--- アンティーク・エピソード ---アールヌーボー(アールヌーヴォー)ゴールドネックレス 金細工、モチーフ、宝石

フランスのアンティークジュエリーで誰もが思い浮かべる作品に、アールヌーボー期の金細工のネックレスがあります。
年代としては1890-1900年頃に製作されて、ゴールドはイエローゴールドのみ(部分的にグリーンゴールドと呼ばれる少し黄緑帯びたイエローゴールドを取り入れることはございます)、カラットは必ず18金です。

人気の理由は何より美しい金細工、そして他の国のアンティークジュエリーではあまり似たようなテイストのものがないといったことも関係しているかもしれません。
確かにフランス以外の国では見つけにくいアンティークジュエリーの一つです。
こうしたアールヌーボーのゴールドネックレスは共通していることも多いですが、様々なバリエーションがあります。

まず用いられている金細工。
多く見られるのは金彫り。
ゴールドをくりぬいたり彫ることで、モチーフを作り出していきます。

アンティーク薔薇の花のネックレス(アールヌーヴォー、金彫り)

対称的なのがレポゼ。
ゴールドを裏から打ち出すことでレリーフを作り上げていきます。

アンティーク薔薇のドラップリーネックレス(レポゼ金細工 18金ゴールド)

どちらが良いかは好みになります。
概してレポゼ細工で作られたゴールドネックレスは軽量のことが多いです。
「軽量=低品質、安価」というわけではなく、どこまでの技量で作りこまれているかがポイントになります。
例えばエレガントな薄手のブラウスなどに合わせるときは、レポゼのネックレスのが程よい華奢さで綺麗に見えますし、アウターの上などにざっくり実につけられたいときは金彫りの少し重量感のあるネックレスが向いています。

モチーフも様々ですが「花」、あるいは「葉」がモチーフにされていることがほとんどです。
一番よく見られるのは薔薇。

アンティーク薔薇のネックレス(アールヌーヴォー、金細工、ハンドメイド

デイジー(西洋菊)も比較的よく見られます。

ヒナギクのネックレス(デイジー、バロック真珠、アールヌーボー)

下記はちょっと珍しい金蓮花(キンレンカ)をモチーフにしたものです。

アールヌーボーゴールドネックレス 金蓮花キンレンカ(カプシーヌ)

変わったモチーフとしては、「栗」をイメージしたネックレスを扱ったことがございます。

アールヌーヴォーゴールドネックレス(栗モチーフ、天然真珠)

宝石に関しましては、一番多いのはイエローゴールドの造作のみで作られたネックレスです。
しかし真珠がところどころに用いられたアールヌーボーのゴールドネックレスは比較的よく見られます。

薔薇ネックレス(18Kゴールド)

珍しいものではカボションカットされたオパールがところどころに入ったもの。

アンティークオパールネックレス(デイジー、アールヌーヴォー、彫金細工)

やはりカボションカットされたルビーが入ったネックレス。

アールヌーボーゴールドネックレス(カボションカットルビー、バラ)

いずれの色石もカボションカットされてオーバルなパレット状にされているところが共通しています。

関連商品

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.