18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)

数年ぶりに入荷する18世紀ジュエリーの大作 18世紀のジュエリーでこれだけ大粒の作品は久しぶりに入荷します。
そもそも18世紀のリングを入荷すること自体、いつぶりでしょう?
18世紀の特にフランスのアンティークジュエリーと言いますと、アンティークジュエリーがお好きな方なら誰もが憧れを抱くのではないでしょうか。
しかし正真正銘の18世紀のジュエリーを現在手に入れることは、不可能に近くなってきています。
5ほど前までは高額を支払うことで可能ではあったのですが、近年は特に状態がよく粒の大きい18世紀の特に指輪とピアスは見つけられることが奇跡です。
この指輪も当店で懇意にしているディーラーさんが懇意にしているプライベートコレクターの方が、高齢になられていくつかご自身のジュエリーをまとめて売却されるということで、そうした経緯で仕入れたものです。
このフランス人女性はもともと18世紀ジュエリーのコレクターだったということで、その時もこの指輪以外に数点の指輪を見せていただきました。
たとえば18世紀のジャルディネッティの指輪など垂涎のものも他にもあったのですが、状態が良いものはこちらの指輪だけでした。
世間で言われているほど簡単には見つからない、それが18世紀のジュエリーの抗いがたい魅力の一つでもあるのかもしれません。
ロココ時代を反映したシャンパンカラーダイヤモンド この指輪の特徴は2つ。
大粒のダイヤモンド3石がシャンパンカラーであるということです。
ロココの時代と言うのは「シャンパンカラー」が流行するのです。
それでシャンパンカラーのダイヤモンドはトレンディーになるのです。
しかしながらこの時代はダイヤモンドの流通量が19世紀と比べても愕然と少ない時代。
その中でシャンパンカラーと言いますと(言うまでもないことですが、人口処理で色を変える技術などあるわけがございません)、天文学的に希少になってしまいます。
そんな希少なシャンパンカラーのダイヤモンド(あるいは代替品として同様の色のペーストガラス)がこの時代に、胸飾りや指輪にされては重宝されました。
「ロココでシャンパンカラーが愛された」と言うことは私も存じ上げあげていましたが、それでも実際にこの時代のシャンパンカラーダイヤモンドの指輪に出会えた時は信じられない気持ちでした。
(カタログや本以外で出会えるとは私も思っていなかったのです・・・)。
またもう一つの特徴は指輪シルエットのうねりです。
この指輪のべゼル(フェイス部分のこと)は1.6センチx2.4センチとやや縦長になっていますが、上下の部分が少し反り上がったように、綺麗な曲線を描いています。
この微妙なカーブが指にうまくフィットして、縦長の指輪なのに非常に装着感が良いのです。
ショルダーは3手に分かれており、これも18世紀の指輪で好まれた作りです。
18世紀の指輪は長い年月の間にこの部分が変えられたものも多いのですが、そうした痕跡もなくオリジナルで美しい状態です。
U字が連続していくフェイス部分には、無数のローズカットダイヤモンドが銀の台座に深く埋め込まれています。
あまりの多さに数えることもできないほど、迫力あるダイヤモンドのタペストリーです。
またこのU字とU字のラインの間に、透かしが入っているところがあります。
職人の手作業でシルバーをくり抜いて行います。
当店のその他多くのアンティークジュエリーの中で保管していても、この指輪はより強いオーラをを発していて自然に目がいくことが多いです。
他のアンティークジュエリーよりも更に長い年を経た、年輪を重ねたものにしか出せない迫力、存在感。
そして良い意味で古くささがなく、今見ても純粋に綺麗と思える「力強い美しさ」を今に伝えてくれる指輪です。
裏面は写真が少し影になっていて見えにくいかもしれませんが、クローズドセッティングになっています。
指輪サイズは9.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 幅:16mm 
    高さ:24mm 
    重量:4.3g
  • 販売価格:売り切れました。

18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)

世界にひとつだけの一点もの

  • 写真からでもその圧倒的な存在感(オーラ)を感じていただけるでしょう
  • 縦長と言っても関節下で収まり、横にも柔らかく広がってるので着け易いです
  • この横のダイヤモンドは半分程欠けていますが、あえてそのままにしています
  • メイン石は6ミリx7ミリ、少しいびつな形ですが幸いなことに良い状態です
  • 大きなダイヤモンドはイエローゴールドで覆輪留めされてます
  • 18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)
  • 18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)
  • 18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)
  • 18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)
  • 18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)
  • 18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)
  • 18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)
  • 18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)
  • 18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)
  • 18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)

上の写真をクリックすると18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)の大きな写真が切り替わります。

