クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)

素晴らしいクッションシェイプダイヤモンド 1900年頃のフランス製。
フランスアンティークジュエリーにおいて「ゴールドxダイヤモンドのピアス」は珍しいものではありませんが。
それでもこれだけトップクオリティーのダイヤモンドがこんなに小ぶりのピアスに使われているのは初めて見ます。
直径3.5ミリの素晴らしい輝きのダイヤモンドはまさに水が滴るような美しさ。
そして更に優れたクッションシェイプのカットです。
写真ですと無色のダイヤモンドはその魅力を伝えきれないところがありますが、それにしてもこれだけ透き通るほど無色で艶やかに輝くダイヤモンドは、アンティークダイヤモンドにおいてさえとても珍しいです。
ボリュームのある大きさですので、このトップクオリティーのダイヤモンドは遠めにも人目を惹きます。
左右の耳元にこの美しいダイヤモンドが、キラリキラリと輝く様を想像するだけでうっとりとしてしまいます。
イエローゴールドだけで出来た、フランスの伝統的な金細工 この時代のダイヤモンドのピアスはYGとWGをミックスしているものが多いのですが、珍しくイエローゴールドだけで出来ています。
1粒の非常に美しいダイヤモンドを色彩の上では非常にシンプルに引き立てています。
大粒のダイヤモンドに対して、ピアス全体の作りは小ぶりでぎゅっと細工を凝縮したような繊細な作りになっています。
台座部分のイエローゴールドの極細の金属線を駆使した細工は、この時代のゴールドチェーンなどで用いられたフィリグリーの技術に近いです。
台座に四角っぽいの金細工のモチーフを並べ、そのモチーフの中を透かしにしています。
フランスの金細工はイタリアや古代文化の影響を受けており、この一風変わったモチーフもやはり、古代文化からインスピレーションを受け、それをベルエポック時代のフランスで昇華させたものでしょう。
大粒の美しいダイヤモンドのピアスであるのと同時に、金細工のぎゅっと密な細工により繊細さも楽しめるピアスです。
大人の女性にふさわしい格の高さと愛らしさ、素晴らしいです。
地金は18金ゴールド。

  • 幅:7.5mm 
    高さ:14mm 
    重量:1.6g
  • 販売価格:売り切れました。

クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)

世界にひとつだけの一点もの

  • ピアスの大きさは7.5ミリx1.4センチ、小ぶりで愛らしさがぎゅっと詰まったピアス
  • イエローゴールドもおそらく18K以上ある純金に近い色でとても明るい色です
  • 滅多に見ることがない艶ととろみのある水の雫のような美しいダイヤモンド
  • 台座部分の彫金の素晴らしさ、当時はフランスの金細工の最盛期です
  • ダイヤモンドを活かすオープンセッティンとすらりと伸びた爪、バランスも綺麗です
  • クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)
  • クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)
  • クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)
  • クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)
  • クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)
  • クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)
  • クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)
  • クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)

上の写真をクリックするとクッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)の大きな写真が切り替わります。

クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークダイヤモンドのカット「クッションシェイプ(オールドマインカット)」とは

アンティークダイヤモンドには、現代のブリリアンカットとは異なるアンティークジュエリー特有のダイヤモンドのカッティングがいくつか見られます。
その中の一つがクッションシェイプカット(クッションカット)です。
なぜ「クッション」と言うかというと、まるでクッションのような形だからです。

ラウンド・ブリリアンカット(円形)のオールドヨーロピアンカットとは異なるオールドカットの中で、ガードルのアウトラインが丸と四角が混ざったようなシェイプのカットと言います。
「クッションシェープド・ブリリアント」とか「アンティーククッションカット」とも呼ばれます。
日本では「オールドマインカット」と呼ぶ業者さんの方が多いかもしれません。

クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)

円形とスクエアの混ざったような形のダイヤモンドカットです。
このクッションシェイプカット(オールドマインカット)のダイヤモンドは、クラウンに厚みがあるのが特徴です。

クッションシェイプダイヤモンドのアンティークピアス(大粒、お花)

厚みがあるゆえに、光を当てた時にダイナミックなシンチレーションを楽しむことが出来ます。

またクッションシェイプダイヤモンドの真ん中は、まるで穴が開いているように見えるると思いますが、これはクッションシェイプカットがキューレットの先端をカットしているからです。

ビジュードプロヴァンス アルルの指輪(オールドマインカット クッショシェイプダイヤモンド)

まるで「座布団」のような形で、長いアンティークの歴史の中でも限られた時代にしか見えない希少なカッティングです。
フランスでは特に19世紀後期から1930年代までのダイヤモンドジュエリーの一部に見ることが出来ます。
クッションシェイプのダイヤモンドには質で厚みのある石が使われたことが多く、美しいダイヤモンドジュエリーが多いです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×