アンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)

見たこともない大きさのプリカジュールエナメルのペンダント 久しぶりに入手したプリカジュールエナメルのペンダントトップ。
以前にも少し似たタイプのペンダントをご購入いただきましたが(エピソード欄をご参照ください)、なんと言いましても今回のものは直径3.3センチほどと、大きさがあるのです。
大きさもあり厚みもかなりしっかりありますので、時々見かけるこのタイプのプリカジュールのペンダントに比べて堅牢さもあります。
プリカジュールエナメルはエナメルの裏側を金属で塞がないで表現する技法です。
光を当てると透けて色が綺麗に見えます。
1番目、4番目、6番目、7番目のお写真は光にかざして撮影しています。
光にかざさなければこうした透け感はでないですが、チェーンに通してペンダントとして用いる時はその背景の色や素材によって表情が変わる所も魅力です。
緑、赤、オレンジ、青、4色のプリカジュールエナメル 色は主に4色使われていて、モチーフは花になっています。
中心や花弁に赤色、ブルー、緑、オレンジと広がっていきます。
それぞれのエナメルが小窓のように区切られた「金線」の中に広がり、そのくっきりとした輪郭の美しさから、非常に良い仕事がなされたプリカジュールエナメルであることが分かります。
一番外側のオレンジのエナメルまで、メインモチーフでもないのに金線で細かく仕切りを入れています。
こんなに細かいところまで丁寧に仕事がされていることをお分かりいただけるでしょう。
盛っているエナメル質の厚みの違いでなだらかな凹凸が出ています。
側面から見た時に特に、その微妙な立体感を楽しんでいただけます。
素材は18金イエローゴールド。
注:チェーンはついていません。

  • 幅:33mm 
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)

世界にひとつだけの一点もの

  • 赤の部分のエナメルは、他部分よりより厚みがあります
  • 肌の上につけたときもうっすらと肌の色が半透明に写りこみます
  • 多色なので光を通さないときさえ、美しい色彩
  • 拡大していますが、エナメルだけでなくこの金線の曲線的な美しさも芸術の粋
  • 赤く囲んだ部分にフランス18金の刻印と、工房印が入っています
  • アンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)
  • アンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)
  • アンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)
  • アンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)
  • アンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)
  • アンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)
  • アンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)
  • アンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)
  • アンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)

上の写真をクリックするとアンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)の大きな写真が切り替わります。

アンティークプリカジュールエナメルペンダント(4色 大きめサイズ)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

プリカジュールエナメル(Plique-a-jour Enamel)のアンティークジュエリー

アンティークジュエリーで時々登場するエナメル。
その柔らかな質感は、どんな高価な宝石を使用したジュエリーにもかえがたい魅力があります。
繊細で高い技術を要するエナメルジュエリーは、現代のジュエリーでは見られなくなってしまっているので、良質なエナメル使いはアンティークジュエリーの醍醐味の一つです。
いくらお金を出そうと、現代のもので同レベルの美しさを持ったエナメルジュエリーを手に入れることはできないのです。
アンティークのエナメルジュエリーももともと数が少なく、今後ますます手に入らなくなること必至です。
エナメルはその技法もバラエティに富んでいますが、基本的には粉末のガラス質のエナメルで、金属やガラスなどに焼き付けたり、そこに絵を描いたりしたジュエリーを指します。

数あるエナメル技法の中で、今回は「プリカジュールエナメル」について書きます。
あらゆるエナメルの中でもっとも美しいとされている珠玉のエナメル技法。
フランス語で「Plique-a-jour Enamel」。
プリカジュールエナメルとは、金属の下地がなく、金属枠のみによってエナメルを支える特別なエナメル技法です。
とても手間がかかる技法ですし、特に複数の色合いを用いたり、美しいグラデーションを出すのは至難の技です。
下記は当店で販売済みのプリカジュールエナメルのペンダントトップです。
なんと7色のエナメルが用いられています。
これは想像を絶する難しさです。
と言いますのも、エナメルは色によって温度を変えて熱を加えていきます。
7回も炉に出し入れをして加熱するわけですから、1-2色のエナメルよりずっと難しくなるのです。

7色のプリカジュールエナメルのアンティークペンダント(ステンドグラス) 裏から光りを当てるとステンドグラスのように光が透けます。
イギリスではプリカジュールエナメルのことを、「チャーチウインドウ(church window)」と呼ぶことがあります。
そもそもプリカジュールエナメルは、教会のステンドグラスの壮麗な美しさをジュエリーで表現しようと思って出来たエナメルです。
しかしその構造は異なります。
ステンドグラスに使われているガラスは細かくカットすることも薄くすることもできませんから、ジュエリーのような小さな物は作れないのです。
プリカジュールエナメルは、アーティスティックな構図を好んだアールヌーボーのジュエリーに特に好んで用いられました。
かのルネラリックはこのプリカジュールエナメルの旗手として有名になりました。
下記は1903年にルネラリックが製作したパンジーのブローチです。
プリカジュールエナメルにサファイヤ、ゴールドで出来ています、アメリカのウォルターズ美術館所蔵。

ルネラリックプリカジュールエナメル


1900年前後にかけて多くの作家、あるいは宝飾メゾンが好んでプリカジュールを用いたハイジュエリーを手がけます。
下記は推定1900年頃、ジョルジュ・フーケのオパールとエナメルのペンダント。
数年前にササビーズ ロンドンに出展され高値で取引されています。

ジョルジュフーケのオパールとエナメルのペンダント

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×