アンティークフィリグリーネックレス(金細工、ミルグレイン、18金)

久しぶりに入荷できましたフィリグリーのゴールドネックレス! 1880-1900年頃のフランス製。
よくお客様とのやり取りで「どのようにして当店のことを知ってくださったのですか?」とお伺いしますと。
「実はフィリグリーのネックレスを探していて、それで検索していて見つけました」とおっしゃって頂くことがあります。
確かに当店では何度もこのフィリグリーの18金のフランスのゴールドネックレスを扱ってきまして、いつもすぐに売り切れてしまいます。
こうしたフィリグリー細工のチェーンは、イギリスのアンティークジュエリーにはないものです。
フランスアンティークジュエリーの十八番ですので日本では必然的に扱っているところが少なく、お探しの方が多いようです。
当店としましても仕入れますと必ず売れますしあればあるだけ欲しいのですが、昨今はなかなか出てきません。
今回2年ぶりぐらいだと思います。
フィリグリー細工を駆使した、トライアングルのドラップリーのネックレス。
今回も早めに売切れてしまうと思います。
是非お見逃しなくチェックください!
こだわる3つのポイント 当店でこのようなフィリグリーのネックレスを仕入れるときは、3つのこだわりがあります。
1番目。
まず同じ18金ゴールドでも非常に薄いものも多いのですが、ある程度、重量感があるものを選んでいます。
ゴールドの重量、これは金銭的な価値だけではありません。
ある程度しっかりとゴールドが使われたものでないと、造形的な美しさに欠けるからです。
例えば厚み、メインの5つのトライアングルのモチーフもその両端の小さな半円のモチーフも、触れると分かりますが真っ平ではありません。
トライアングルモチーフはゴールドをうねらせて作られており、両方とも外枠のゴールドがかなりしっかりとした作りになっていて、対照的に内側で華奢で繊細な金細工で仕上げています。
ラインも外側の方が厚く、内側が薄め。
これは強度を出すダメにも必要なことですし、良いデザインを作るにはやはり強弱が必要なのです。
アンティークジュエリーでももう少し安価でその代わり薄い(軽い)ゴールドネックレスが売られていることもあるのですが、やはり美しさはだいぶ異なります。
2番目。
細工の美しさ、これは絶対的です。
細工もアンティークだから絶対細かいということでもなく、かなり優劣があります。
例えばこのネックレスは内側のモチーフの線のような細いゴールドの上に、細かく表面にミルグレインが打たれていますが、これは表面にも裏面にも打たれています。
凝っていないものですと表面だけ、それもぎっしり打たれていないものなどもあります。
3番目。
もちろんネックレスとして見たときのデザインの美しさが大事です。
トライアングルモチーフの内側には、流れるようなラインの葉っぱのモチーフになっています。
日本の唐模様にも通じるような、硬いゴールドで描いているとは思えない曲線美。
そしてこのネックレスが素晴らしいと思うのはそこに、ゴールドの捩りを加えているところです。
ルーペで見ないと気づかないかもしれませんが、上部のほうで葉っぱのぐるぐるとしたラインを更に捻っています。
そしてその上面ではなく、両側面の縁にミルグレインが施されています。
これほど細かなフィリグリーを横に捻り、さらにミルも打った作品なんて、初めて見ました。
ネックレスの長さは45.5センチです。
(ネックレスの長さは短くすることは簡単です。
長くすることも違うチェーンを足すことででしたら可能です。
あらかじめご相談ください。)

  • 幅:455mm 
    重量:11g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークフィリグリーネックレス(金細工、ミルグレイン、18金)

