アンティークオパールネックレス(ソートワール、ロングチェーン)

非常に珍しいオパールが入ったソートワール 19世紀後期のイギリス製。
9センチ毎に美しいオパールが入れられたロングネックレス。
オパールに穴を通して金線を入れるということをさりげなく行っていますが、オパールに穴を開ける技術は極めて困難です。
アンティークジュエリーにおいてさえ滅多に見ない技法で、当店でもオパールが通されたネックレスは初めての取り扱いです。
わずかにずれてしまえば命取りになりますし、現在流通している安価なメキシコオパールでは素材としても耐えられないです。
(この時代にヨーロッパで使われたオパールはオーストラリア産で品質には雲泥の差があります)
まさにアンティークジュエリーだからこそできた、しかしアンティークジュエリーにおいても非常に稀有な作品です。
美しいファイアーを発するオパール オパールはいずれも直径5ミリ程で、合計12粒チェーンに入れ込まれています。
地色が美しい水色で、赤みを帯びた美しいファイアーを発する、美しいオパール。
光を浴びるとオパールの影が赤橙系が仄かに移りこむ、あまり見たことのない素晴らしい色合いのオパールです。
小ぶりなのに青、緑、赤色の班模様も美しく出ています。
チェーンもハンドメイドならではの編みの細かさと繊細さが魅力的です。
しかも繊細なのに何度もゴールドを打ち込んで作っているのでとても丈夫。
だからこそこれだけしっかりと堅牢にオパールを支えることができえているのです。
長さ150センチとたっぷりとした長さで、地金は9Kゴールドです。
留め具のところは、片側を回転させてネジ緩めてから、横から開閉する昔のチェーンに時々見られる作りで、とても凝っています。

  • 幅:1500mm 
    重量:13g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークオパールネックレス(ソートワール、ロングチェーン)

世界にひとつだけの一点もの

  • 細かなチェーンと半透明の美しいオパールの仄かな美しさが琴線に触れます
  • 150センチあるので2重でも楽々。細いのに絡まないチェーンはハンドメイドの賜物
  • 光を当てているので透明が強く出ていますが実際はもうちょっと班模様が出ます
  • 光が当ると赤橙色のファイアーを帯びます。このオパールの色合いは逸材
  • 左手の金具を捻ってから手前に金具を引くと開く、19世紀の留め具の一種
  • アンティークオパールネックレス(ソートワール、ロングチェーン)
  • アンティークオパールネックレス(ソートワール、ロングチェーン)
  • アンティークオパールネックレス(ソートワール、ロングチェーン)
  • アンティークオパールネックレス(ソートワール、ロングチェーン)
  • アンティークオパールネックレス(ソートワール、ロングチェーン)
  • アンティークオパールネックレス(ソートワール、ロングチェーン)

上の写真をクリックするとアンティークオパールネックレス(ソートワール、ロングチェーン)の大きな写真が切り替わります。

アンティークオパールネックレス(ソートワール、ロングチェーン)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークロングチェーンネックレス(ソートワール)

アンティークジュエリーの中でもいつもとても問い合わせを多くアイテムにロングチェーンネックレスがあります。
このような特に150センチを超えてくるようなロングネックレスは、フランス語ではよくソートワール(sautoir)と呼ばれます。
時代や様式によりあらゆるデザインで作られたソートワール。
南仏プロヴァンスでは、ソートワールの「連の多さ」は社会的ステータスを表すと考えられていました。
そしてチェーンに十字架やメダル(メダイヨン)、時には時計を通したのです。
時計を通すときはあらかじめ胸の辺りにそれ用の小さなポケットも作られました。
下記は1900年頃の絵葉書で描かれた「アルルの女性たち」。
当時のソートワールの装いが分かる一枚です。

arlesiennes_postal

アンティークソートワールは金銀やプラチナで作られ、豪華なものにはダイヤモンドや真珠、オパールなどがはさまれたものもあります。
シェルシュミディでもこれまで、金細工が秀逸な王政復古の時代のソートワール、1880-1990年頃のゴールドのフィリグリーのソートワール。
1920年代のアールデコの時代のロングネックレスなどをご紹介してきました。
現代の装いにも1重でロングで使ったり、2重、3重にしたり非常に使い勝手がよくしかもエレガントジュエリーで、いつも出すたびにすぐに売り切れてしまいます。
いつも需要が供給に対して逼迫しているアンティークジュエリーでもっとご紹介したいのですが、ソートワールは相続の時に半分にされてしまったりとオリジナルの長さを保っているものが非常に少なくなってきています。
例えばよくこうしたアンティークチェーンでブレスレットが存在しますが、ブレスレットの場合(はじめからブレスレットとして作られたものもありますが)、2人娘がいた場合に長いネックレスを半分にして、ブレスレットにして相続されたといこともあるようです。

またロングチェーン(ソートワール)に合わせてお揃い作られたのがチェーン留めです。
アンティークチェーンが銀製であれば銀で、18金であれば18金で作られています。
小さなダイヤモンドや真珠などがセットされたチェーン留めも作らました。
モチーフはお花の形や動物、リボンの形をしたものなど様々です。
チェーン留めを色々な場所で留めることで、同じチェーンでも色々な表情を楽しめます。
例えばチェーン留めを下部に持ってきたり、横にもってきたり。
長いチェーンであれば1重にしたり2重にしたりしながら、チェーン留めの位置も変えてあげるといくつモノアレンジでアンティークチェーンを楽しむことができます。
チェーン留めもオリジナルのまま残ったロングチェーンはとても少なくなってきており希少です。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×