天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)

最大級の天然真珠、そのいびつな形もまた芸術です 美しい天然真珠のアンティークジュエリーの中でも、これだけ印象的な作品は珍しいです。
自然のいびつな形のアンティーク天然真珠。
天然真珠の場合、直径5ミリを超えるものは相当大きな石になりますが、この指輪の真ん中の天然真珠は何と6ミリx7ミリ。
まさに天然真珠としては最大級の大きさになります。
この大きさになると真円であることはむしろ珍しく、このように多少いびつな形になります。

特に中心の天然真珠はよく見るとそれなりにいびつなのですが、セッティングの妙で真正面から見るとほぼ真円に見えます。
光の反射等を考慮した、セッティングの妙です。
アンティークの天然真珠を使ったジュエリー、特に指輪ではこのようなことがよく見られます。
一つずつ異なる天然の真珠の良さが存分に活かされているのです。

当時の職人の技術と美意識の両面でのレベルの高さが分りますね。
裏面、天然真珠の高度なセッティング、ダイヤモンド1石ずつ綺麗に開けられた窓を見ますと、いかにレベルの高い仕事がされているか一目瞭然です。
ゴールドの針で真珠を後ろから刺すのはこの時代よく見られるセッティング方法です。
「突き刺しているだけでは、取れるのでは?」とご心配される方もいらっしゃいますが、それぞれの真珠の形にあわせた台座で真珠全体をすっぽり覆っていますので(フクリン留めをイメージしてもらうと分りやすいでしょう)、非常に安定感があります。
脇石と思えないレベルのクッションシェイプダイヤモンド 周囲を加工12粒の大きなダイヤモンドはクッションシェイプダイヤモンド(オールドマインカットダイヤモンド)になります。
まるで「座布団」のような形で、長いアンティークの歴史の中でも限られた時代にしか見えない希少なカッティングです。
フランスでは特に19世紀後期から1930年代までのハイクラスのダイヤモンドジュエリーの一部に見ることが出来ます。
クラウンに厚みがあるために、光を当てた時にダイナミックなシンチレーションを楽しむことが出来ます。
脇石のダイヤモンドを、しかもこの数だじけ、オールドマインカットにしてるのは、珍しいケースです。
(基本的にこの時代、良質なメイン石になりそうなダイヤモンドのみをオールドマインカットにすることが多かったからです)。
実際にいずれのダイヤモンドも直径3ミリ以上と大粒で、通常であれば1石だけでメイン石を飾れるダイヤモンドです。

この真珠指輪のように、大きめの真珠とダイヤを組み合わせたジュエリーは、1900年頃のヨーロッパで最も愛された高貴なジュエリーでした。
色味を抑えた白く透明な指輪は、白いドレスや正装にもぴったりで、ブライダルジュエリーにもなります。
高級アンティークジュエリーのカタログに出てきそうな、永遠に受け継がれるべきダイヤモンドと天然真珠の指輪。
1900年頃のフランス製。
18金ゴールド。

フランスの18金の刻印あり(7番目のお写真をご参照ください)。
注:一番上の真珠を上からみると糸穴が開いているのが見えると思います。
これはもちろん後生になって下手なお直しをしたのではありません。
当時、真珠は最も高価な宝石であったため、それ以前の真珠ジュエリーを作り直して、新しいジュエリーを作っていたのです。
それだけ当時、天然真珠は貴重なものであったことが分かります。
そして天然真珠に開けられ穴はかなり小さめであること、また100年以上を経ても穴から一切退色が始まっていないことも分かる好例です。
指輪サイズは12号(サイズ直しは有料で可能)。

  • 幅:12mm 
    高さ:23mm 
    重量:7.1g
  • 販売価格:626,400円 438,480円(送料について)

天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)

世界にひとつだけの一点もの

  • 厚みのあるぷっくりとした天然真珠。見飽きることのない自然の産物です
  • ダイヤモンドも真珠も「白い宝石」。グレードの高い高貴な印象を与えます
  • 外周の大粒のダイヤモンドだけでなく、その内側や真珠の間に更にダイヤモンド!
  • 横から見ると正面よりいびつに見えるのが面白いです
  • 特定の角度からでないと見えませんが、上下の真珠に小さな糸穴が開いてます
  • 天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)
  • 天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)
  • 天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)
  • 天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)
  • 天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)
  • 天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)
  • 天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)
  • 天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)
  • 天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)
  • 天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)

