アンティークダイヤモンドペンダント(0.8カラット、ファンシーカラー、プラチナ、オープンワーク)

約0.8カラットの大粒ダイヤモンド 1910年頃のフランス製。
あまりに大きなダイヤモンドに思わず声をあげそうになりました。
しかも大粒であるだけでなく、僅かに透明感あるレモン色を帯びています。
くすんだような「黄みの色」ではなく、明るいレモン色。
グラスの水に一滴だけレモンを垂らしたような、非常に薄く、そして光の当たり方によってはまったくの無色透明に見えるほど繊細な色あいです。
現代ダイヤモンドは、色の調整等を行うことはたやすいですが、それだけにここまで淡くそして美しい色合いのダイヤモンドは存在しません。
言葉で表現できないほどのこの淡く明るい色は、まさに自然しか生みだせない奇跡の色。
その清涼感ある美しさからはいつまでも目を離すことができません。
レースのようなプラチナワークとオープンワーク そしてこのペンダントの魅力は、美しく大粒のダイヤモンドに尽きません。
1910年に作られたジュエリーですが、まさに最も初期の頃のプラチナが使われているのです。
この時代のフランスはまだジュエリー全体の地金としては、ホワイトゴールドを使うのが主流ですから驚きました。
プラチナの特性を生かしたまるでレースのような細工です。
そして枠が2重になった、手の込んだ構造になっています。
中心のダイヤモンドをまずプラチナの台で囲み(この部分の高低がついた流れるよなシルエットに感嘆します)、外枠を更にお花の形をした台座で仕上げています。
内枠が蕾、外枠が花びらというイメージ。
そして外枠と内枠の間に透かしを入れています。
また横から見ますと分かりやすいですが、外枠の下には更に透かしを入れています。
(これはこの部分に脇石として入れられた無数の小さなダイヤモンドにより多くの光を取り込むためだったと思われます。
) そしてミルグレイン。
外枠の外側だけでなく何と内側にも、全周ぎっしり施されているのです。
両端にミルグレインを施したジュエリーなど滅多に見ることはありません。
しかもこの小ささですからその難しさは想像を絶します。
枠を作り上げるだけでどれだけの手間がかけられているのでしょう。
外枠には18石の小さなダイヤモンドがところ狭しと埋め込まれていており、その間には粒金細工が施されています。
ペンダントそのものの直径は1.3センチ。
小さな面積の中に展開する高度な技術の連続、そしてグッドデザイン。
開いたばかりの朝露を含んだ蕾が、太陽の光を浴びて燦々と輝く・・・そんな情景が浮かぶペンダント。
ダイヤモンドに僅かに差すレモン色は、花に注ぐ太陽をイメージしたのかもしれません。
ペンダントフックももちろんオリジナルで、この部分に更に6石のダイヤモンドが埋め込まれています。
あまりに美しいペンダント、このペンダントが嫌いな女性なんて世の中にいないでしょう!
注:チェーンはついていません。

  • 幅:13mm 
    高さ:19mm 
    重量:2.1g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンドペンダント(0.8カラット、ファンシーカラー、プラチナ、オープンワーク)

世界にひとつだけの一点もの

  • これだけ粒が大きいダイヤは(特にフランスの)アンティークでは滅多にないです
  • ペンダント自体は小粒で繊細、そしてダイヤモンドは大粒と理想的な組み合わせ
  • 宝石、内枠、外枠の高低差と透かしが僅か1.3センチの中で展開されてます
  • 「どこかレモン色なの?」と思うほど薄い色合いですね、まるで水のような色です
  • 外枠にも脇石のダイヤモンドが敷き詰められており、燦々と輝きます
  • アンティークダイヤモンドペンダント(0.8カラット、ファンシーカラー、プラチナ、オープンワーク)
  • アンティークダイヤモンドペンダント(0.8カラット、ファンシーカラー、プラチナ、オープンワーク)
  • アンティークダイヤモンドペンダント(0.8カラット、ファンシーカラー、プラチナ、オープンワーク)
  • アンティークダイヤモンドペンダント(0.8カラット、ファンシーカラー、プラチナ、オープンワーク)
  • アンティークダイヤモンドペンダント(0.8カラット、ファンシーカラー、プラチナ、オープンワーク)
  • アンティークダイヤモンドペンダント(0.8カラット、ファンシーカラー、プラチナ、オープンワーク)
  • アンティークダイヤモンドペンダント(0.8カラット、ファンシーカラー、プラチナ、オープンワーク)
  • アンティークダイヤモンドペンダント(0.8カラット、ファンシーカラー、プラチナ、オープンワーク)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンドペンダント(0.8カラット、ファンシーカラー、プラチナ、オープンワーク)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンドペンダント(0.8カラット、ファンシーカラー、プラチナ、オープンワーク)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークダイヤモンドのジュエリー

一般的に「古いダイヤモンド=輝かなくて当然」と思われている方が多いです。
しかしこれは「あまり品質のよくないアンティークダイヤモンドを売るためのキャッチコピー」なのではと思ってしまいます。
確かにもし同じ品質のダイヤモンドがあったと仮定して、それを昔のカットと現在のブリリアンカットにすれば、前者のほうが圧倒的に鈍い輝きになります。
しかしだからといって良質な昔のダイヤモンドが輝かない、煌かないわけではありません。
確かに19世紀後期に新大陸でダイヤモンドが見つかる前のアンティークダイヤモンドには、黒い点のような内包物があることは多いですが、内包物と輝きや透明度はまた別の問題です。
良質なアンティークダイヤモンドはクローズドセッティングやローズカット、銀のセットなどにされていても、それ相応の深い輝きがあるものです。
現地のプロのディーラーも、アンティークダイヤモンドに関して輝きがあるかどうかは必ずチェックする項目です。
それは単にキラキラしているというのではなく、深い輝きがあるかどうか。
アンティークのダイヤモンドも良いものは透明度があり、そして深く輝くものなのです。

