マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)

玄人ほど愛するタイプのアンティークジュエリー 18世紀後半から19世紀初頭にかけてのとても古い時代のフランスのアンティークジュエリー。
希少性の高い作品です。
真珠は一般的に古い時代のものであればあるほど(良い状態で残っていれば)美しく、このマザーオブパールはジュエリーに施された石としては、私が出あった中でも最も美しい艶です。
扇など高価な装飾品の素材として用いられることの多かったマザーオブパールですが、ジュエリーとしてセットされたものは、アンティークであっても意外なほど少ないです。
そして後年の鉄鉱石(マルカジット)とは迫力が違う凄みのあるマルカジット。
白い可憐なマザーオブパールと、年月を帯びて渋みを増したマルカジットの濃淡の対比が素晴らしいです。
当時の職人さんは、年月を経てこのように美しさが増すことを、考えて製作していたのでしょうか。
マザーオブパール(真珠母貝)もマルカジットも、1石ずつ銀の台座で重厚なセッティングが施されており、一目で非常に古い時代の作品であるということが伝わってくる作品です。
重厚な素材感の中に漂うロココの華やぎ この作品の素晴らしさの一つは、他のジュエリーにはないこの時代特有の独特の装飾様式です。
時代としては1800年頃。
フランス革命後の、ナポレオンによる第一帝政が始まるか、始まらない頃です。
この時代のフランスはめまぐるしい変化の下にあり、装飾面でも短い年月の間にその僅かな時代にしか見られない独特の様式が見られます。
ネオクラシックなシンメトリーのデザインに、ロココの残り香が融合したようなスタイルは、まさにこの短い期間の間にしか見られない装飾様式です。
政治的にはフランス革命前のブルボン王朝を否定した第一帝政ですが、ジュエリーの世界(装飾様式全般)では、この時代に特有のスタイルというよりも、前世紀の面影を引きずり、それ以前の古代ギリシャやローマ帝国の影響も受けた装飾様式が発展します。
このようにその時代を強く映し出したジュエリーは、私たちディーラーがもっとも強く引かれるタイプのアンティークジュエリーの一つです。
地金は銀製。
長さは37センチ。
ネックレスの留め具が端をクロスするタイプで趣がありますが、安全性を考えますと片側だけオリジナルのまま残し、反対側を引き輪タイプにした方が良いかもしれません。
この作業はご希望に応じまして、無料にてさせていただきます。
またネックレスの末尾が銀製のチェーンになっているため、上記の作業の際に多少チェーンの長さを足すことも比較的容易です。
お気軽にご相談ください。

  • 幅:370mm 
    重量:11.6g
  • 販売価格:売り切れました。

マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)

世界にひとつだけの一点もの

  • シンメトリーでありながらロココ様式も見られる、独特の装飾性
  • フリンジ部分があるので通常のネックレスより少し短めに着けるのがきれいです
  • 深い艶のマザーオブパールは通常の真珠とも異なるオーラです
  • 各マザーオブパールが5.5ミリ程。深くセットされていますがかなりの大きさ
  • クロスして留めるタイプの古い留め具。片側だけ外し引き輪タイプへの変更も可
  • マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)
  • マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)
  • マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)
  • マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)
  • マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)
  • マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)
  • マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)
  • マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)
  • マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)
  • マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)

上の写真をクリックするとマザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)の大きな写真が切り替わります。

マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

様々なアンティーク真珠(バロック、淡水、マザーオブパール、シードパール、クロチョウガイ)

真珠には天然真珠、養殖真珠という区分け以外にも産地や組成などにより、たくさんの呼称があります。
アンティークジュエリーでよく出てくる代表的な真珠の呼称をまとめると以下のようになります。

1)バロック真珠
形成される段階で偶然に変形した歪んだパールのことです。
真珠が形成される初期段階で、核の周りに異物が付着し、そのまま形成されて変形が生じるためであるといわれています。
自然の中での偶然の結果なので、この世に二つと同じ形は存在せしないという、魅力があります。
現在では、市場でまわる真珠のほとんどが養殖真珠であるため、皆無になってしまいました。
アンティークジュエリーでは、ルネッサンスの頃から好まれて使用されて、19世紀末頃までのジュエリーに見ることができます。
下記は当店で販売済みのバロック真珠が主役の指輪です。

アンティーク天然バロック真珠指輪(ダイヤモンド、アールデコ、1920年代)
2)マベ真珠。
母貝をマベ貝とする真珠のことです。
アンティークジュエリーにおいても珍しいですが、時々出てきます。
現代ではマベ真珠はほぼ全てが養殖で天然のものは皆無ですが、当時はもちろんそんな技術はなく天然です。
マベ真珠の養殖の技術は1970年代にTASAKIが開発しました。
貝殻の内側に人口の核や樹脂を貼り付けて、養殖します。
現在ではマベパールは高価なイメージがないかもしれませんが、天然のマベ貝はまず母貝であるマベ貝の絶対量が少ないこと。
そして激しい潮流の中で生息しているため、小さな異物が入っても体外にすぐに出してしい、他の貝のよりもずっと真珠が出来にくいことで大変希少価値があります。
下記の指輪のマベ真珠は真円に近いですが、色々な形があります。

