アンティークダイヤモンドクラスターピアス(金細工、天然真珠)

左右の天然真珠の比較が楽しいです 1900年頃のフランス製。
中心の艶やかな天然真珠が魅力的なピアスです。 色はほぼオブホワイト。
よく見ますと左右で片方の方がよりオフホワイト色で、もう片方が僅かにクリームを帯びています。
ルーペで見ないと分からないレベルですが、形状も僅かに片方の方が厚みがあります。
そして両方とも完全な真円ではないのです。
それが全体的に見たときは左右対称で、円形に見えるのですから不思議です。
まさに自然の美しさと職人さんの技がなせる業です。
2種類のダイヤモンドの台座 モチーフはお花、人気のクラスターピアスです。
左右各7つのローズカットダイヤモンドが真珠を囲うのようにセッティングされています。
面白いのがこれらのダイヤモンドの台座。
正方形とお花の形の2種類の台座が交互に組まれています。
細工も見ごたえがあり、四辺から成るWGの外枠には、ミルグレインがぎっしりと打たれています。
小粒ながら美しい宝石、一点ずつ異なる秀逸なデザイン、ルーペで宝物を探すような気持ちになれる細やかな細工。
三拍子揃った、状態の良いアンティークピアス。
地金は18金です。
かつては比較的よく見つけることのできたタイプのピアスなのですが、昨今非常に少なくなってきてしまっており、お値段も急騰しています。
この価格帯でのご提供は今後は難しいです。

  • 幅:11mm 
    高さ:17mm 
    重量:2.2g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンドクラスターピアス(金細工、天然真珠)

世界にひとつだけの一点もの

  • ダイヤモンドの台座の形が2種類あるのがご覧いただけるでしょうか?
  • ひし形をアレンジしたようなお花の形、愛らしいのに甘すぎません。横幅1.1センチ
  • じっくり見ると僅かに色合いも形も均一ではない天然真珠、直径が約4ミリです
  • 煌くような美しさは、外輪くや台座に細かく打たれたミルグレインのなす業です
  • 台座の下は秀逸な透かし、裏面がYGで、表面がWG、共に18金です
  • アンティークダイヤモンドクラスターピアス(金細工、天然真珠)
  • アンティークダイヤモンドクラスターピアス(金細工、天然真珠)
  • アンティークダイヤモンドクラスターピアス(金細工、天然真珠)
  • アンティークダイヤモンドクラスターピアス(金細工、天然真珠)
  • アンティークダイヤモンドクラスターピアス(金細工、天然真珠)
  • アンティークダイヤモンドクラスターピアス(金細工、天然真珠)
  • アンティークダイヤモンドクラスターピアス(金細工、天然真珠)
  • アンティークダイヤモンドクラスターピアス(金細工、天然真珠)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンドクラスターピアス(金細工、天然真珠)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンドクラスターピアス(金細工、天然真珠)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

真珠のアンティークピアス(天然真珠、養殖真珠)

天然真珠と養殖真珠を見分けることができるようになるには、場数を踏むことが大切です。
そして天然真珠の良さを本当に理解できるようになるには、やはり良質な天然真珠を出来るだけたくさん見ることだと思います。
その微妙な違いを知るのに良いサンプルとなるのは、アンティークジュエリーの中でピアスやネックレス等、複数の真珠が使われているジュエリーです。
その真珠の照り、色、巻き。
また天然真珠は一見真円に見えても、よく見るとわずかに歪んでいることが多いです。
そしてその歪みは1粒ずつ異なることが多いのです。
左右で1対を成すピアスの場合、よくよく見るとその形が微妙に異なることが多く、天然真珠の特徴を掴みやすいです。

下記は当店で販売済みの天然真珠のピアス。
この手の、真珠の周りに台座や爪などの遮りのないタイプのピアスが一番、見やすいサンプルです。

天然真珠アンティークドルムーズピアス(ダイヤモンド、1820年頃)

一方、真珠はダイヤモンド等と一緒に用いられることも多く、その場合このような比較的小ぶりの天然真珠が用いられていることも多いです。

アンティーククラスターピアス(天然真珠とダイヤモンド、ゴールド)

天然真珠は、一粒ずつ微妙に色の拡散の仕方が異なることにあると思います。
同じ系統の色合いで揃っていても天然のものなので、内側から出る照り、色の拡散の仕方がそれぞれ異なるのです。
一つずつ微妙に光沢が異なり、それがたくさん使われていることより全体としてみた時により色に拡がりが出るのです。
これは、天然真珠の大きな特徴の一つで、例えばネックレスやこのような数粒の真珠が使われたピアスなどで、本当にそれが天然真珠であるかを判断する材料の一つにもなります。
現代ジュエリーですとそれはむしろマイナスポイントなのかもしれませんが、天然真珠のピアスの場合、ある意味当然なのでマイナス要因ではなく、むしろ味わいと言われています。

一方、初期の頃の養殖真珠は近年の真珠とまったく価値が異なります。
もともと評価は高いですが、特に近年価格の高騰がすさまじいです。
20世紀初頭には美しい養殖真珠を用いたピアスも作られており、こちらは粒が揃っていて大きさもあるので小粒な天然真珠よりは価格としてはむしろ高くつくこともあるほどです。
下記は当店扱いの20世紀初頭の養殖真珠のピアスです。
美しい照りと巻きを持ったボリュームある真円の養殖真珠には、どうしてもそれほど大きさがないことが多い可憐な天然真珠にはない魅力があるのも事実です。

真珠のアンティークピアス(初期の頃の養殖真珠、20世紀初頭)

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×