--- アンティーク・エピソード ---アンティークダイヤモンドのカット「クッションシェイプ(オールドマインカット)」とは

アンティークダイヤモンドには、現代のブリリアンカットとは異なるアンティークジュエリー特有のダイヤモンドのカッティングがいくつか見られます。
その中の一つがクッションシェイプカット(クッションカット)です。
なぜ「クッション」と言うかというと、まるでクッションのような形だからです。

ラウンド・ブリリアンカット(円形)のオールドヨーロピアンカットとは異なるオールドカットの一つで、ガードルのアウトラインが丸と四角が混ざったようなシェイプのカットと言います。
「クッションシェープド・ブリリアント」とか「アンティーククッションカット」「オールドマインカット」とも呼ばれます。
日本では「オールドマインカット」と呼ぶ業者さんの方が多いかもしれません。

クッションシェイプダイヤモンドピアス(イエローゴールド、1900年頃)

円形とスクエアの混ざったような形のダイヤモンドカットです。
このクッションシェイプカット(オールドマインカット)のダイヤモンドは、クラウンに厚みがあるのが特徴です。

クッションシェイプダイヤモンドのアンティークピアス(大粒、お花)

厚みがあるゆえに、光を当てた時にダイナミックなシンチレーションを楽しむことが出来ます。

またクッションシェイプダイヤモンドの真ん中は、まるで穴が開いているように見えると思いますが、これはクッションシェイプカットがキューレットの先端をカットしているからです。

ビジュードプロヴァンス アルルの指輪(オールドマインカット クッショシェイプダイヤモンド)

まるで「座布団」のような形で、長いアンティークの歴史の中でも限られた時代にしか見えない希少なカッティングです。
フランスでは特に19世紀後期から1930年代までのダイヤモンドジュエリーの一部に見ることが出来ます。
クッションシェイプのダイヤモンドには質で厚みのある石が使われたことが多く、美しいダイヤモンドジュエリーが多いです。

関連商品

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.