シャルル10世時代アンティークバングル(シトリン、カルセドニー)

数少ないシャルル10世時代のジュエリー 1820-30年代フランス製。
フランス革命&ナポレオン帝政を経て、再び王政にもどった19世紀前半のフランスで作られた、貴族的な嗜好のブレスレットです。
やや茶味が強いとても力強い色のシトリンと、さまざまな色のカルセドニーを埋め込んだ、とても個性的なブレスレット。
この時代ならではの細工や素材選びに注目 なぜこのブレスが19世紀初頭、特にシャルル10世時代に作られたかというと、まずその石の象嵌の仕方が(特にシトリンの留め方)が、それ以降の時代には見られないものだからです。
またゴールドでなくシルバーを使用していることや、銀に彫られた模様とその隙間のなさ、またフランスのバングルにしてはかなり厚めなのに小ぶりであるところも、19世紀後期のものとは一線を画するところです。
19世紀後期のものと比べると、全体的にやや荒削りな感じが残っています。
留具は今でもパチンとズレがなくしまります。
日本ではダイヤとかゴールドなど、現在でも分かりやすい素材を使用したアンティークジュエリに価値が見出されがちですが、真に時代の重みを感じさせるジュエリー、オリジナルで他に得がたい魅力を備えたものはジュエリーは、アンティークの中でもとても少ないもの。
当ショップ一押しのアイテムです!

▼続きを読む
  • 幅:65mm 
    高さ:13mm 
    重量:31g
  • 販売価格:売り切れました。

シャルル10世時代アンティークバングル(シトリン、カルセドニー)

  • 石がどれもかなり出っ張った感じでつけられているところが当時らしくユニーク
  • さまざまな色のカルセドニーとシトリン、銀が絶妙にマッチしています
  • かなり茶味のあるとても美しく大粒のシトリン、その留め方がユニーク
  • 銀の上には半周分だけぎっしり、隙間なく彫りが施されています
  • 裏から見るとシトリンの独特な留め方が見えて面白いです
  • シャルル10世時代アンティークバングル(シトリン、カルセドニー)
  • シャルル10世時代アンティークバングル(シトリン、カルセドニー)
  • シャルル10世時代アンティークバングル(シトリン、カルセドニー)
  • シャルル10世時代アンティークバングル(シトリン、カルセドニー)
  • シャルル10世時代アンティークバングル(シトリン、カルセドニー)
  • シャルル10世時代アンティークバングル(シトリン、カルセドニー)
  • シャルル10世時代アンティークバングル(シトリン、カルセドニー)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

シャルル10世時代アンティークバングル(シトリン、カルセドニー)

売り切れました。
送料無料!

このジュエリーに似た商品をご希望の方は、メールマガジンのご登録をいただくと、サイト掲載前に新入荷商品としてお知らせいたします。
ご登録は、メルマガ登録からどうぞ!

アンティークエピソード

アゲート、カルセドニーのアンティークジュエリー

アゲートとは瑪瑙(メノウ)のことです。
日本語の瑪瑙という名前は、石の概観が馬の脳に似ていることからつけられたそうです。
一方英語のAgate(フランス語でもAgate)は、イタリアのシチリア島の同名の川でこの石がとられていたことに由来するそうです。

水晶と同様、「石英」と呼ばれる鉱物の一種です。
微小な水晶の結晶体であるアゲートは、水晶と違って半透明です。
様ざまな色や模様があります。
大きくは、均一の色のものを「カルセドニー」、曲線状の網目や模様が見られるものを「アゲート」、白色の直線的な縞目が見えるものを「オニックス」と分類しています。
色のバラエティも豊富でブルー、ホワイト、グリーン、ブラックなどが存在します。

メノウ古代から愛用されてきた宝石でアンティークジュエリーの中では特にストーンカメオの素材として有名です。
日本でも古くから宝飾品に使われてきましたが、ドイツ、ブラジル、チェコのボヘミア地方などのもアゲートの産地として知られています。
ヨーロッパのアンティークジュエリーにおいても愛用されてきた石で、西洋のアンティークジュエリーに関して言及するときは、メノウというより「アゲート」と呼ぶことのほうが多いかと思います。
もちろんその中身は一緒で、縞状の玉髄のことです。

アンティークジュエリーでは、天然のアゲートの結晶を活かしたジュエリーを見ることがあります。
結晶が風景のようにも見えることから別名「ピクチャードストーン(ピクチャーストーン)」とも言われます。
風景や植物のように見える結晶を活かしたジュエリーです。
下記は当店で過去に販売しましたモスアゲートの18世紀のピクチャードストーンの指輪。

18世紀アゲート指輪(フランス、ピクチャードストーン、銀)

下記もやはりアゲートの結晶を活かしたペンダントです。

アゲートのアンティークペンダント

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.