アンティークマベ真珠指輪(オフホワイト天然真珠、ダイヤモンド)
アンティークのマベ真珠には何ともいえない美しい照りがあり、お探しのコレクターの方も多いです。

3)シードパール(芥子真珠)
アンティークジュエリーで見られる極小の真珠のことです。
アンティークジュエリーでは時には1ミリにも満たないようなシードパールをネックレスなどに用いていました。
アンティークジュエリーで使われているシードパールは全て天然真珠になります。
かつて天然真珠は、剥いた貝の身を桶に集めて炎天下に置き、腐敗してどろどろになった頃を見計らって海水で洗い流し、溜まった真珠を取るといったやり方で採集されていました。
そのため大粒の真珠はもとより、小粒のものも確実に集めることができたのです。
そのようにして採取されたシードパールがヨーロッパに渡り、細工を施されてさまざまなシードパールジュエリーが作られました。
シードパールジュエリーは、19世紀のヨーロッパで黄金期を迎えます。
ケシ真珠に穴を明けて細い糸を通し(真珠が小さいだけにきわめて難易度の高い作業です)、マザーオブパールの台座に縫いつけてネックレスにされたり、ゴールドの線を通してペンダントやブローチにされたりしました。
1つのネックレスを作るのに、時には1000粒以上のシードパールが使われれたこともあります。

下記はシードパールがフィリグリー金細工のゴールドの線に通されたブレスレット。
気が遠くなる緻密な作業です。

フィリグリー金細工アンティークチェーンブレスレット(シードパール)

真珠の価値としましては昔の天然真珠であってもこれほど小さな真珠は単体では、それほど大きな価値は持ちません。
しかしたくさんの芥子真珠をあしらったものはやはりとても希少で、また真珠の数が増えれば増えるほど膨大な手作業を要します。
その作品に対して高い価値が認められています。
アンティークのシードパールの中には、淡水真珠でできたものもあります。
もちろんこの時代ですので淡水の天然真珠です。
その場合には、きちんと淡水のシードパールと明記させていただいております。

4)淡水真珠
アンティークジュエリーでも淡水パールを使ったジュエリー(主に1920年代以降のコスチュームジュエリー)は時々見られます。
淡水真珠とは海で採れる真珠ではなく、湖や川で採れる真珠のことです。
天然真珠は人工的ではなく自然に異物が貝に入り込み、そこから時間をかけて真珠層が形成されるため石のほとんどすべてが真珠層でできているのですが、淡水真珠も100パーセント真珠層で作られています。
価格的には海の天然真珠にかないませんが、それでも昔の淡水真珠は真珠層が厚く光沢もよく、現代の淡水真珠と比べ物にならないほど美しいです。
時に海の天然真珠と見分けが困難なほどですが、淡水真珠のほうがフラットな輝きであることが多く、隣において見比べますと分かりやすいです。
コスチュームの淡水真珠のアンティークジュエリーは価値的には真珠そのものにあるというより、その時代を反映したデザインや細工の面白さなどが魅力です。
下記は当店で販売済みの淡水パールのネックレス。
ボリュームのある面白いコスチュームジュエリーでした。

アールデコ淡水パールネックレス(クリスタル、ドレスジュエリー)


5)マザーオブパール。
日本語では真珠母貝で、その名の通り真珠を産み出す貝のことです。
現在真珠の母貝として使用されているものは、白蝶貝・黒蝶貝・茶蝶貝・あこや貝・淡水真珠貝・コンク貝等。
マザーオブパールという名前そのものは、複数の貝を指しますが、アンティークジュエリーで出てくるのはほとんどが白蝶貝のマザーオブパールです。
フランスでも古くから重用されて、扇の骨部分やオペラグラス、ジュエリーケースなどに用いられてきました。

下記は当店で販売済みのフランスベルエポック時代の扇。
扇の骨の部分がマザーオブパールで作られています。

マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット)

しかしマザーオブパールがジュエリーに用いられたのは稀です。
下記は1800年頃と非常に古い時代のマザーオブパールを用いたネックレスです。

アンティークマザーオブパール扇(レース、フランスベルエポック)

6)南洋真珠
オフホワイトやクリーム色以外のブラックパールなどの色の付いた真珠は、1845年頃から出始めます。
この南洋真珠をスターダムに押し上げたのがフランス皇帝ナポレオン3世の妻ウージェニーです。
特に美しい黒色の南洋真珠は、クロチョウガイ(黒蝶真珠)と呼ばれます。
クロチョウガイはアコヤガイ、シロチョウガイと同じウグイスガイ科の二枚貝で、赤道を中心とする南北約30度以内の暖かい地域に生息します。
生息最適水温は24-29度ぐらいで、18度では成長がとまり、11-12度になると死んでしまうデリケートな真珠です。
クロチョウガイには多くの変種があり、その仲間はペルシャ湾、西インド洋、沖縄、ミクロネシア、ポリネシア、カリフォルニア湾へ分布しています。
フランスのアンティークジュエリーで度々目にするのが、フランス領ポリネシア地域のクロチョウガイです。
タヒチを中心にするエリアでもあることからよく「タヒチ真珠」とか「南洋真珠」とも呼ばれることがあります。

下記は当店扱いの黒真珠のペンダントネックレス。
やはりタヒチ地域の真珠です。

黒真珠リボンネックレス(蝶結び、ブラックパール、ダイヤモンド)

現在ではタヒチのクロチョウガイも養殖が多くなっており、他の真珠を染色処理し、黒真珠と呼んでいるものもありますので、注意が必要です。
色真珠の養殖は白色の真珠の養殖よりも更に後年になり、アンティークジュエリーで見られる南洋真珠は取り替えられていない限り天然真珠が使われています。
「ブラックパール」と言っても、黒、緑、グレーを帯びたものなどニュアンスはさまざまです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×