オニキスと珊瑚のアンティークピアス(アールデコ、1920年フランス)

カタログにでてきそうな顕著なアールデコ様式 1920年代のフランス製。
アールデコの時代に作られたジュエリーも、これほど顕著にアールデコ様式を反映しているものは、少ないです。
まさにアンティークジュエリーのカタログにでてきそうな、幾何学モチーフ。
黒い輪は、当時重用されることの多かったオニキス。
中心に丸い珊瑚があしらわれています。
大きめのモチーフに対して、留め具とモチーフをつなげる部分がとても細いところも特徴的。
細いストレートの線のようなつなぎには、珊瑚とパールが交互にあしらわれていて、色の遊びがとても素敵です。
カルティエもヴァンクリーフアーペルも好んだ組み合わせ 「オニキスx珊瑚」という組み合わせは1920-30年頃のカルティエやヴァンクリーフアーぺルの作品にもよく見られます。
これは対称的で鮮やかな色の組み合わせが好まれた、アールデコ期独特のものです。
絵画もそうですが黒の額縁は、ジュエリー全体を美しく引き締めます。
一見シンプルに見えるアールデコのジュエリーですが、こうしたシンプルなデザインと対比する色使いほど、絶妙なセンスと技が求められるます。
地金はシルバー。

  • 幅:24mm 
    高さ:65mm 
    重量:14g
  • 販売価格:売り切れました。

オニキスと珊瑚のアンティークピアス(アールデコ、1920年フランス)

  • 息をのむ凛としたシルエットは、色の対比と絶妙なオニキスのカットのため
  • 長さ6.5センチの縦長デザイン。顔周りの黒が輪郭を引き締めます
  • 5ミリ近くの厚みがあるオニキス。このような完全な円形は難しいカットです
  • アールデコのジュエリーは裏面もデザイン的で美的です
  • 留め具部分もきっちりとしていてオニキスの重みに耐える安心した作りです
  • オニキスと珊瑚のアンティークピアス(アールデコ、1920年フランス)
  • オニキスと珊瑚のアンティークピアス(アールデコ、1920年フランス)
  • オニキスと珊瑚のアンティークピアス(アールデコ、1920年フランス)
  • オニキスと珊瑚のアンティークピアス(アールデコ、1920年フランス)
  • オニキスと珊瑚のアンティークピアス(アールデコ、1920年フランス)
  • オニキスと珊瑚のアンティークピアス(アールデコ、1920年フランス)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

オニキスと珊瑚のアンティークピアス(アールデコ、1920年フランス)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

オニキス(オニックス)のアンティークジュエリー

オニキスは、水晶と同成分の瑪瑙(めのう)の一種で、ブラックオニキスはその名の通り黒いオニキスです。
オニックス(ギリシャ語で人の爪)とも呼ばれ、アンティークジュエリーにおいても古代から「魔除けの石」として大事にされてきた宝石です。
古くから司教のロザリオ、またモーニングジュエリー(喪のジュエリー)などに使われてきました。
感情が乱れやすいときや意志の弱いときに身につけると、気持を鎮め理性的な感情になれる、「理性の石」である信じられています。

石としての美しささが改めて評価され、ハイジュエリーが生み出さるようになるのは、アールデコ時代です。
アールデコジュエリーが作られた1920年代はまさにフランス宝飾界のゴールデンエンジ。
類稀な「才能、嗜好のよさ、お金」がパリに集結。
ジュエラーたちは新たな創造、インスピレーションを、モダン社会に世界に求めました。
中でも偏狂とも言えるほどのオリエント(東洋)へ熱狂し、宝石の選別と装飾様式に顕著に現れていきます。
東洋への憧れの中で一躍注目を集めたのが、エナメル技法、マザーオブパール、珊瑚、オニキス、翡翠。
そして特に「これらの宝石を組み合わせること」でよりエギゾティックでオリジナルな効果が生まれました。
1920年前後は一流ジュエラーがオニキスを好んでそのジュエリーに取り入れました。
ブラックオニキスはアールデコ期に、間違いなくもっとも愛された宝石のひとつです。

ジュエリーは黒や黒の背景があると映えるため、ブラックオニキスはルビーなどの指輪と一緒に使われました。
オニキスがなぜ当時の一流ジュエラーに重用されたかというと、以下のような理由です。
1)真っ黒なブラックオニキスが、特にこの時代愛されていたダイヤモンと真珠といった宝石を美しく際出せること。
2)宝石全体の輪郭をはっきりさせ、1920年代に代表されるモダンデザインを作り上げるのにぴったりであったこと。
3)黒いキャンバスのように背景に使うことで、宝石全体に影のように立体感を生むこと。
カルティエやヴァンクリーフアーペルといったメゾンの当時のコレクションにも「オニキスx珊瑚」「オニキスx翡翠」「珊瑚xエナメル」が多く見られます。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.