トルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)

王政復古の時代のロマンチックジュエリー イギリスでもフランスでも19世紀の初頭、より具体的には1820-1830年頃は金細工技術が傑出していたというのは共通しています。
フランスで言うと王政復古の時代。
この時代は、ナポレオンがもたらした重々しげな新古典主義が去り、再び貴族的でロマンチックなジュエリーが作られます。
王政復古時代の後半に作られた一部のジュエリーを、「ロマンティックジュエリー」と呼ばれることがあります。
19世紀初頭の装飾様式の変化は特にフランスの場合、めまぐるしく変化します。
1840年代にはこのような軽やかなジュエリーは消えていきますので、非常に短い間だけ見られる装飾様式です。
需要に対して金の供給が逼迫していたため、小さなサイズのジュエリーや、あるいは大きさはあっても金細工の工夫により見かけより軽やかなジュエリーが作られます。
トルコ石で描かれたのは勿忘草(忘れな草) 全体は6個のパーツからなっていますが、これらのパーツがそれぞれクラスターにデザインされています。
モチーフは忘れな草で、花びらはトルコ石。
鮮やかなトルコ石の水色が、18金の明るいゴールドの色に映えます。
そして真ん中の忘れ草の中心にはローズカットダイヤモンドが埋め込まれていて、それ以外の5つの忘れな草の真ん中にはゴールドの小さな突起した粒があしらわれています。
ダイヤモンドはとても小さく、美しいブルーと金の色の中で控えめに反射します。
全体の重量がわずか1ミリで薄い繊細なジュエリーですが、モチーフ一つずつ状態がとても良いです。
トルコ石の一つが少し傷んでいますが、約200年ほど前に作られたこれだけ繊細なジュエリーであることを考えると、奇跡的に良い状態です。
王政復古の時代のフランスのアンティークジュエリー(イギリスで言うところのジョージアンにあたります)は、かつてより日本でもファンの方が増えてきていますが、もともとフランスでもそもそも時代として短いため、非常に数が少ないです。
当店で懇意にしているディーラーさんのお一人がこの時代のジュエリーの権威ということで、これまでかなりの数をご紹介させていただきましたが、前回、前々回あたりからこのディーラーさんのところでも「王政復古時代の良い状態のジュエリー」がまったくと言っていいほどなくなっているのです。
アンティークジュエリーでも特にフランスの19世紀初頭までのジュエリーは、なるべく早めに手に入れられることをお薦めいたします。
1820-1830年頃のフランス。
注:チェーンはついていません。

  • 幅:18mm 
    高さ:26mm 
    重量:1g
  • 販売価格:売り切れました。

トルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)

世界にひとつだけの一点もの

  • 厚みが1.5ミリ弱と薄いですが、高さに強弱あり花びら一枚ずつが立体的です
  • 色彩の美しさと、造形の美しさ。大きさは1.8センチx2.6センチ(バチカン含まず)
  • トルコ石はいずれも台座に埋め込まれるようにセットされていて傷みにくいのです
  • 柔らかな表現力を持つレベルの高い金細工は布の上でも伝わってきますね
  • 石はクローズドセッティング。裏から見ても忘れな草の形なのです
  • トルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)
  • トルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)
  • トルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)
  • トルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)
  • トルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)
  • トルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)
  • トルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)
  • トルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)
  • トルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)

上の写真をクリックするとトルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)の大きな写真が切り替わります。

トルコ石クロスペンダント(ダイヤモンド、 勿忘草、1820-1830年頃フランス)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

花がモチーフのアンティークジュエリー「勿忘草(わすれな草)」

花を主体にしたジュエリーは1820-30年頃から多く作られ始め(それ以前にも見られますが)、19世紀中ごろにその全盛を迎えます。
お花をモチーフにしたジュエリーが当時なぜそれほどまで流行したかというその理由については純粋にそのデザインが可愛かったこと、お花モチーフのジュエリーは身につけやすいジュエリーでもあったこと、またヨーロッパの王室貴族の間でガーデニングが同時期に流行したためと言われています。
この頃にガーデニングに良く使われた花はパンジー、薔薇、フクシア、キク、ダーリア。
これらはつまるところ、アンティークジュエリーの花のモチーフにしばしばされた花です。

フランスでもこの影響を受け、19世紀後半には多くのお花をモチーフにしたジュエリーが作られます。
特にナポレオンの妻、ユージェニーが特に花をモチーフにしたジュエリーを好みました。
どんなお花がモチーフになったかと言いますと、「薔薇(しあわせな愛)」、そして「忘れな草」。
その他、「エーデルワイス」「ハイビスカス」「プルメリア」「パンジー」「オークの葉と実」「マーガレット(忠実な愛)」「プルメリア」「チューリップ」「ダーリア」「百合(花束で表現されることも多いです)」「すずらん」「アイリス」「デイジー(片思いの愛)」等々。
センチメンタルな忘れな草、フラワーバスケット(花籠)のジュエリーなども比較的よく見られます。
イギリスでは、イングランドのバラ、スコットランドのアザミ、アイルランドのシャムロック(クローバー)が度々、ジュエリーのモチーフにされてきました。

ワスレナグサは、イギリスもフランスでも19世紀中期〜後期に度々ジュエリーのモチーフにされてきたお花です。

忘れな草

英語では「Forget me not」。
フランス語でも「Ne m'oubliez pas」と英語とまったく同じ表現をします。
その名の由来を説明する伝説もいくつかあります。
最も有名なのが、ドナウの川辺で若者が恋人のため珍しい花みとったとたんに足をすべらし、川に落ち急流に流され、そのときに「僕のことを忘れないで」と言ったというドイツの伝承です。
残された少女は若者の墓にその花を植え、彼の最期の言葉を花の名にしたと言われています。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×