上の写真をクリックすると天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)の大きな写真が切り替わります。

天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)

[通販価格:税込] 626,400円438,480円(送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

「ダイヤモンドと天然真珠」の組み合わせのアンティークジュエリー

真珠とダイヤモンドの組み合わせのジュエリーはヨーロッパでは古くから存在し常に女性の心を魅了してきました。
フランスアンティークジュエリーでは特に、1900年前後に製作されたアンティークジュエリー(19世紀後期から1920年頃までのジュエリー)に、「ダイヤモンドx天然真珠」のハイレベルのジュエリーを見ることができます。
この時代は、天然真珠がダイヤモンドよりも人気が高く高価でした。

下記は当店で販売済みのアンティーククロスオーバーリング(ダイヤモンドと天然真珠のトワエモワ)、1900年頃に製作されています。
アンティーククロスオーバーリング(ダイヤモンドと天然真珠のトワエモワ)

清楚な「ダイヤモンドx天然真珠のジュエリー」はこの時代に最も愛された宝石の組み合わせで、供給面でもそれが可能な時代でした。
この時代は宝飾史上でもほぼ唯一、「最高品質のダイヤモンドと最高品質の天然真珠」が共存した時代です。

天然真珠とダイヤモンドの両方が上質なものを使えた時代というのは、長い宝飾史の中でも他に存在しません。
真珠は概して、古い時代のほうが良いものが存在した宝石です。
古ければ古いほど・・・と言ってしまうと極端ですが、例えばフランスのアンティークジュエリーで良質な天然真珠がセットされたジュエリーが見られるのは主に19世紀初頭から1930年代までです。
養殖真珠が市場に一般的に流通しはじめる1920-30年以降は、天然真珠は段々に少なくなってしまうのです。

一方ダイヤモンドはアンティークジュエリー史上、古くから重用されてきた宝石ですが、新大陸(南アフリカ)の鉱山が発見されるのは1860年代になってからです。
19世紀後期になるとこの新鉱山の発見を受けて、ダイヤモンドの流通量はそれ以前に比べて格段に増えます。
19世紀後期-20世紀初頭は「ダイヤモンドと真珠」と言うアンティークジュエリーで最も愛された2つの宝石が共に豊かに使えた、宝石史上、稀に見る貴重な時代だったのです。

1900年前後の「ダイヤモンドx天然真珠ジュエリー」のセッティングには、イエローゴールドをベースにダイヤモンドの周りのみプラチナあるいはホワイトゴールドが使われているケースが多いです。
フランスでは、ホワイトゴールドは1870年頃から一般的に使用されています。
銀を使うケースは皆無ではありませんが、19世紀が終わりに近づいていくにつれて少なくなってきます。
またプラチナは20世紀に入ると実用化が進んできます(プラチナの素材そのものは19世紀中に見つかっておりごく一部のジュエリーで既に実験的に使われていますが一般的に実用化が進むのは20世紀に入ってから、全体がプラチナで出来たジュエリーは一般的には1920年代からです)。
カルティエなどとりわけプラチナを好んだメゾンの作品には(カルティエはこの時代、他メーカーより10年ほど時代を先取りする傾向があったというのは有名な話です)、20世紀に入ってすぐの作品でもプラチナを全体に用いたジュエリーが作られ始めます。

下記は1908年にカルティエの製作した「ココシュニックティアラ(ロシア風ティアラ)」 。
それは美しい、天然真珠とオールドカットダイヤモンドのティアラです。

カルティエティアラ

ダイヤモンドのカッティングもちょうど過渡期にあたるため、この時代のダイヤモンドにはローズカット及びオールドカットダイヤモンド、両方がありえます。
20世紀に入り年月が経ていきますと、脇石以外ではローズカットダイヤモンドはあまり見られなくなっていきます。
この時代はジュエリー製作は数年に渡り、カッティングは19世紀中に行われているケースもありましたので、ピッタリ何年からとは言い切れないところですが、大きなジュエリーの流れ(トレンド)としては上記のようになります。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×