18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

18世紀アンティークジュエリーの特徴と魅力

アンティークジュエリーの中でも現在市場に流通するアンティークジュエリーの多くは、19世紀後期以降のものです。
18世紀のジュエリーというのは、イギリスのアンティークジュエリーでもフランスのアンティークジュエリーであってもきわめて流通量が少ないもの。
どれくらい少ないかというと、現地のアンティークショップに行っても、ほとんどのお店にも一点もないのが普通です。
実際、当ショップでも18世紀のジュエリーは片手で数えられるぐらいしか扱っていません。
出てくることは稀で、高いお金を払おうが払うまいが、滅多に見つけられないのが18世紀ジュエリーなのです。
18世紀といえば1700-1799年。
フランスの18世紀ジュエリーはその大半がフランス革命(1789-1799)に入る前に作られていますから、まさに250年以上前に作られた歴史的遺産なのです。
ブルボン王家の最盛期から、フランス革命によって王政が滅びた激動のフランス18世紀。
歴史的に見てもとても面白い時代ですし、ご存知のとおり文化的に素晴らしく洗練されて成熟した文化が生まれて、そして壊された時代です。

18世紀と言えば後期バロック、ロココ様式です。
パステル調の色合いや、曲線を多用しているところが特徴的です。

下記は18世紀の「girandole」と呼ばれるデザインのピアス。
アメジストx紫でシルバーセッティングです。

18世紀イヤリング

そして18世紀と言えばマリー・アントワネットを思い浮かべる方も多いことでしょう。
この時代のフランスではルイ16世紀の妃であるマリーアントワネットというファッションリーダの下で、多くの秀でた宝飾品が作られます。
(そしてその多くがフランス革命によってフランス国外へ流出してしまったことも有名な話です)
この時代に作られた主たるジュエリーに、ボタンやバックル、ストマッカー、髪飾り、コサージュピン、ピアス、ネックレス等があります。
ロココ様式では彩り豊かなジュエリー、そして大きめの宝石をセットすることが好まれました。
18世紀にエメラルドやサファイヤ、ルビーなど色のついた宝石がそれ以前の時代に比べて多くジュエリーのセットされるようになります。

ダイヤモンドに関しては、世界の大きな鉱山の発見は19世紀後期以降ですから、18世紀はまだまだ絶対量がとても少なく、制限の多かった時代です。
18世紀アンティークジュエリーのダイヤモンドは、ローズカットにされることが多くそのローズカットは19世紀のローズカットよりずっと平坦です。
この時代のダイヤモンドは黒い内包物が見られることが多いですが、その絶対的な迫力と力強さは何にも変えがたいです。

18世紀アンティークダイヤモンドピアス

「18世紀のジュエリー=地金は必ず銀」と思われている方が多いのですが、 18世紀の特にダイヤモンドジュエリーでは銀が用いられていることが多いですが、ゴールドのストマッカーなど例外もあります。
色石の周りもゴールドにされるのが標準的でした。

アンティークローズカットダイヤモンド十字架

またダイヤモンドのジュエリーでも、18世紀の末に向かって裏面がゴールドバックにされることが増えていきます。
そしてこのようなゴールドは、既に18Kゴールドが実用されていたのです。
しかしここで注意していただきたいのは、存在していたのはイエローゴールドのみという点です。
18世紀はホワイとゴールドもプラチナも存在しませんでした。
また指輪は裏がクローズドになっています。

宝石以外では、色とりどりのペーストガラスや無色の鉛ガラスが当時の貴族たちに好まれ、ガラスとは思えないほど美しくセットされたジュエリーが見られます。
こうしたジュエリーはガラスとは言え、非常に高額に取引されていますし気高く美しいジュエリーです。
色石部分にペーストガラスが使われた18世紀のピアス。

18世紀ペーストガラスピアス

エナメルも好まれた素材です。
18世紀末のブルーエナメルのお花がデザインされた指輪。
18世紀エナメル指輪

以上、フランス18世紀のジュエリーについてご紹介いたしましたが、この時代にイギリスはもちろん他国でもジュエリーは作られています。
特筆すべきはポルトガル及びスペインです。
下記は18世紀末ポルトガルのブルーエナメルとダイヤモンド、銀セッティングの指輪です。
18世紀指輪 スペインはこの時代にゴールドを支配していましたので、ゴールドを贅沢に使ったジュエリーが作られています。

こうした本物の18世紀のジュエリーは、数十年前ならともかく現在パリのアンティークショップを回っても見かけることがほとんどありません。
当店でもこれまで仕入れることのできた18世紀のジュエリーは大抵、懇意にしているディーラーの個人コレクションを売ってもらったものです。
今後、この時代のこうしたジュエリーはますます希少にご紹介しずらくなっていきそうです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×