アンティーク金細工ペンダント(ブルーサファイア、芥子真珠、透かし、線細工)

まるで糸のように細やかな金細工 19世紀後期のフランス製。
トライアングルの下部に3つのフリンジが付いた可愛らしいブルーサファイアのペンダント。
何よりその繊細な金細工が魅力的です。
トライアングルの内側や、フリンジ部分の金細工が「ゴールドの糸」のごとくとても細やかです。
一見柔らかい触感を想像する程なのですが、そこはゴールドなので触れると実際はとてもしっかりとした作りです。
しっかりとした作りでこの繊細さを表現できるというところが素晴らしいです。
こうした繊細な金細工はフランスでも19世紀までのジュエリーにしか見られません。
濃さの違う美しいブルーサファイア 青石は全てブルーサファイアです。
フリンジ部分についている3つのサファイアはちょっと淡い色で、一瞬アクアマリンを思わせますが、こちらも天然のブルーサファイヤ。
天然のサファイアには実にいろいろな色があるのです。
2つの濃淡の異なるブルーサファイアを使うことで、グラデーションのような効果が生まれており、繊細なペンダントに更に繊細な美しさを加えています。
全体はほっそりとした華奢な印象ですが、実は宝石にはかなりボリュームがあります。
中心のスクエアカットされたブルーサファイアは何と直径5ミリ。
サファイアのブルーを更に美しく引き立てているのは、無数に入れられた芥子真珠のおかげです。
何と細い金線に真珠を通しているのです。
気が遠くなりそうな細かい技術ですね。
凝った細工と洗練された繊細さが、19世紀のフランスらしい、フランスアンティークジュエリーの王道を行くペンダントです。
地金は18Kゴールド。
注:チェーンはついておりません。

  • 幅:23mm 
    高さ:46mm 
    重量:3.7g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティーク金細工ペンダント(ブルーサファイア、芥子真珠、透かし、線細工)

世界にひとつだけの一点もの

  • トライアングルは2.3センチ程。三隅には金で木の葉のモチーフを入れてます
  • 下部のフリンジがふんわりと首にフィット。真珠の白色も肌なじみが良いです
  • ゴールドの線に一粒ずつ通した真珠が圧巻です
  • 天然無加工の美しいサファイア。丁寧に覆輪留め、縁にはミルが打たれてます
  • 上部のサファイアよりちょっと薄めのアクアマリンのような色の美しいサファイア
  • アンティーク金細工ペンダント(ブルーサファイア、芥子真珠、透かし、線細工)
  • アンティーク金細工ペンダント(ブルーサファイア、芥子真珠、透かし、線細工)
  • アンティーク金細工ペンダント(ブルーサファイア、芥子真珠、透かし、線細工)
  • アンティーク金細工ペンダント(ブルーサファイア、芥子真珠、透かし、線細工)
  • アンティーク金細工ペンダント(ブルーサファイア、芥子真珠、透かし、線細工)
  • アンティーク金細工ペンダント(ブルーサファイア、芥子真珠、透かし、線細工)
  • アンティーク金細工ペンダント(ブルーサファイア、芥子真珠、透かし、線細工)
  • アンティーク金細工ペンダント(ブルーサファイア、芥子真珠、透かし、線細工)

上の写真をクリックするとアンティーク金細工ペンダント(ブルーサファイア、芥子真珠、透かし、線細工)の大きな写真が切り替わります。

アンティーク金細工ペンダント(ブルーサファイア、芥子真珠、透かし、線細工)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーの金細工「フィリグリー」

アンティークジュエリーの大きな醍醐味の一つはやはりその手の込んだ繊細な金細工の数々でしょう。
あまりに緻密な細工であるため、時として肉眼では見切れないほどの細かさです。
肉眼で見切れないほどの金細工を当時、どのようにして職人さんは製作していたのでしょう?
それは手の感覚だったと言います。
熟練した職人さんは最後は手の感覚で、金細工を仕上げていったと言います。
さて金細工といっても色々な種類がありますが、アンティークジュエリーに見られる細工を大まかにご紹介しますと。
まずはフィリグリー(金や銀を糸のように細くして縒って模様をつくる金細工)、レポゼ(打ち出しの技法、金を表面から装飾するのではなく、裏面から打ち出すことで模様を作っていく方法)、カンティーユ技法(細い金線を蝋付けしく技法、線条細工)、グラニュレーション(粒金細工)があります。
今回はフィリグリー細工について、ご説明いたします。

フィリグリー金細工
フィリグリー細工とは、金や銀を糸のように細くして巻きあげ模様をつくる金細工の一技法です。
金属の可鍛性(かたんせい)を利用した加工方法です。
非常に繊細な金細工で、フランスでは19世紀前半から1900年過ぎまでのジュエリーで見ることができます。
製造された年月が長期に及ぶので年代の特定が難しいところですが、下記の「マーユ」と呼ばれる網目にフィリグリー細工を施したネックレスやブレスレットは、1880-1900年頃のフランスで作られました。

フィリグリー細工アンティークチェーンネックレス(ソートワール、ロングネックレス)

まるで糸のように自由自在に美しいラインを描いている、当時の職人さんの技術及び画家のような絵画センスに脱帽してしまいます。
同時代のイギリスなどでは見られず、フランスもしくはイタリアなどでしか作られなかったことからもともとの数も少なく、近年は本当に入手が困難になってきています。

下記はやはりフィリグリー細工のネックレスで、素晴らしいフィリグリー細工に加えて更に金線に芥子真珠がセットされています。
年月とともにこうした芥子真珠は欠けていくことが多いのですが、非常に状態が良く残った希少な例です。

エメラルドとシードパールのアンティークペンダント(オープンワーク、フィリグリー金細工)

下記はペンダントにフィリグリー細工が施された例。
エメラルドとシードパールのアンティークペンダント(オープンワーク、フィリグリー金細工)

かつては何点もご紹介してきたアイテムですが、近年は値段も大高騰しており皆様の需要においつけていないアイテムです。

またフィリグリーはゴールドのイメージが強いかもしれませんが、銀でフィリグリー細工を施したジュエリーもあります。

下記は当店で販売済みの銀のフィリグリー細工のネックレスです。

アンティークフィリグリーネックレス(銀細工、お花)

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×