アンティークアメジストネックレス(フランドル地方のアンティークジュエリー、カボションカット、ハート)

極めて珍しい仏フランドルの地方ジュエリー 19世紀初頭のフランス、フランドル地方のジュエリー。
フランスのアンティークジュエリーで最も希少な、地方ジュエリーの一つ。
このペンダントはフランス北部フランドル地方のジュエリーです。
フランドル地方のアンティークジュエリーは他の地方ジュエリーに比べても極めて少なく、当店でも実際に仕入れることが出来たのは初めてです。
銀で編まれたハートとお花の形がとても特徴的です。
フランドルジュエリーの見本のような、極めて希少性の高いフランス地方ジュエリーです。
カボションカットにされた上質なアメジスト 銀とアメジストの色のコントラストが目を引きます。
アメジストの色が素晴らしく、ちょっと濃いめの紫色が美しいです。
アメジストにしては珍しくカボションカットにされています。
上質で厚みのあるカボションカットのアメジスト。
光が差し、紫色が石の中で美しく拡散していきます。
石の奥底のほうからは仄かに白っぽい色が差します。
そして真上から見ると、濃い紫色が見えます。
不思議な色の広がり方が、他にない神秘的な美しさです。
滑らかで艶やかで、透明感がありながら円やか、
アメジストという宝石の魅力を改めて伝えてくれる美しい石です。
アメジストは総計50粒以上使われており、渋い銀の色と綺麗なハーモニーを見せています。
地金は銀で、裏側はだいぶ薄くなってきていますが、金が塗られた跡が残っています(ヴェルメイユ)。
ネックレスの長さは45.5センチ。

  • 幅:455mm 
    重量:44g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークアメジストネックレス(フランドル地方のアンティークジュエリー、カボションカット、ハート)

世界にひとつだけの一点もの

  • 銀のフィリグリーとカボションアメジスト、他のジュエリーにない独特な存在感です
  • ボリュームがある割りに透かしが多いので重くならず、垢抜けています
  • ハートの大きさは3.1センチx3.9センチ、その上が王冠と十字架のモチーフです
  • ハートの中にもう一回り小さいハートがあり、この部分は揺れます
  • ふっくらと厚みと艶のある極めて美しいアメジスト、最も大きなアメジストが5ミリ強
  • アンティークアメジストネックレス(フランドル地方のアンティークジュエリー、カボションカット、ハート)
  • アンティークアメジストネックレス(フランドル地方のアンティークジュエリー、カボションカット、ハート)
  • アンティークアメジストネックレス(フランドル地方のアンティークジュエリー、カボションカット、ハート)
  • アンティークアメジストネックレス(フランドル地方のアンティークジュエリー、カボションカット、ハート)
  • アンティークアメジストネックレス(フランドル地方のアンティークジュエリー、カボションカット、ハート)
  • アンティークアメジストネックレス(フランドル地方のアンティークジュエリー、カボションカット、ハート)
  • アンティークアメジストネックレス(フランドル地方のアンティークジュエリー、カボションカット、ハート)
  • アンティークアメジストネックレス(フランドル地方のアンティークジュエリー、カボションカット、ハート)

上の写真をクリックするとアンティークアメジストネックレス(フランドル地方のアンティークジュエリー、カボションカット、ハート)の大きな写真が切り替わります。

アンティークアメジストネックレス(フランドル地方のアンティークジュエリー、カボションカット、ハート)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

フランスの地方ジュエリー「フランドル地方のジュエリー」

フランスは料理、言語、建築、文化等々、地方性の豊かな国。
ジュエリーは特に20世紀初頭以降は基本的にはパリを中心に発展したため、断然パリで作られたアンティークジュエリーが多いです。
しかしそれでも19世紀のジュエリーには、まだまだ地方性豊かなジュエリーを見つけることができます。
特に有名なのが「南仏プロヴァンス」。
プロヴァンス地方(現在のエクサンプロヴァンス、カマルグあたり)で作られたジュエリー(ビジュー)を「ビジュードプロヴァンス」と呼んでいます。
またサヴォワ地方などはクレオール型を変形したようなピアスが昔から作られている他、ノルマンディー地方もこの地方独特の特徴あるジュエリーが作られました。
それ以外のフランスの地方ジュエリーにヴァンデ地方のジュエリー、フランドル地方のジュエリーがあります。

フランドル(Flandres)とは元々フランス語に由来している地域名ですが、日本語では英語由来フランダースとも呼ばれます。
現在の国境では現在のオランダ南部、ベルギー西部、フランス北部にまたがる独特の文化をもった地域圏を指します。
フランドル地域は中世の早い時期からリネンやボビンレースなど繊維産業が発達し、ヨーロッパで最も裕福な地域として繁栄しました。
しかしそれゆえに争いの絶えない場所でした。
古くからフランスの影響の強い地域でしたが、毛織物の生産と交易で栄えるとその供給地イングランドとの関係が近くなり、それが英仏百年戦争の一因にもなります。
1384年に、フランス、ヴァロワ家のブルゴーニュ公フィリップとフランドル女伯マルグリットが結婚し、フランドルはブルゴーニュ公国の一部となりました。
フランドルは富裕な貴族や商人の庇護の下、芸術も花開き、16世紀にはその繁栄の円熟期を迎えました。
現代のフランスにおいても、中央フランスとは異なる独特の文化を持ったエリアでフランスの中ではベルギーの香りが漂う、文化的であり異国的なとても不思議な魅力を持つ地方です。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×