アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)

しなやかなカーブのフィリグリー 1880-1900年頃のフランス製。
「フィリグリー」と呼ばれる極細の金属線を駆使した宝飾細工で作られたブレスレット。
フランスでは特にこうした楕円形の網目のことを「マーユ(網目、輪)」と呼んでいます。
マーユ編みのネックレスやブレスレットは、フランスアンティークジュエリーでももっとも不動の人気を持ち、家族で伝達されていくことが多いジュエリーのため常に供給より需要が少なく大変探されています。
編目は各8ミリx1.8センチ程。
草葉を抽象化したモチーフを細い金線で巧みに描いています。
あまりにしなやかなカーブなので忘れがちですが、これらは全て硬い「金」でできているのです。
まるで糸のように自由自在に美しいラインを描いている、当時の職人さんの技術及び画家のような絵画センスに脱帽してしまいます。
しっかりとした重量感が贅沢です 重さが6.4グラムあり、よくあるこうしたフィリグリー細工のジュエリーの中でも重量感があります。
実際、マーユには程よい厚みがあり、留め具部分も含めてゴールドがたっぷり使われています。
マーユの内側の草花のモチーフの両面にはぎっしりと、ミルグレインが打たれていて、途方もない手間がかけられているのが分かります。
フィリグリー細工のアンティークジュエリーでもその美しさは千差万別。
このブレスレットは、金線の細さや強弱、カーブの美しさ、ミルグレイン、しっかりとした重量感、いずれもとてもレベルが高く高級感があります。
地金はすべて18Kゴールド。
ブレスレットの長さは20.5センチ(編み目をいくつか取ることで短くすることは有料で可能)。

▼続きを読む
  • 幅:205mm 
    重量:6.4g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)

  • 表裏がなく、しっかりとした厚みがあるので裏返ったりせずとても使いやすいです
  • 繊細な細工のフィリグリーをいつも手元で眺められる贅沢が味わえます
  • 編み目がとてもしっかりしていて、内側のモチーフにぎっしりミルが打たれてます
  • 留め具部分もバネを含めてとてもしっかりしていて安心して使えます
  • 編み目と編み目は金の輪っ子で一つずつ丁寧にハンドメイドで留められてます
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

フランスアンティークブローチの魅力

フランスのアンティークブローチに関しては、1900年前後のものに形も色も可愛いくて面白いブローチが見つかる率が高いように感じます。
19世紀末のアールヌーヴォーの影響を受けた曲線の美しいものや、20世紀初頭の線形や直線的なものなど、実にデザインが豊かなのです。
また大きさに関しても、19世紀の終わり頃から20世紀の初頭にかけて、それ以前より「小さなブローチ」が流行しますので、日本人女性の現代の装いに取り入れ安いブローチが見つけやすいです。

現在女性はブローチをつける習慣のある女性が少ないですが、それでもちょっと前からフランスではブローチが再び人気が出てきています。
近年になり、「私、よくブローチを着けるのですよ」とお客様におっしゃっていただことが日本でも増えてきて、とても嬉しいです。
ブローチが他のアクセサリーと根本的に違っているところ。
それはペンダントやブレスレットのように身体の動きのあるパーツにつけるものではなく、静止した部分につけるアクセサリーであるということです。
アンティークブローチは特に、静止した部分につけて映えるように計算されて作られているものが多いです。
アンティークブローチはスーツの襟や、コートの胸、ブラウスの襟元など、なるべく安定した場所につけるようにしましょう。
カラフルで楽しげなブローチも魅力的ですが、洋服と同系色で濃淡が異なるブローチをつけるのもとてもエレガントです。 ボリュームのあるものは、ジャケットや厚手のコートの襟などに着けていただくと着けやすいです。

指輪やピアスに比べても面積が大きく取れてデザインの制約が少ないブローチは、アンティークジュエリーの中でももっと秀逸な作品が作られました。
特に秋冬などは、同じジャケットやコートを羽織る機会が多いですから、ブローチを1つ着けるだけで気分がぐっと変わると思います。
失くされることが心配でしたら、先端にシルコンのストッパーをつけると良いです。
(これは現代ものです)
当店にも大体ストックがありますので、おっしゃっていただけましたらご購入時に商品に同封させていただきます。

またアンティークジュエリーにおいて、もし「お買い得」と言うことを考えるのであれば、それはブローチであることが多いです。
ブローチは現代それ程使う女性が多くないため、同じような豪華さのアンティークジュエリーでは、比較的良心的な価格で手に入りやすいのです。
当店は仕入れたアンティークジュエリーは、例えば石の外れや緩みなどは修理することはございますが、それを加工して売ることはしていません。
ただ一般的にはアティークブローチを加工して指輪にされたり、ピアスをばらばらにしてペンダントにされるということはかなり多いです。
そのほうが業者が儲かるからなのですが・・・。
もちろん当店でもお客様のご要望でそうした「加工」を行うことはできます・・・。
このあたりは一概にいじるのはダメで、いじらないのは良いということでもないと思いますが、当店としましてはお客様の意思をご確認した上でご希望があったときのみ行うといった考えです。

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.