ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)

発掘されたばかりの頃のロシア産エメラルドの指輪 透明度の高いエメラルドが印象的な指輪です。
この指輪に使われているエメラルドはロシア産だそうです。
(ただ鑑別士に確認したところもう現代ではロシアンエメラルドが見られないということもあり、現代の基準では産地の特定は不可能だそうです。 )
エメラルドといえばコロンビアが有名ですが、ロシアでも1830年代にウラル山脈で発見されています。
この指輪が作られたのはその装飾様式から判断すると1840年頃。
まさに発掘されたエメラルドがヨーロッパで手に入り始めた本当に初期の頃のロシア産エメラルドが用いられていることになります。
どの宝石の鉱山に関しても言えることですが、初期の頃の宝石がもっとも良質であることが多いです。
シェルシュミディで保有している他のアンティークエメラルドと並べて比較してみましたが、なるほどコロンビアンエメラルドとは色合いが異なり少し異なります。
若草色のようにエメラルドが淡く薄い緑で、それでいて艶があり透明度が高いです。
いずれの石も直径4ミリ程。
スクエアカットで、他にない瑞々しいエメラルドの色を引き立っています。
4石とも色調は同じですが一番上と下のエメラルドには肉眼でもしっかり内包物が見られます。
真ん中の2石はほぼクリアでそれだけにこの薄い透明感のある緑色がより引き立ちます。
艶のある天然ハーフパール この時代らしく真珠もとても艶があり美しいです。
美しい真珠は1920年頃まで見られますが、一般的に真珠は古い時代のものほど、独特の照りがあります。
わずかにグレイッシュ帯びた美しい真珠は、半分にカットされたハーフパールになっています。
1石ずつ石の形に合わせて整えられたゴールドの台座にかなり深くはめ込まれています。
その上から真珠を押さえる極小の小さな金の爪は、それがひとつの装飾でもあるように綺麗に見えます。
この時代にして珍しく全体がイエローゴールドのみでできています。
昔は宝石の周り、特にダイヤモンドは白い地金を用いることが多かったのですが(この時代でしたら必然的に銀になります)、宝石によってはこのように例外的にイエローゴールドにセットされました。
王政復古の時代ですとシトリンや真珠などは色彩的にもイエローゴールドにそのままセットされることは多かったのですが、エメラルドでは比較的珍しいケースと言えます。
それはやはりこのエメラルドの淡い色彩のためだったのではないかと思います。
通常のエメラルドより淡い緑色ですので回りは、イエローゴールドのほうがしっくりきます。
そしてエメラルドの周りをダイヤモンドではなく真珠にしたというのも、やはりこの淡い透明感のある緑色を生かした配色です。
イエローゴールドはわずかにローズを帯びた明るい18金(刻印あり)で、エメラルドの色にとてもよくあっています。
指輪のサイズ12号(有料でサイズ直し可)。

  • 幅:7.5mm 
    高さ:16mm 
    重量:3.2g
  • 販売価格:売り切れました。

ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)

世界にひとつだけの一点もの

  • 全体が7.5ミリx1.6センチとやや縦長ながら楕円形で柔らかい印象の指輪です
  • 縦長ですが柔らかいオーバル型や太めのショルダーで安定感あり
  • ある程度の大きさがあり、カッティングも綺麗な満足感あるエメラルド
  • ショルダーがなく、べゼルにフレームが直接つく形が王政復古の時代の名残
  • 薄くなってきていますがフランス18金の刻印あり
  • ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)
  • ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)
  • ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)
  • ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)
  • ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)
  • ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)
  • ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)
  • ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)
  • ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)
  • ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)

上の写真をクリックするとロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)の大きな写真が切り替わります。

ロシアンエメラルドと天然真珠のアンティーク指輪(1840年頃、18金)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークエメラルドについて

アンティークジュエリーで使われる貴重な宝石の一つにエメラルドがあります。
ベリル宝石の一種で、同種の宝石にアクアマリンがあります。
5月の誕生石であり、心に安らぎを与える「愛の石」としても有名なエメラルド。
エメラルドの宝石としての歴史は、紀元前4000年前のバビロンまで遡ります。
これは宝石の中で最も古い歴史といわれており、エメラルドはまさに人類最古の宝石なのです。
バビロンとは、現在のイラク周辺にあたります。
当時バビロンはバビロニア帝国の首都でエメラルドは既にこの時代に「ヴィーナスに捧げる宝石」として取引があったという、文献が残っています。
エメラルドの最古の採掘場があったのはエジプトと言われていますが、エジプトの女王クレオパトラもまた、エメラルドの魅力に取り付かれた人物です。
自ら、エメラルドの鉱山を所有して宝飾用や、砕いて粉末状にしてお化粧用のパウダーとして使用したと言われています。
かのジュリアスシーザーが、その若さを保つためにこよなく愛したことでも知られています。 古くはインカ帝国でも既にエメラルドが使われていたそうです。

