヤモンドを宝石として用いたものが多いですが、下記のような例外もございます。
やはりアールデコ期のボンブリング、ダイヤモンドの代わりに用いられているのはカボションカットのオパールです。
当店にて販売済み。

アンティークボンブリング(オパール、銀製、1920年代アールデコ)

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×