アンティークローズカットダイヤモンドピアス(金細工、彫金、幾何学的)

綺麗なローズカットダイヤモンドのピアス 1910年頃のフランス製。
この時代のフランスでは、これぐらいのサイズのゴールドxダイヤモンドのピアスがよく作られたのですが、何一つとっても全く同じものは存在しません。
こちらのピアスは、この手のピアスにしてはかなり大きめで綺麗なダイヤモンドが使われています。
直径3ミリ強のローズカットダイヤモンドで、透明度が高く遠くから見てもその美しさが人目を惹きます。
更に小さなダイヤモンドが、留め金へとつながる小さな円形のホワイトゴールドのモチーフの中にも入れられています。
台座にかなり深く入れ込まれていますが、こちらも脇石とは思えない、粒のしっかりとしたローズカットダイヤモンド。
両方のダイヤモンド共に、アンティークらしい味わい深いローズカットでありながら、19世紀とは異なる内包物のない透明に煌くダイヤモンドが使われているところがポイントです。
まるで星の結晶を見ているようなキュートな金細工 ハンドメイドの彫金もとても魅力的です。
メインダイヤモンドは6つのホワイトゴールドで爪留めされているのですが、この爪がとても細くすらりと伸びています。
そしてそのちょっとナイフエッジのかかった美しい爪と爪の間にそれぞれ三角の凝った金細工が施されています。
2つの小さな通し円、その上にまん丸の粒金がのった、ちょっと幾何学的で雪の結晶のような形のモチーフです。
これはもちろんモチーフも一つずつハンドメイドで作られたもので、よーく見ると粒金の大きさも全くの均一的な形ではないのです。
こうした金細工の凝ったピアスを発見した時は、宝物を見つけたような気持ちです。
特にこのピアスの金細工のモチーフは一風変わっていて、他に見たことがありません。
粒金の丸々とした感じがチャーミングですが、その他のラインはシャープで細身。
大人っぽい洗練とチャーミングのバランスもとても良く、何より綿菓子のような星の結晶のような不思議な形にうっとりです。
地金は18金ゴールド。
台座の裏と針部分がローズゴールドになっています。

  • 幅:7.5mm 
    高さ:15mm 
    重量:1.7g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークローズカットダイヤモンドピアス(金細工、彫金、幾何学的)

世界にひとつだけの一点もの

  • 直径7.5ミリ程の小さな面積の中に細工とダイヤモンドがぎゅっ、チャーミングです
  • 小さなピアスの中にしっかりとした大きさのダイヤモンド、遠めにも印象深いです
  • ナイフエッジのホワイトゴールドの爪、可愛さの中にシャープなかっこよさ
  • 円形を3つ組み合わせた、氷の結晶のような細工、とても手がこんでます
  • 裏面はイエローゴールドに切り替わり、巧みな精鋭された技術が光ります
  • アンティークローズカットダイヤモンドピアス(金細工、彫金、幾何学的)
  • アンティークローズカットダイヤモンドピアス(金細工、彫金、幾何学的)
  • アンティークローズカットダイヤモンドピアス(金細工、彫金、幾何学的)
  • アンティークローズカットダイヤモンドピアス(金細工、彫金、幾何学的)
  • アンティークローズカットダイヤモンドピアス(金細工、彫金、幾何学的)
  • アンティークローズカットダイヤモンドピアス(金細工、彫金、幾何学的)
  • アンティークローズカットダイヤモンドピアス(金細工、彫金、幾何学的)
  • アンティークローズカットダイヤモンドピアス(金細工、彫金、幾何学的)

上の写真をクリックするとアンティークローズカットダイヤモンドピアス(金細工、彫金、幾何学的)の大きな写真が切り替わります。

アンティークローズカットダイヤモンドピアス(金細工、彫金、幾何学的)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークダイヤモンドピアスについて

