18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)

鉄とダイヤモンド、ゾクゾクする驚きの組み合わせ 18世紀末のフランス製。
18世紀のアンティークジュエリーは極めて少ないのですが、特にこのペンダントはその素材が特異なジュエリー。
コレクター垂涎の大変珍しいアンティークジュエリーです。
銀色の地金は銀ではなく、何と鉄です。
鉄に小さな穴を開けて、枠を入れて台座を作りそこにローズカットダイヤモンドをセッティングしているのです。
鉄はもちろん金などの貴金属と異なり硬さがあり、ちょっと穴を開けるということもものすごく大変です。
ダイヤモンド1石入れるのにどれだけ大変であったことか。
その労とこのロケットが経てきた年月の重みを考えると、胸が一杯になりそうです。
そして中はロケットになっています 表も裏もデザインは同じで、裏面にも12粒のダイヤモンドが埋め込まれています。
ダイヤモンドは18世紀らしくかなり平らでファセットが浅めのローズカットで一粒ずつ形がまったく異なり味わい深いです。
更にこのペンダントは何とロケットになっています。
内側も綺麗な状態です、内蓋などはない状態です。
銀とは異なる重い金属の輝きに、控えめに煌くダイヤモンド。
この重厚感、そして繊細さ。
こんな渋い、希少なアンティークロケットは見たことがありません。
当店がご紹介してきたジュエリーの中でも指折りの珍しいアンティークジュエリーです。
注:チェーンは付いていません。

  • 幅:23mm 
    重量:5.4g
  • 販売価格:売り切れました。

18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)

世界にひとつだけの一点もの

  • 直径が2.3センチ。丸みを帯びたなだらかな曲線と鉄の独特の輝きが愛らしいです
  • 真円なので着けやすい形。黒リボンを通しても素敵です
  • ダイヤモンドは直径1.5ミリ程と小粒で、夜空に輝く無数の星のよう
  • 表も裏も同じ図柄。横脇に爪を掛けれる所があるのでそこから開閉します
  • 内側も綺麗です。右側が黒く映ってしまいましたが実際は左と変わらず綺麗です
  • 18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)
  • 18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)
  • 18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)
  • 18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)
  • 18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)
  • 18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)
  • 18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)
  • 18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)
  • 18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)

上の写真をクリックすると18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)の大きな写真が切り替わります。

18世紀アンティークロケットペンダント(鉄スティールとダイヤモンド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

鉄(スティール)とカットスティールのアンティークジュエリー

ジュエリーというと、1920年以降は欧米を中心にプラチナのジュエリーが作られ始める前は、ゴールドかシルバーを地金として用いられることがほとんどでした。
しかし例外があり、代表的なものに「鉄」が挙げられます。
鉄のジュエリーは、17世紀初期にイギリスで始まり、フランスではフランス革命前の18世紀にその全盛を迎え、その流行は19世紀前半まで続きます。
当時、鉄とカットスティールでさまざまな宝飾品が作られました。
「カットスティール」とは、磨いた鉄を鋲状にして、それをぎっしりとプレートの上に敷き詰めたで作られた技法のことです。
表面が鈍い光できらめくのが味わいです。
また当時の鉄を使ったアンティークジュエリーには、カットスティールよりずっと小さな鉄にビーズのような穴を開けて、一つの布のようにしたものもあります。

当時のフランスは、鉄のジュエリーの地位は非常に高く、多くの王侯貴族に愛されていました。
後年のダイヤモンドの代用品としての「マルカジット」と異なり、鉄のジュエリーは貴石や貴金属が使えない「庶民の代用品としてのジュエリー」ではないのです。
例えばナポレオンの妻のユージェニー后妃なども鉄のジュエリーを愛した一人です。
彼女の死を惜しんで作られた記念のジュエリーには、目を見張る煌びやかな貴石の宝石と共に、カットスティールのセットジュエリーが2つも入っています。
また当時の鉄のジュエリーの人気を物語るもう一つのエピソードに、鉄のジュエリーのイミテーションとして銀で鉄のジュエリーが度々作られたという話もあります。
ヴィクトリアアルバート美術館が所蔵する1809年製造のコレクションにも、18世紀の鉄のジュエリーを模した銀製の櫛が残っています。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×