エメラルドは性質の異なる火成活動が重なることで始めてできる宝石です。
貴石の中でもインクルージョンに富む宝石で、「石れい」と呼ばれる内包物や、細かい傷があるのが一般的です。
「欠点のない人はいないのと同じように、 エメラルドの完全無傷の石はない」とよく言われるとおり、エメラルドの組成上インクルージョンは避けられないものです。
現代ではそもそも良い品質のエメラルドが取れなくなってきているということもあり、それらの欠点を補うために、ほとんどの物がオイルトリートメント処理をされていますが、オイル処理が本格化するのは戦後ですのでアンティークジュエリーで用いられているエメラルドは(それらが取り替えられていない限り)、オイル処理はそれほどなされていません。
また戦後のエメラルドでオイル処理よりずっと問題なのは、しかし、色を濃くするために石を色づけしていまうこと。
これは石自体を変えてしまうことになりますから、宝石の価値に大きく影響します。

1538年からスペインの開拓者たちがコロンビアでエメラルドを採掘し、世界中に輸出をします。
エメラルドと言えば昔も今もコロンビアが有名ですね。
アンティークジュエリーでは、コロンビア産と思われるエメラルドをよく見ることができます。
下記は数年前にササビーズで高額な値段で取引された17世紀初期、ルネサンスの頃のスペインのジュエリー。
コロンビア産のエメラルドが用いられています。

コロンビアのエメラルド> <br />

その中でもムゾー(「ムゾ」とも呼ばれます)は最高のエメラルドを算出する鉱山として知られています。<br />
ムゾー鉱山で採掘されたエメラルドは青みががったグリーンの色、大粒で透明度の高いのが特徴です。<br />
またその独特な化学組成により自然光で蛍光を発し、理想的な色相がより深みを帯びます。<br /><br />

現在もコロンビアでエメラルドは採れていますが(これはエメラルドに限らず現代のどの宝石に関しても言えることですが)既に良い鉱山が枯れてきてしまっています。<br />
現在では採掘されるうち全体の数分の1程度しか、宝飾品には適さないレベルのエメラルドだそうです。<br /><br />


コロンビアエメラルド以外のアンティークジュエリーで使われうるエメラルドの産地としては古くはエジプト、そしてロシア(1830年代にウラル山脈で発見される)です。<br />

下記は1840年頃のフランス製エメラルドの指輪です。<br />
ロシア産の淡い緑色のエメラルドが用いられています。<br /><br />

<img src=

ブラジルでもエメラルドは取れますが、20世紀に入ってから鉱山が発見されていますので、アンティークジュエリーにはほとんど使われていません。

エメラルドのカッティングはスクエアのいわゆる「エメラルドカット」にされることが多いです。
これはなぜかと言いますとエメラルドの組成上、四角形のいわゆるエメラルドカットが一番無駄がないからです。
しかしアンティークジュエリーでは円形にカットされたものなど、現代のエメラルドジュエリーではあまり見ないカッティングの石も存在します。
下記は1880年頃のエメラルドとダイヤモンドのペンダント。
数年前にクリスティーズのオークションに高値で出展されていました。
エメラルドカットのダイヤモンドと洋ナシの形にカットされたエメラルドでショーメのサイン入り。
これだけの作品でありながらエメラルドは完全な透明でないことがお分かりいただけますでしょうか?
エメラルドは組成上、ある程度の大きさになりますとインクルージョンは避けられなくまったくの透明であることが難しい宝石です。

1880年エメラルド

また下記は当店にて販売済みのカボションカットされたエメラルドです。
カボションカットにするということは、光の反射に頼らない分、資質の良い宝石が必要になります。
それが前述しましたように組成上、インクルージョンが多くなりがちなエメラルドでカボションすると言うのはきわめて高品質なエメラルドが必要になります。
カボションカットされた美しいエメラルドは特に20世紀初頭、カルティエの作品で時々見られますが、アンティークジュエリーにおいてもきわめて稀な存在です。

カボションカットエメラルド

宝石の価値を損ねてしまう人口処理がなされていないカラーストーンは、近年すざまじく値上がりしています。
特にルビー、そしてエメラルドはその代表です。
天然のカラーストーンの価値が上がるにつれて、無処理のアンティークジュエリーのカラーストーンも(残念ながら)評価が高まっています。
下記は当店にて販売済みの18世紀のエメラルドの指輪。
これだけ古い時代のしかもある程度大きさのあるエメラルドが用いられたジュエリーをご紹介するのは非常に困難になってきています。

18世紀エメラルドリング(スクエアカットエメラルド、ダイヤモンド、銀)

アンティークジュエリーで特に石にある程度大きさのあるエメラルドのジュエリーは今後、ますます貴重になっていくでしょう。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×