アンティーク天然真珠リング(ダイヤモンド、3連リング、王政復古時代)

見たこともないぐらい美しい色の天然真珠 1820-30年代、フランス王政復古の時代の天然真珠とダイヤモンドの指輪。
何よりも、仄かに白く輝く美しい大粒の天然真珠に目を奪われます。
昔の天然真珠とはいえ、艶、色、状態共に完璧な、これほど美しい天然真珠は、ほぼ皆無です。
まさに「百聞は一見にしかず」、言葉で表現するより写真を見ていただいたほうがその魅力が伝わるかもしれません。
しかもこの指輪、19世紀前半と非常に古いのです。
現在の真珠とは異なりいかに良質な天然真珠が、200年近い年月を経ても退色せずに美しいかの見本というべき天然真珠です。
真ん中の大きな3つに真珠は直径4ミリ強。
3つ並んでいることでなおさらその魅力が倍増し、心が洗われるような自然な真珠の色から目が離せなくなります。
王政復古時代らしいロワイヤルデザイン 1820-30年代の王政復古時代のジュエリーは、18世紀の宮廷文化が短命ながら復活し、上品なロワイヤルデザインの宝飾品が見られる時代です。
中心の3つの大粒真珠、その左右にそれぞれ3つずつ良質なローズカットダイヤモンド。
その外側にさらに左右3つずつ真珠が埋めこまれ、フレームが3連になった、「3」の規則性が活きたキッチリとしたデザインです。
現在では「ロワイヤルスタイル」というと甘くて幼稚なイメージもお持ちの方がいるかもしれませんが、本当の18-19世紀のフランスのロワイヤルスタイルはデザインはエレガントではありますが甘すぎず、このようにきりっとした美しさがあるものです。
地金は18Kゴールドで、ピンクを帯びたイエローゴールドです。
指輪サイズは13.5号(サイズ直しは有料で可)。

  • 幅:20mm 
    高さ:13mm 
    重量:3.8g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティーク天然真珠リング(ダイヤモンド、3連リング、王政復古時代)

世界にひとつだけの一点もの

  • 乳白色なのに移りこみが見えそうなほど、艶と透明感のある、圧巻の天然真珠
  • 1.7センチx1.2センチとモチーフが広範囲に広がっており正面から見ると全面真珠
  • 真珠は厚みがあり、形もほぼ球体。球体の天然真珠としてはマックスの大きさ
  • ダイヤモンドの台座はさりげなく花形に。サイドの真珠まで良質な物を使ってます
  • フレームは3連に分かれており、後ろで一体化しています
  • アンティーク天然真珠リング(ダイヤモンド、3連リング、王政復古時代)
  • アンティーク天然真珠リング(ダイヤモンド、3連リング、王政復古時代)
  • アンティーク天然真珠リング(ダイヤモンド、3連リング、王政復古時代)
  • アンティーク天然真珠リング(ダイヤモンド、3連リング、王政復古時代)
  • アンティーク天然真珠リング(ダイヤモンド、3連リング、王政復古時代)
  • アンティーク天然真珠リング(ダイヤモンド、3連リング、王政復古時代)

上の写真をクリックするとアンティーク天然真珠リング(ダイヤモンド、3連リング、王政復古時代)の大きな写真が切り替わります。

アンティーク天然真珠リング(ダイヤモンド、3連リング、王政復古時代)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

良い天然真珠の条件とは

真珠は数千年前から、ありとあらゆる権力者に愛されてきた宝石です。
東西を問わず真珠は富と権力の象徴であり、王族、貴族、宗教者、マハラジャ等々に愛されてきた宝石です。
貝の体内から美しい真珠が生まれ出る神秘は世界各地でさまざまな成因伝承を生みだしました。
そしてそしてその想いの深さを証明するように、人々は真珠を多くのロマンティックな言葉で形容詞しました。
代表的なものに「月の雫(しずく)」という表現があります。
古代ローマの博物誌には「月夜に、海面に浮かび上がった貝がひらき天から舞い降りた霧を吸い込んで育てたのが真珠」という幻想的な解説が残されているそうです。
その他にも 天然では産出が稀な真珠は、「天の露」、「人魚の涙」、「小さな月」などと比ゆされます。
下記は当店扱いのバイカラーの天然真珠の指輪。
自然しか生み出せない繊細な色合いを見ることができます。

