アンティークリモージュボックス(花柄、1920-1940s)

愛らしい楕円形のアンティークリモージュボックス。
1920-40年頃のもの。
花柄とピンクの縁取りが、典型的なアンティークリモージュの可愛らしさを出しています。
内面底部のも花の絵が描かれています。
留め具もしっかりとまり、一切ひびやカケがない美しいアンティークリモージュボックスです。

  • 幅:35mm 
    高さ:12mm 
    重量:20g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークリモージュボックス(花柄、1920-1940s)

世界にひとつだけの一点もの

  • アンティークリモージュボックス(花柄、1920-1940s)
  • アンティークリモージュボックス(花柄、1920-1940s)
  • アンティークリモージュボックス(花柄、1920-1940s)
  • アンティークリモージュボックス(花柄、1920-1940s)

上の写真をクリックするとアンティークリモージュボックス(花柄、1920-1940s)の大きな写真が切り替わります。

アンティークリモージュボックス(花柄、1920-1940s)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークのリモージュ焼き

リモージュ焼きとは、パリから南南西に260キロ、ヴィエンヌ川のたもとに広がる古いフランスの街リモージュで生み出される陶器のことを指します。
この地は古くからフランス王室御用達の陶磁器製造を担ってきました。
美しく白いリモージュ焼きは、窯焚と施釉を何度も繰り返すことで生み出されます。
全工程すべて手作業で行われ、1400度という高温で焼かれます。
リモージュ地方の上質のカオリン(白磁)が惜しみなく使われたリモージュ焼きはフランスの歴史を華やかに彩ってきた非常に歴史のある陶器です。
リモージュ陶器の中で特にコレクターに人気なのが、リモージュボックスです。
リモージュボックスは、1つ1つのデザインが限定数しか作られません。
またリモージュ市はカオリンが発見される18世紀半ば以前から、エマイユ(七宝焼き)や、ステンドグラスの制作でも有名でした。
リモージュボックスの手描きにはこのエマイユの技術が、留め金加工にはアンティークステンドグラスの溶接技術が生かされているそうです。
リモージュボックスを愛した最初のセレブは、おそらくマリーアントワネットです。
婚礼の時に、50個以上のリモージュの嗅ぎたばこボックスを持参しています。
その他、ナポレオンの妻の皇后ジョセフィーヌ、ポンパドール夫人といった歴史的なセレブがリモージュボックスを愛用してきました。
手描きと窯焚を、何度となく繰り返す本物のリモージュボックスには、ボックスの底面か、ふたの裏側に「Limoges France」、または手描きのという意味の「Peint Main」「Peint a la main」「Fabrique et peint a la main」というリモージュ署名が入っています。
偽物には、上述のようなリモージュ署名は入っていません。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×