鉄のアンティークネックレス(18世紀、スティール)

18世紀の鉄のジュエリー、ミュージアムピース 18世紀のフランス製。
鉄のビーズでできた、ネックレス。
細かな小さな鉄にビーズのような穴を開けてつなぎ、それらをねじって編みこみんでいます。
鉄のジュエリーはカットスティールを溶接したものと、このようなビーズ状のものに分かれますが、ビーズ状のものはとりわけ現存する数が極めて少ないです。
しかもこの素晴らしい状態で残っているのは奇跡的!
ジュエリーカタログに出てきそうな、ミュージアムピースです。
独特のしなりが魅せる輝き、質感 ビーズを糸に通したものを良い按配に捻って、しなりのあるシルエットを作っています。
この絶妙なシルエットは、長い年月を経ることでさらに美しくしなり、肌の上で独特な美しいラインを魅せてくれます。
手にしたときのヒヤッとした鉄の感触と、角が取れたビーズのしんなりとした触感が何とも言えず心地良いです。
鉄ビーズが2重になっていることでさらに美しい輪郭が出ています。
留め具の部分は銀製で、回して開閉できる仕組み。
18世紀らしい小ぶりで美しい留め具も良いアクセントになっています。
ネックレスの長さは39.5センチ。

  • 幅:395mm 
    重量:6.7g
  • 販売価格:売り切れました。

鉄のアンティークネックレス(18世紀、スティール)

  • 1つの銀の球の直径が1.5ミリ程、それを無数につなげた気が遠くなりそうな仕事
  • 長さ40センチ程と長すぎず、18世紀のフランスらしい奥ゆかしく洗練されてます
  • 細かい銀の粒がそれぞれ大きさや風合いが異なり、光が多方向に反射します
  • 留め具も当時らしい凝った作り。回転することで開閉でき、状態もパーフェクト!
  • 鉄と言うと重いイメージがあるかもしれませんが、粒が小さく華奢なジュエリー
  • 鉄のアンティークネックレス(18世紀、スティール)
  • 鉄のアンティークネックレス(18世紀、スティール)
  • 鉄のアンティークネックレス(18世紀、スティール)
  • 鉄のアンティークネックレス(18世紀、スティール)
  • 鉄のアンティークネックレス(18世紀、スティール)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

鉄のアンティークネックレス(18世紀、スティール)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

鉄(スティール)とカットスティールのアンティークジュエリー

ジュエリーというと、1920年以降は欧米を中心にプラチナのジュエリーが作られ始める前は、ゴールドかシルバーを地金として用いられることがほとんどでした。
しかし例外があり、代表的なものに「鉄」が挙げられます。
鉄のジュエリーは、17世紀初期にイギリスで始まり、フランスではフランス革命前の18世紀にその全盛を迎え、その流行は19世紀前半まで続きます。
当時、鉄とカットスティールでさまざまな宝飾品が作られました。
「カットスティール」とは、磨いた鉄を鋲状にして、それをぎっしりとプレートの上に敷き詰めたで作られた技法のことです。
表面が鈍い光できらめくのが味わいです。
また当時の鉄を使ったアンティークジュエリーには、カットスティールよりずっと小さな鉄にビーズのような穴を開けて、一つの布のようにしたものもあります。

当時のフランスは、鉄のジュエリーの地位は非常に高く、多くの王侯貴族に愛されていました。
後年のダイヤモンドの代用品としての「マルカジット」と異なり、鉄のジュエリーは貴石や貴金属が使えない「庶民の代用品としてのジュエリー」ではないのです。
例えばナポレオンの妻のユージェニー后妃なども鉄のジュエリーを愛した一人です。
彼女の死を惜しんで作られた記念のジュエリーには、目を見張る煌びやかな貴石の宝石と共に、カットスティールのセットジュエリーが2つも入っています。
また当時の鉄のジュエリーの人気を物語るもう一つのエピソードに、鉄のジュエリーのイミテーションとして銀で鉄のジュエリーが度々作られたという話もあります。
ヴィクトリアアルバート美術館が所蔵する1809年製造のコレクションにも、18世紀の鉄のジュエリーを模した銀製の櫛が残っています。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.