アールデコ2色の天然真珠指輪(オフホワイトとシャンパン、ダイヤモンド、18金ゴールド) いわゆるダイヤモンドの4Cにあたる、真珠の評価基準は「巻き」「照り(光沢)」「形」「大きさ」「色」「キズ」の6つです。
このうち特に分かりにくいのは「巻き」と「照り」でしょうか。
巻きとは、真珠の芯となる核を取り巻く真珠層の巻きつきのことです。
薄巻きのものには真珠本来の美しさがなく、厚巻きのものほど価値があるとされています。
照り〈光沢)」の良い真珠ほど珍重されてきました。
小粒な真珠の場合難しいですが、良い真珠には自分の顔が映るかどうかを見てみるのも良い方法と言われています。
また「形」についてはもちろん真円に近いものほど評価が高いすが、天然の真珠の場合ある程度の大きさになれば、多かれ少なかれいびつになるのがむしろ普通です。
下記は当店扱いの天然真珠の指輪。
かなり大粒な真珠になりますとこのように少し歪になることが多いです。

天然真珠アンティーク指輪(ハイジュエリー、オールドカットダイヤモンド、1900年頃)

真珠のクオリティーをあらわす言葉に、イリデッセンスがあります。
イリデッセンスとは英語で「虹色」という意味になります。
「干渉色」とも呼ばれ、真珠の表面に見られる光の波が重なって起こる虹色のことを指します。
もちろん照りの良い上質な真珠にしか見られないものです。
これは光の干渉によって起こります。
私たちが見ることのできる光にはすべて波があり、波なので上がって山となり、次に下って谷となります。
光によってこの周期(波長)は異なりますが、山と山、あるいは、谷と谷が一致するように2つの波が重なり合うと、山の高さが2倍、あるいは、谷の深さが2倍の波になります。
こうして波が重なり合って、強め合ったり、弱め合ったりする現象を干渉と言い、イリデッセンスの原因となります。 名称はギリシャ神話の虹の女神 Iris に因んでいます。

良い天然真珠の条件について、1750年の文献に既に下記のような記載があります。
「those of the finest shape are perfectly round, which fits them for necklace, bracelets, jewels for the hair・・・」
最も良い形は、完全な真円でこうした形の真珠はネックレスやブレスレットに向く。
「their complexion must be milk white, not of a dead and lifeless, but of a clear and lively hue, free from stains・・・」。
もっとも良い色はミルクホワイト、まず死んだような色をしていないこと、明るく活き活きとした色合いで、汚れがないこと。

下記は1880年頃に、ロンドンのジュエラーによって西オーストラリアの沿岸に派遣された真珠のスクーナー船で、作業員が貝をチェックしている様子が描かれています。

天然真珠


ところで真珠は他の宝石と比べてデリケートな印象があるかと思います。
真珠は生き物が「生きる活動をしている時に作られた」という点が、他のダイヤモンドなどの宝石と大きく異なる点です。
真珠層の厚い昔の天然真珠は、現代の養殖真珠と異なり、簡単には退色は起きません。
しばらく身に着けていないうちに変色していた、というようなことはまずありません。
しかしながらやはりその保管場所は、以下のようなことに気をつけた方がよいです。
湿気や油分のない場所であること。
湿度が一定に保たれていること(湿度が高すぎたり、また変化が激しかったり、特に乾燥のひどいところでの保管は要注意です)。
暗所で密封されていること(照明の燦々とあたるところなどはNGです)。

お手入れですが、装着後必ずクロスで拭いてからしまう、ということがとても大切です。
気をつけるべきは、汗、皮膚分泌物、化粧品等々です。
ジュエリーとして着けている以上、汗などはどうしても付きますので乾いたクロスでさっと拭く習慣をつけることがとても大切です。
また避けるべきこととして、これは他のアンティークジュエリーに関しても言えることですが下記のことが挙げられます。
極端な乾燥や湿気を避けること。
そして光や熱に長時間さらされることを避けることです。
よく宝飾店のショーケースなどに水の入った小さなビーカーのようなものが入っているかと思いますが、これは乾燥を防ぐためなのです。
また真珠は硬度が低い宝石ですので、貴金属、宝石などの硬いものとぶつからないように、同じジュエリーケースに入れない、入れるならクロスに包んで入れるといった注意が必要です。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×