アンティークダイヤモンドのカット「クッションシェイプ(オールドマインカット)」とは

アンティークダイヤモンドには、現代のブリリアンカットとは異なるアンティークジュエリー特有のダイヤモンドのカッティングがいくつか見られます。
その中の一つがクッションシェイプカット(クッションカット)です。
なぜ「クッション」と言うかというと、まるでクッションのような形だからです。

ラウンド・ブリリアンカット(円形)のオールドヨーロピアンカットとは異なるオールドカットの中で、ガードルのアウトラインが丸と四角が混ざったようなシェイプのカットと言います。
「クッションシェープド・ブリリアント」とか「アンティーククッションカット」とも呼ばれます。
日本では「オールドマインカット」と呼ぶ業者さんの方が多いかもしれません。

クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)

円形とスクエアの混ざったような形のダイヤモンドカットです。
このクッションシェイプカット(オールドマインカット)のダイヤモンドは、クラウンに厚みがあるのが特徴です。

クッションシェイプダイヤモンドのアンティークピアス(大粒、お花)

厚みがあるゆえに、光を当てた時にダイナミックなシンチレーションを楽しむことが出来ます。

またクッションシェイプダイヤモンドの真ん中は、まるで穴が開いているように見えると思いますが、これはクッションシェイプカットがキューレットの先端をカットしているからです。

ビジュードプロヴァンス アルルの指輪(オールドマインカット クッショシェイプダイヤモンド)

まるで「座布団」のような形で、長いアンティークの歴史の中でも限られた時代にしか見えない希少なカッティングです。
フランスでは特に19世紀後期から1930年代までのダイヤモンドジュエリーの一部に見ることが出来ます。
クッションシェイプのダイヤモンドには質で厚みのある石が使われたことが多く、美しいダイヤモンドジュエリーが多いです。

関連商品

アンティークジュエリー[Antique Jewelry]

アンティークジュエリー、アクセサリー、ケース、バッグなど

アンティーク指輪・リングring
20世紀初頭のフランスで作られたハイセンスなダイヤ、サファイア、ルビー、プラチナなどの指輪の販売ページ
アンティークネックレスnecklace
1900年前後に流行したロケットペンダントやロングネックレス、アンティークチェーンなどの販売ページ
アンティークピアス・イヤリングpierce
真珠や珊瑚、ゴールド、ダイヤ、サファイア、サフィレットなどのピアス・イヤリングの販売ページ
アンティークブレスレットbracelet
ガーネットやサファイアを多数あしらった天然石のブレスレット、精巧な縒り細工でできたゴールドブレスレット等の販売ページ
アンティークブローチbrooch
ベークライトやジェット、ダイヤ、ルビーなどの宝石をあしらった豪華なブローチの販売ページ
アンティーク高級ジュエリーhigh_jewelry
1900年前後の再現不可能なダイヤモンドジュエリーやゴージャスなラグジュアリーブレスレットなどの販売ページ
アンティークアクセサリー他accessories
アンティークバッグ、ケース、扇、ハンドメイドのバッグやポーチなどのアクセサリー販売ページ
アンティーク完売人気商品popular
アンティークバッグ、ケース、扇、ハンドメイドのバッグやポーチなどのアクセサリー販売ページ

アンティークジュエリーニュースAntique Jewelry News

2018-01-01
謹賀新年2018 明けましておめでとうございます。
2018年が皆様にとって素晴らしい年になりますように。

今年また素敵なジュエリーをハンティングし、皆様にご紹介できるよう頑張ります!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2017-12-30
年末年始の営業のお知らせ 今年は早めに冬期休暇を頂戴いたしましたので、年末年始は当店は絶賛営業しております!
お問い合わせ等お気軽にいただけましたら幸いです。