クレオール アンティークピアス(18カットゴールド)

着けやすい大きさのクレオールのピアス アンティークピアスの中でも人気のあるデザインの一つが、クレオール。
フランスの海外領土がその発祥ですが、19世紀のフランスで流行します。
その普遍的な着けやすいデザインが魅力。
現代のフープピアスに近いシルエットですが、やはりアンティークのクレオールのピアスは金細工が緻密でこまやかで、作りの良さが良いです。
この価格帯の現代もののピアスなんて、日常的に使ったら数年でガタがきてしまいますから。
着脱時にそれなりに負担のかかるピアスほど、アンティークジュエリーでお薦めのものはございません。
コストパフォーマンス高いです。
このクレオールのピアスは横幅が1.6センチと大きすぎず、日常使いにもってこいのサイズ感です。 内側の金細工にアンティークらしい細やかさが感じられます ピアス全体のデザインは、どのアンティーククレオールピアスでも大きな違いはございませんが、細部にそれぞれ異なる魅力があります。
このピアスは内側の全周にぎっしりと金細工が施されています。
ハートのような形が連続して入っていますが、ポイントはその透かしです。
ルーペで見ると一目瞭然ですが、これは手作業で1箇所ずつ削られています。
当時は糸鋸のような道具を使っており、一箇所ずつ金を削り取って形成していくのです。
一箇所でも削りすぎてしまえばアウトで、非常に技術力、忍耐を要する作業です。
ルーペで見ていただきますと、手作業であることが分かっていただけることでしょう。
基本的には針を耳たぶの後ろから挿し、前でとめて頂くドルムーズタイプですが、表裏のないデザインですから(現代ピアスと同様に)針を前から後ろに挿していただいても、問題ないです。

  • 幅:16mm 
    高さ:21mm 
  • 販売価格:売り切れました。

クレオール アンティークピアス(18カットゴールド)

  • イエローゴールドのみですが表面が軽く艶消しされていて落ち着いてます
  • 横幅が1.6センチ程。民族的になりすぎず都会的に着けれるクレオール
  • 針部分を軽く押すと開閉します。
  • モチーフ一つずつ、ゴールドを削り上げることで形成していきます
  • フランス18カラットゴールドの刻印あり
  • クレオール アンティークピアス(18カットゴールド)
  • クレオール アンティークピアス(18カットゴールド)
  • クレオール アンティークピアス(18カットゴールド)
  • クレオール アンティークピアス(18カットゴールド)
  • クレオール アンティークピアス(18カットゴールド)
  • クレオール アンティークピアス(18カットゴールド)
  • クレオール アンティークピアス(18カットゴールド)
  • クレオール アンティークピアス(18カットゴールド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

クレオール アンティークピアス(18カットゴールド)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

クレオールのアンティークピアス

クレオールとは元来、アンティル、ギニア、レユニオン諸島など、本国ではなく中南米やカリブ海の植民地生まれの植民地生まれのヨーロッパ人のことを指します。
フランスでは、特にマルチニックやレユニオン諸島で生まれた白人のことを「クレオール」と言いました。
例えばナポレオン一世の妻であった、ジョゼフィーヌ皇后などは、マルチニックで生まれたクレオールです。

クレオールはやがてもっと広く、その習慣や言語も指すようになります。
そこから転じて、「混じり合って劣化した、濁った、不純な、どっちつかずの、固有性を欠いたもの」とした意味合いとともに用いられることもあり、クレオール性とは「文化的諸要素の混在」のことを言うこともあります。
80年代に、マルティニク島出身のグリッサン、コンフィアン、シャモワゾーらの運動により、文化的な意味でクレオールが注目を集めるようになりました。

ジュエリー用語で「クレオール」と言うと単純に下記のようなデザインのピアスを指します。

アンティーククレオールピアス(金細工、18カラットイエローゴールド)

下記はもう少しフープの大きなクレオールピアス。
こちらも当店にて販売済み。

クレオールのアンティークピアス(フープ状のピアス フランスアンティーク)

クレオール人が身につけていたようなリング状のイヤリング・ピアスです。
これらのクレオールピアスは、自然の恵み豊かな大らかな印象を与えるようで、フランスでは特に夏の避暑地、バカンスのときにつけるジュエリーとして今も変わらぬ人気を誇っています。
元々こうしたフランス海外圏で伝統的に作られたちょっと耳輪のようなデザインのピアスが、フランス本国にもたらされ、このような垢抜けたデザインのクレオールピアスが作られました。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.