下記は当店扱いの19世紀中ごろの大粒のローズカットダイヤモンドリング。
これだけ古い時代のローズカットでも、素晴らしい煌きが見られます。

大粒ローズカットダイヤモンドの指輪(ブルーエナメル、18金)

ところでアンティークジュエリーに使われているダイヤモンドの産地ってどこだか分かりますか?
よくイギリスエドワーディアンのジュエリーやアールデコ期のジュエリーなどの説明書きに「新大陸でダイヤモンド鉱山が発見されてから、それ以前のように黒い内包物を含まない光り輝くダイヤモンドが用いられるようになった・・・・」といったことが書かれているのをご覧になられた方は多いでしょう、
ここで言われている「新大陸」とは「南アフリカ」のことになります。
ダイヤモンドの産地というと現在では、南アフリカをイメージされる方が多いかもしれませんが、南アフリカの鉱山が発見されるのは1860年代になってからです。
19世紀後期になるとこの新鉱山の発見を受けて、ダイヤモンドの流通量はそれ以前に比べて格段に増えます。
それを反映して1880年頃からのアンティークジュエリーには、ダイヤモンドを使用したジュエリーが増えます。

下記は当店扱いのアールデコ期のダイヤモンドペンダントネックレス。
この頃のアンティークダイヤモンドには、19世紀の中期以前とは明らかに異なる光輝くそれは美しいダイヤモンドが用いられています。

アールデコダイヤモンドネックレス(クッションカット、ローズカット、18金ホワイトゴールド)

それ以前のアンティークダイヤモンドに関しましては、ダイヤモンドが本格的に宝飾品として使われ始めるのは16世紀初頭ですが、1720年頃まではダイヤモンドはインドでしか産出されていませんでした。
16-18世紀前半、ヨーロッパの王族貴族はインドから輸入されたダイヤモンドを使っていました。
かつてヨーロッパの王族貴族は競って、インドからダイヤモンドの良石をとりよあせていました。
この傾向は18世紀後期にブラジルでダイヤモンドの鉱山が発見されるまで顕著で、16-18世紀前半、ヨーロッパはインドにダイヤモンド商人を派遣して、ダイヤモンドを輸入していました。

フランスのジュエリー史の中でも最も古い部類の出版物に、ルイ14世とヴェルサイユの宮廷ジュエラーであったジル・レガレ(Gilles Legare )のジュエリーデザイン集があります。

ジルレガレ

1663年に出版されたこの「金銀細工品の書」は、当時のジュエリーデザインを集約したもので、当時フランスで流行し始めていたダイヤモンドの重要性についても言及されています。
ダイヤモンドが流行し始めるのは、15世紀のフランスからなのです。
また当時の有名なダイヤモンド商人にジャン=バティスト・タベルニエ(1605〜89)というフランス人がいます。
ジャンバティストは、太陽王ルイ14世にこうして買い付けたダイヤモンドを売っていた宝石商です。
ジャンバチストは当時のインドの宝石事情に関する状況を詳細に記述し、現在においても貴重な文献になっています。

しかしインドの鉱山は、1725年に新たな鉱山がブラジルで発見される頃には既に枯渇する寸前でした。 ブラジルの鉱山で発掘されたたダイヤモンドは今度は、ポルトガルやスペインを通じて、イギリスやフランスへ運ばれます。
つまりアンティークジュエリーの中で18世紀後期以前のものはブラジル産のダイヤモンドが主たるものになります。
そしてそのおよそ150年後、今度は南アフリカでダイヤモンドの鉱山が見つかりますが、その頃には、ブラジルのダイヤモンドの大半は尽きていました。

現在では、アフリカ諸国の数地域、ロシア、オーストラリア(主に工業用ダイヤモンド)、カナダが主なダイヤモンドの産地になっています。
ダイヤモンドは無色であるが故に、ルビーやサファイアのような色石とは異なり産地を確定することができませんが、そのアンティークジュエリーが製造された時代をきちんと把握することでそのアンティークダイヤモンドの産地を推測することが可能なのです。
一方ダイヤモンドの産地とは別にダイヤモンドの取引の中心地があります。
ヴェネチア、ブルージュ、リスボン、アントワープ、これらの街は歴史的にダイヤモンドの取引とカットの中心地でありました。
ヴェネチアは13世紀、1460年代に中継地点はリスボンへと移動。
ベルギーの水の都ブルージュは、13世紀から14世紀末までヴェネチアからの原石が運ばれダイヤ モンド取引加工の一大中心地として繁栄しましたが、14世紀初頭にはアント ワープに取って代わられます。
全ての街に共通するのは、ダイヤモンドの取引に関してはユダヤ人の影響がとても強かったことです。
というのもダイヤモンドはインドからエジプトへ、あるいはギリシャへローマへ常にパレスチナ(イスラ エル)を通って運ばれていたのです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×