世界にひとつだけの一点もの

  • 中心に向かって少し盛り上がってます、その金のなだらかなラインに脱帽です
  • 長さは45.5センチ、ボリュームのあるのでセーターなどの上からでも存在感あり
  • トライアングルのモチーフ部分が合計で12センチ程、その両端が半円のモチーフ
  • 三角の中の上とその次のライン、ゴールドを捩り、側面にミルが入ってます
  • 裏にもぎっしり入ったミルグレイン、拡大してますがゴールドの太さ1ミリ程度です
  • アンティークフィリグリーネックレス(金細工、ミルグレイン、18金)
  • アンティークフィリグリーネックレス(金細工、ミルグレイン、18金)
  • アンティークフィリグリーネックレス(金細工、ミルグレイン、18金)
  • アンティークフィリグリーネックレス(金細工、ミルグレイン、18金)
  • アンティークフィリグリーネックレス(金細工、ミルグレイン、18金)
  • アンティークフィリグリーネックレス(金細工、ミルグレイン、18金)
  • アンティークフィリグリーネックレス(金細工、ミルグレイン、18金)
  • アンティークフィリグリーネックレス(金細工、ミルグレイン、18金)

上の写真をクリックするとアンティークフィリグリーネックレス(金細工、ミルグレイン、18金)の大きな写真が切り替わります。

アンティークフィリグリーネックレス(金細工、ミルグレイン、18金)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーの金細工「フィリグリー」

アンティークジュエリーの大きな醍醐味の一つはやはりその手の込んだ繊細な金細工の数々でしょう。
あまりに緻密な細工であるため、時として肉眼では見切れないほどの細かさです。
肉眼で見切れないほどの金細工を当時、どのようにして職人さんは製作していたのでしょう?
それは手の感覚だったと言います。
熟練した職人さんは最後は手の感覚で、金細工を仕上げていったと言います。
さて金細工といっても色々な種類がありますが、アンティークジュエリーに見られる細工を大まかにご紹介しますと。
まずはフィリグリー(金や銀を糸のように細くして縒って模様をつくる金細工)、レポゼ(打ち出しの技法、金を表面から装飾するのではなく、裏面から打ち出すことで模様を作っていく方法)、カンティーユ技法(細い金線を蝋付けしく技法、線条細工)、グラニュレーション(粒金細工)があります。
今回はフィリグリー細工について、ご説明いたします。

フィリグリー金細工
フィリグリー細工とは、金や銀を糸のように細くして巻きあげ模様をつくる金細工の一技法です。
金属の可鍛性(かたんせい)を利用した加工方法です。
非常に繊細な金細工で、フランスでは19世紀前半から1900年過ぎまでのジュエリーで見ることができます。
製造された年月が長期に及ぶので年代の特定が難しいところですが、下記の「マーユ」と呼ばれる網目にフィリグリー細工を施したネックレスやブレスレットは、1880-1900年頃のフランスで作られました。

フィリグリー細工アンティークチェーンネックレス(ソートワール、ロングネックレス)

まるで糸のように自由自在に美しいラインを描いている、当時の職人さんの技術及び画家のような絵画センスに脱帽してしまいます。
同時代のイギリスなどでは見られず、フランスもしくはイタリアなどでしか作られなかったことからもともとの数も少なく、近年は本当に入手が困難になってきています。

下記はやはりフィリグリー細工のネックレスで、素晴らしいフィリグリー細工に加えて更に金線に芥子真珠がセットされています。
年月とともにこうした芥子真珠は欠けていくことが多いのですが、非常に状態が良く残った希少な例です。

エメラルドとシードパールのアンティークペンダント(オープンワーク、フィリグリー金細工)

下記はペンダントにフィリグリー細工が施された例。
エメラルドとシードパールのアンティークペンダント(オープンワーク、フィリグリー金細工)

かつては何点もご紹介してきたアイテムですが、近年は値段も大高騰しており皆様の需要においつけていないアイテムです。

またフィリグリーはゴールドのイメージが強いかもしれませんが、銀でフィリグリー細工を施したジュエリーもあります。

下記は当店で販売済みの銀のフィリグリー細工のネックレスです。

アンティークフィリグリーネックレス(銀細工、お花)

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×