ダイヤモンドがセットされたアンティークピアスは、アンティークジュエリーの王道です。
日本でも世界でもとても人気があり、近年非常に価格が高騰してきてしまっているアイテムでもあります。
ダイヤモンドのピアスはいつの時代も好まれて作られましたが、時代と共にそのスタイルや素材、デザインは変化していきます。

下記は18世紀に作られたダイヤモンドのピアスです。
ダイヤモンドの周辺は銀が用いられ大きさもある、重厚なピアスです。

 18世紀アンティークダイヤモンドピアス(葡萄、ローズカット、オリジナルボックス付き)

アンティークジュエリーでは、ダイヤモンド周りは白い金属でセットされるのが一般的です。
その方がダイヤモンドの白さを際立たせると考えられていました。
この「白い金属」は18世紀から19世紀後半にかけては、銀でした。
以降、プラチナとホワイトゴールドもダイヤモンドの周りに用いられるようになります。

下記は20世紀初頭に製作されたピアス。
ダイヤモンド周りにはプラチナが用いられています。

アンティーククラスターピアス(ダイヤモンド、お花、ゴールドとプラチナ)

アンティーク市場で比較的よく見つけやすいダイヤモンドのピアスは1900年前後に製作されたものが多いです。
フランスで言うところのベルエポック時代、あるいはイギリスで言うところのエドワーディアンの頃に作られたピアスが、数としては多いです。
この時代のダイヤモンドピアスの特徴としては、ダイヤモンドの周囲のごく一部分にのみプラチナ(あるいはホワイトゴールド)が用いられ、プラチナ(あるいはホワイトゴールド)とイエローゴールドをはりあわせて、ベースはイエローゴールドでできています。

下記は1910年頃のフランス製のピアスです。
この時代のピアス製作の特徴がよく出ています。

アンティークダイヤモンドピアス(フランスベルエポック、18kゴールド)

アンティークのダイヤモンドピアスは実に色々なタイプが作られましたが、大きく分けますと「耳に長く垂れて揺れるタイプのピアス」と逆に「短めで耳にピッタリフィットするピアス」があります。
長く垂れるタイプのピアスは特に20世紀初頭のギャルソンヌルックにあわせて作られました。
この時代ドレスもピアスもネックレスも長くなったのです。

下記はもう少し後年の1930年頃のピアスです。

アンティークスタッドピアス ペアシェイプダイヤモンド 1930年代
アールデコ期もこのタイプのドロップタイプのピアスが多く作られます。
1930年以降は、全体がホワイトゴールドあるいはプラチナで製作されたピアスも好まれるようになります。

18世紀のロココ様式でもピアスは総じて大きめで長めです。
下記は当店で販売済みの18世紀のダイヤモンドピアス。
大きさもあり長さもあります。(ピアスのシステムは後年作り変えられています)

アンティークダイヤモンドピアス(18世紀フランス)

短めで耳にピッタリフィットするタイプのピアスは例えば下記のようなピアスです。

アンティークダイヤモンドピアス(ローズカット、ローズゴールド)

ピアスはつけ外しが頻繁に生じ、顔に非常に近いところに着けるジュエリーですから、ジュエリーの中でも最もクオリティーが求められるアイテムです。
アンティークのダイヤモンドピアスは概して、作りがとても良いです。
現代のジュエリー製作とは異なり、当時はゴールドを叩きながら作りこんでいきましたので、バネや留め具部分も現在のピアスにはない堅牢さを持ちます。
100年以上経ても問題なく使えるというのは、現代のピアスでしたらまず考えられないことですし、鋳型で作ったものではないので部分的な修理がしやすいことが多いです。
また「色々なアンティークジュエリーを集めてきましたが、もっとも出番が多く、アンティークジュエリーの中でもっとも現代の遊べるのはピアス!」とおっしゃって頂くことが多いです。
アンティークジュエリーの中でもピアス、特に最も定番のダイヤモンドピアスは複数デザイン揃えていただくと必ず重宝していただけます。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×