アンティークダイヤモンドのピアス(1カラット、1900年頃のフランス)

左右総計1カラットの大粒ダイヤモンドピアス 1880-1900年頃のフランス製。
直径5ミリ以上のとても大粒の美しいオールドヨーロピアンカットのダイヤモンドが目を引きます。
左右合計で1カラットあり、大変贅沢です。
大きいだけでなく、内包物もなく無色透明。
透明度に優れ、輝きが強いとても良質のダイヤモンドです。
こうしたダイヤモンドピアスは、1900年頃のフランスでよく作られたデザインのピアスですが、これほど大きなダイヤモンドが使われているのは当店でも初めてみました。
この手のダイヤモンドピアスで、最大サイズのダイヤモンドが使われています。
上にももう一つ、小さなダイヤモンドがセットされています。
こちらはローズカットされていて、こちらも小粒とは言え、脇石とは思えないクリアでとても美しいダイヤモンドです。
正統なデザインと上質な作り、一生モノのピアスです 地金は18Kイエローゴールドで、台座部分にホワイトゴールドが使われています。
ダイヤモンドはいずれもホワイトゴールドの爪で留められていて、とても丁寧なセッティングになっています。
ダイヤモンドの台座には高さがあり、横から見た時は鍵の形のような台座部分がワインポイントとなり目を楽しませてくれます。
爪と爪の間からダイヤモンドを、キューレットも含めて全体が見えるようになっているのも素敵です。
台座がお椀のようなラインを描いていて、爪と爪の間からダイヤモンドを丸ごと見れるようになっています。
凝った作りで、デザインも甘すぎない正統派のピアスです。
着ける場所を選ばず使いやすいです。
しっかりとした作り、ダイヤモンドのボリューム、女性の生涯を通じて添い遂げてくれるまさに一生もののダイヤモンドピアスです。

  • 幅:7mm 
    高さ:15mm 
    重量:3.5g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンドのピアス(1カラット、1900年頃のフランス)

世界にひとつだけの一点もの

  • 直径5ミリ強、石が光を反射して燦々と煌くものすごく美しいダイヤモンドです
  • ボリュームがあり遠めに見た時もはっきりと分かる存在感がある大人のピアス
  • 完全な真円ではなくやや楕円形っぽい形の美しいダイヤモンドです
  • WGの爪の間からダイヤモンドをキューレットも含めて全体を見ることができます
  • YGとWGの切り替えもすっきりと決まっています。留め具の部分等素晴らしい作り
  • アンティークダイヤモンドのピアス(1カラット、1900年頃のフランス)
  • アンティークダイヤモンドのピアス(1カラット、1900年頃のフランス)
  • アンティークダイヤモンドのピアス(1カラット、1900年頃のフランス)
  • アンティークダイヤモンドのピアス(1カラット、1900年頃のフランス)
  • アンティークダイヤモンドのピアス(1カラット、1900年頃のフランス)
  • アンティークダイヤモンドのピアス(1カラット、1900年頃のフランス)
  • アンティークダイヤモンドのピアス(1カラット、1900年頃のフランス)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンドのピアス(1カラット、1900年頃のフランス)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンドのピアス(1カラット、1900年頃のフランス)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークダイヤモンドの価格の上昇

最近、「アンティークジュエリーの仕入れ価格が上がっています」とお話することが多いのですが。
その要因は主に3つ。
1つは昨今の円安基調。
そしてもう1つは、アンティークジュエリーだけに言えることですが、新しく製造されないものだけに、年月と共にどんどんと希少になってきえいること。
そして3つ目の理由が、ジュエリーの素材となる貴金属と宝石の価格の上昇です。

アンティークジュエリーはここ数年、フランスでもイギリスでも現地通貨建てでも値上がりが著しいです。
その要因は複数にわたり単純なものではありませんが、一つにはダイヤモンドやゴールドなどの材料の値上がりがあります。
ゴールドの値段がすさまじく近年上昇したのは皆さんもご存知でしょう(最近は少し落ち着いてきていますが)。
実は貴金属だけでなくダイヤモンドの価格も上がっています。
ダイヤモンドの価格の上昇には、中国での需要の拡大の影響が強いです。
特に0.3カラットサイズぐらいのダイヤモンドの価格が、以前はこうした比較的小粒なダイヤモンドは日本が主たる市場だったのですが。
このサイズのダイヤモンドの需要が中国で非常に伸びていることから、比較的小ぶりのサイズのダイヤモンドの価格も上昇しています。
アンティークはもちろん今、製造するものではありませんが、海外ではアンティークと現代もののジュエリーが同じ市場の中で扱われることも多いです。
(例えばジュエリーのオークションなどに行くと現代ものと年代ものが混ざっています)。
そのためもちろん現代モノのジュエリーの価格とアンティークのジュエリーの価格は多少は連動します。
また以前は一部のコレクターだけが愛好してきましたが、ここにきて世界のダイヤモンドの生産が減少傾向にあることから、アンティークダイヤモンドの評価が高まっています。
実際に2020年以降ダイヤモンドは徐々に減産していくという経済発表も出ています。
その一方で中国等の人口の多い新興国でジュエリーを身に着ける習慣が広がってきていますから、ダイヤモンドの供給が逼迫してきているのです。
もちろんアンティークのダイヤモンドは、現代のダイヤモンドよりもずっと美しく正当に評価されるべきではあるのですが、それが価格の高騰を招いてしまうのはやはりディーラーとしては複雑です・・・。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×