フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)

まるで蚕が繭糸を巻いたような・・・、史上最高レベルのフィリグリー金細工 当店でもいつもお探しの方が多いのが高度な金細工のアンティークジュエリー、特にフィリグリー細工のジュエリーです。
フィリグリー細工はイギリスなどの北ヨーロッパではなく、イタリアやフランスなどヨーロッパでも南側で発達した技術で、特に1880-1900年頃のイタリア・フランスのジュエリーにそのトップレベルの作品を見つけることができます。
このネックレスのフィリグリー細工はこれまで当店で扱ってきたフィリグリー細工のアンティークネックレスの中でも群を抜いて細かいです。
この時代であってももう少し直線的にフィリグリー細工が展開されることが多く、カーブがかかっていたとしてもこれほど何重にもぐるぐると螺旋を描いたものは他に見たことがございません。
フィリグリーとは金を「糸」のように細くして巻きあげ模様をつくる金細工の技法なのですが、まさに「金の糸」のようで、まるで蚕が繭糸を巻くように、多いところでは六重にも金線が螺旋状に巻かれています。
そしてあっと驚くのが、これだけ曲線に巻いた金線の上にさらにミルグレインを肉眼で見切れないほど細かく打っているところです。
これだけ細い金の線の上に鏨で微細な粒状の細工を施していくのですから、肉眼でも見れない細かさの作業をどのようにして行ったのだろうと思いますね。
当時の熟練した職人さんは最後は手の感覚で、このような微細な作業を仕上げていったといわれています。 地中海珊瑚と天然真珠、海のめぐみ溢れる南仏らしいネックレス こちらのネックレスはフランスの刻印が打たれていますが、同じフランスでもパリを中心とする北フランスではなく、南フランスのほうで製作された特徴が出ています。
自然の恵みをたっぷり受けた南仏の恵みを感じさせる、明るい色彩が魅力です。
オレンジ色の珊瑚は、典型的な地中海珊瑚。
アンティークジュエリーならではの天然真珠は、それぞれ形が異なり一部かなりいびつな形をしていますが、100年以上経ても非常に艶のある美しい真珠です。
特に中心のモチーフのトップにセットされた5粒の真珠は、それぞれとても個性的な形の面白い真珠です。
突き出したようにセットされていますので取れてしまうのではと心配されるかもしれませんが、真珠を内側から金の線で深く刺すように、非常にソリッドにセットされています。
海の二大宝石をふんだんに使った、南仏らしい明るいネックレスです。
珊瑚と真珠でできたチェーン部分は68センチもあり、ゆったりと長めに着けていただけます。
地金は18Kゴールド。
19世紀後期-1900年頃のフランス製。

  • 幅:22mm 
    高さ:88mm 
    重量:12.5g
  • 販売価格:248,400円(税込み)

フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)

世界にひとつだけの一点もの

  • メインモチーフはハートと王冠になっています
  • モチーフ部分は2つのモチーフを足して2.2センチx8.8センチ程
  • 珊瑚のオレンジに真珠の白、明るめの18金と、色彩の明るいジュエリーです
  • 多いところでは6重に螺旋が描かれていて、上辺べにミルが打たれてます
  • チェーン部分は珊瑚と金細工、そしてところどころに真珠が入ってます
  • フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)
  • フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)
  • フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)
  • フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)
  • フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)
  • フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)
  • フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)
  • フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)
  • フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)
  • フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)

上の写真をクリックするとフィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)の大きな写真が切り替わります。

フィリグリー金細工ネックレス(オレンジ珊瑚と天然真珠)

[通販価格:税込] 248,400円 (送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーの金細工「フィリグリー」

アンティークジュエリーの大きな醍醐味の一つはやはりその手の込んだ繊細な金細工の数々でしょう。
あまりに緻密な細工であるため、時として肉眼では見切れないほどの細かさです。
肉眼で見切れないほどの金細工を当時、どのようにして職人さんは製作していたのでしょう?
それは手の感覚だったと言います。
熟練した職人さんは最後は手の感覚で、金細工を仕上げていったと言います。
さて金細工といっても色々な種類がありますが、アンティークジュエリーに見られる細工を大まかにご紹介しますと。
まずはフィリグリー(金や銀を糸のように細くして縒って模様をつくる金細工)、レポゼ(打ち出しの技法、金を表面から装飾するのではなく、裏面から打ち出すことで模様を作っていく方法)、カンティーユ技法(細い金線を蝋付けしく技法、線条細工)、グラニュレーション(粒金細工)があります。
今回はフィリグリー細工について、ご説明いたします。

フィリグリー金細工
フィリグリー細工とは、金や銀を糸のように細くして巻きあげ模様をつくる金細工の一技法です。
金属の可鍛性(かたんせい)を利用した加工方法です。
非常に繊細な金細工で、フランスでは19世紀前半から1900年過ぎまでのジュエリーで見ることができます。
製造された年月が長期に及ぶので年代の特定が難しいところですが、下記の「マーユ」と呼ばれる網目にフィリグリー細工を施したネックレスやブレスレットは、1880-1900年頃のフランスで作られました。

フィリグリー細工アンティークチェーンネックレス(ソートワール、ロングネックレス)

まるで糸のように自由自在に美しいラインを描いている、当時の職人さんの技術及び画家のような絵画センスに脱帽してしまいます。
同時代のイギリスなどでは見られず、フランスもしくはイタリアなどでしか作られなかったことからもともとの数も少なく、近年は本当に入手が困難になってきています。

下記はやはりフィリグリー細工のネックレスで、素晴らしいフィリグリー細工に加えて更に金線に芥子真珠がセットされています。
年月とともにこうした芥子真珠は欠けていくことが多いのですが、非常に状態が良く残った希少な例です。

エメラルドとシードパールのアンティークペンダント(オープンワーク、フィリグリー金細工)

下記はペンダントにフィリグリー細工が施された例。
エメラルドとシードパールのアンティークペンダント(オープンワーク、フィリグリー金細工)

かつては何点もご紹介してきたアイテムですが、近年は値段も大高騰しており皆様の需要においつけていないアイテムです。

またフィリグリーはゴールドのイメージが強いかもしれませんが、銀でフィリグリー細工を施したジュエリーもあります。

下記は当店で販売済みの銀のフィリグリー細工のネックレスです。

アンティークフィリグリーネックレス(銀細工、お花)

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×