アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)

しなやかなカーブのフィリグリー 1880-1900年頃のフランス製。
「フィリグリー」と呼ばれる極細の金属線を駆使した宝飾細工で作られたブレスレット。
フランスでは特にこうした楕円形の網目のことを「マーユ(網目、輪)」と呼んでいます。
マーユ編みのネックレスやブレスレットは、フランスアンティークジュエリーでももっとも不動の人気を持ち、家族で伝達されていくことが多いジュエリーのため常に供給より需要が少なく大変探されています。
編目は各8ミリx1.8センチ程。
草葉を抽象化したモチーフを細い金線で巧みに描いています。
あまりにしなやかなカーブなので忘れがちですが、これらは全て硬い「金」でできているのです。
まるで糸のように自由自在に美しいラインを描いている、当時の職人さんの技術及び画家のような絵画センスに脱帽してしまいます。
しっかりとした重量感が贅沢です 重さが6.4グラムあり、よくあるこうしたフィリグリー細工のジュエリーの中でも重量感があります。
実際、マーユには程よい厚みがあり、留め具部分も含めてゴールドがたっぷり使われています。
マーユの内側の草花のモチーフの両面にはぎっしりと、ミルグレインが打たれていて、途方もない手間がかけられているのが分かります。
フィリグリー細工のアンティークジュエリーでもその美しさは千差万別。
このブレスレットは、金線の細さや強弱、カーブの美しさ、ミルグレイン、しっかりとした重量感、いずれもとてもレベルが高く高級感があります。
地金はすべて18Kゴールド。
ブレスレットの長さは20.5センチ(編み目をいくつか取ることで短くすることは有料で可能)。

  • 幅:205mm 
    重量:6.4g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)

世界にひとつだけの一点もの

  • 表裏がなく、しっかりとした厚みがあるので裏返ったりせずとても使いやすいです
  • 繊細な細工のフィリグリーをいつも手元で眺められる贅沢が味わえます
  • 編み目がとてもしっかりしていて、内側のモチーフにぎっしりミルが打たれてます
  • 留め具部分もバネを含めてとてもしっかりしていて安心して使えます
  • 編み目と編み目は金の輪っ子で一つずつ丁寧にハンドメイドで留められてます
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)
  • アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)

上の写真をクリックするとアンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)の大きな写真が切り替わります。

アンティークフィリグリーブレスレット(金細工、18Kゴールド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークジュエリーの金細工「フィリグリー」

アンティークジュエリーの大きな醍醐味の一つはやはりその手の込んだ繊細な金細工の数々でしょう。
あまりに緻密な細工であるため、時として肉眼では見切れないほどの細かさです。
肉眼で見切れないほどの金細工を当時、どのようにして職人さんは製作していたのでしょう?
それは手の感覚だったと言います。
熟練した職人さんは最後は手の感覚で、金細工を仕上げていったと言います。
さて金細工といっても色々な種類がありますが、アンティークジュエリーに見られる細工を大まかにご紹介しますと。
まずはフィリグリー(金や銀を糸のように細くして縒って模様をつくる金細工)、レポゼ(打ち出しの技法、金を表面から装飾するのではなく、裏面から打ち出すことで模様を作っていく方法)、カンティーユ技法(細い金線を蝋付けしく技法、線条細工)、グラニュレーション(粒金細工)があります。
今回はフィリグリー細工について、ご説明いたします。

フィリグリー金細工
フィリグリー細工とは、金や銀を糸のように細くして巻きあげ模様をつくる金細工の一技法です。
金属の可鍛性(かたんせい)を利用した加工方法です。
非常に繊細な金細工で、フランスでは19世紀前半から1900年過ぎまでのジュエリーで見ることができます。
製造された年月が長期に及ぶので年代の特定が難しいところですが、下記の「マーユ」と呼ばれる網目にフィリグリー細工を施したネックレスやブレスレットは、1880-1900年頃のフランスで作られました。

フィリグリー細工アンティークチェーンネックレス(ソートワール、ロングネックレス)

まるで糸のように自由自在に美しいラインを描いている、当時の職人さんの技術及び画家のような絵画センスに脱帽してしまいます。
同時代のイギリスなどでは見られず、フランスもしくはイタリアなどでしか作られなかったことからもともとの数も少なく、近年は本当に入手が困難になってきています。

下記はやはりフィリグリー細工のネックレスで、素晴らしいフィリグリー細工に加えて更に金線に芥子真珠がセットされています。
年月とともにこうした芥子真珠は欠けていくことが多いのですが、非常に状態が良く残った希少な例です。

エメラルドとシードパールのアンティークペンダント(オープンワーク、フィリグリー金細工)

下記はペンダントにフィリグリー細工が施された例。
エメラルドとシードパールのアンティークペンダント(オープンワーク、フィリグリー金細工)

かつては何点もご紹介してきたアイテムですが、近年は値段も大高騰しており皆様の需要においつけていないアイテムです。

またフィリグリーはゴールドのイメージが強いかもしれませんが、銀でフィリグリー細工を施したジュエリーもあります。

下記は当店で販売済みの銀のフィリグリー細工のネックレスです。

アンティークフィリグリーネックレス(銀細工、お花)

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×