スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)

丸みを帯びたスクエア、珍しいカッティングのダイヤモンド ダイヤモンドのカッティングがとても変わったピアスです。
1960年代に出始めるプリンセスカットに似ているのですが、プリンセスカットとは異なり側面は丸みを帯びてて、オールドマインカットの名残も見られます。
類似するカッティングを見たことがない、とても珍しいカッティングのダイヤモンドピアス。
オリジナルのキャッチや、台座に深く石を埋め込んだデザインから1930年代のピアスと推定できますが、その独特のカッティングからもう少し後年のピアスの可能性もあります。 左右それぞれ9石のダイヤモンドがぎっしりとセットされています 縦横それぞれ3列ずつ、左右のピアスにそれぞれ9石ずつ入った手の込んだピアスです。
ダイヤモンドとダイヤモンドの間に一切の隙間がない、高度な宝飾技術が感じられる作りです。
遠くから見ると一つのスクエアカットのダイヤモンドのようにも見えますが、光が反射したときはそれぞれの石が別々の方向に反射することで1石のピアスにはない面白いシンチレーションが楽しめます。
透明度の高いとても煌きの強いダイヤモンドを用いながらも、ダイヤモンドは台座に深くセットされており、正面から見たときはダイヤモンドの表面しか見えないところもアンティークらしい味わいです。
全体は4.5ミリと小さめサイズのピアス。
オリジナルのキャッチもとても良い状態で、キャッチは左右の凸部分を同時に押すことで開閉できます。
このピアスキャッチは、20世紀初頭のスタッドタイプのピアスの典型です。
キャッチ部分にはフランスの刻印の他、英語の表記も入っています。
これはアメリカの会社がこの独特の開閉をするキャッチの特許を持っていたからです。
18カラットゴールド。

  • 幅:4.5mm 
    重量:1.2g
  • 販売価格:売り切れました。

スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)

世界にひとつだけの一点もの

  • 拡大して撮影していますが、ダイヤモンド1石の直径が1.5ミリ程です
  • 耳たぶにピッタリフィットするスタッドピアス。軽量で着け心地も抜群です
  • 拡大してこの緻密さ。1ミリも隙間のないセッティングには驚かされます
  • 横から見ると石が全て完全に台座深く埋め込まれているのが分かります
  • 当時のオリジナルキャッチ。状態も完璧で紛失のリスクが非常に低いです
  • スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)
  • スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)
  • スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)
  • スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)
  • スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)
  • スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)
  • スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)
  • スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)
  • スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)
  • スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)

上の写真をクリックするとスクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)の大きな写真が切り替わります。

スクエアカットダイヤモンドピアス(スタッドピアス)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークダイヤモンドピアスについて

ダイヤモンドがセットされたアンティークピアスは、アンティークジュエリーの王道です。
日本でも世界でもとても人気があり、近年非常に価格が高騰してきてしまっているアイテムでもあります。
ダイヤモンドのピアスはいつの時代も好まれて作られましたが、時代と共にそのスタイルや素材、デザインは変化していきます。

下記は18世紀に作られたダイヤモンドのピアスです。
ダイヤモンドの周辺は銀が用いられ大きさもある、重厚なピアスです。

 18世紀アンティークダイヤモンドピアス(葡萄、ローズカット、オリジナルボックス付き)

アンティークジュエリーでは、ダイヤモンド周りは白い金属でセットされるのが一般的です。
その方がダイヤモンドの白さを際立たせると考えられていました。
この「白い金属」は18世紀から19世紀後半にかけては、銀でした。
以降、プラチナとホワイトゴールドもダイヤモンドの周りに用いられるようになります。

下記は20世紀初頭に製作されたピアス。
ダイヤモンド周りにはプラチナが用いられています。

アンティーククラスターピアス(ダイヤモンド、お花、ゴールドとプラチナ)

アンティーク市場で比較的よく見つけやすいダイヤモンドのピアスは1900年前後に製作されたものが多いです。
フランスで言うところのベルエポック時代、あるいはイギリスで言うところのエドワーディアンの頃に作られたピアスが、数としては多いです。
この時代のダイヤモンドピアスの特徴としては、ダイヤモンドの周囲のごく一部分にのみプラチナ(あるいはホワイトゴールド)が用いられ、プラチナ(あるいはホワイトゴールド)とイエローゴールドをはりあわせて、ベースはイエローゴールドでできています。

下記は1910年頃のフランス製のピアスです。
この時代のピアス製作の特徴がよく出ています。

アンティークダイヤモンドピアス(フランスベルエポック、18kゴールド)

アンティークのダイヤモンドピアスは実に色々なタイプが作られましたが、大きく分けますと「耳に長く垂れて揺れるタイプのピアス」と逆に「短めで耳にピッタリフィットするピアス」があります。
長く垂れるタイプのピアスは特に20世紀初頭のギャルソンヌルックにあわせて作られました。
この時代ドレスもピアスもネックレスも長くなったのです。

下記はもう少し後年の1930年頃のピアスです。

アンティークスタッドピアス ペアシェイプダイヤモンド 1930年代
アールデコ期もこのタイプのドロップタイプのピアスが多く作られます。
1930年以降は、全体がホワイトゴールドあるいはプラチナで製作されたピアスも好まれるようになります。

18世紀のロココ様式でもピアスは総じて大きめで長めです。
下記は当店で販売済みの18世紀のダイヤモンドピアス。
大きさもあり長さもあります。(ピアスのシステムは後年作り変えられています)

アンティークダイヤモンドピアス(18世紀フランス)

短めで耳にピッタリフィットするタイプのピアスは例えば下記のようなピアスです。

アンティークダイヤモンドピアス(ローズカット、ローズゴールド)

ピアスはつけ外しが頻繁に生じ、顔に非常に近いところに着けるジュエリーですから、ジュエリーの中でも最もクオリティーが求められるアイテムです。
アンティークのダイヤモンドピアスは概して、作りがとても良いです。
現代のジュエリー製作とは異なり、当時はゴールドを叩きながら作りこんでいきましたので、バネや留め具部分も現在のピアスにはない堅牢さを持ちます。
100年以上経ても問題なく使えるというのは、現代のピアスでしたらまず考えられないことですし、鋳型で作ったものではないので部分的な修理がしやすいことが多いです。
また「色々なアンティークジュエリーを集めてきましたが、もっとも出番が多く、アンティークジュエリーの中でもっとも現代の遊べるのはピアス!」とおっしゃって頂くことが多いです。
アンティークジュエリーの中でもピアス、特に最も定番のダイヤモンドピアスは複数デザイン揃えていただくと必ず重宝していただけます。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×