--- アンティーク・エピソード ---アンティークのガラスジュエリー「ムラノガラス、パードヴェール」

ガラスは最も古い「宝石」のひとつです。
古くは紀元前3000年前のメソポタミアとコーカサスの遺跡から発見されています。
いわゆる貴石の代役としての役割も、少なくとも紀元前1500年前のエジプト文明の頃には既に確立されていました。
中世、カラーガラスは主に宗教的な目的に用いられました。
例えば聖骨箱や聖書に飾られました。
非宗教的な用途としては、例外的に子供のジュエリー、そして葬儀用のジュエリーにも使われました。

この時代、ヴェネチアのムラノがこうしたカラーガラスのほぼ唯一の産地でした。
アンティークでガラスのことを語る上でよくでてくるのがMURANOガラスという言葉です。
ムラノガラスとは、イタリアのムラノ島で作られたガラスのことです。
1271年、ヴェネツィアでは最初のガラス職人組合が結成され、1291年には技術の流出を防ぐことを目的に、ガラス工房をムラノ島に集める法令が出されました。
こうしてムラノ島では様々なガラス工芸技術が発達して、美しいガラスアクセサリーが作られるのです。
特に15世紀以降には、金箔張り・エナメル装飾技術の革新が行なわれ、ダイアモンドを使ったグラヴュール装飾技術も洗練されていきます。

更に「乳白ガラス」「レース グラス」も生み出されました。
ムラノ島で作られたガラスにはとても美しい作品が多く、イタリアらしい鮮やかな色彩が魅力的です。
日本ではそれほど有名ではありませんが、欧米のアンティーク市場でもとても高く評価されています。

ムラノガラスに変化が起こるのは、18世紀になってからです。
政府の厳格な職人の流出を抑える政策にもかかわらず、ムラノの職人が他の地に流出したからです。
この流出によって、ガラスジュエリーはフランス、そしてボヘミアで発達していきます。

パードヴェールはガラスの粉を糊(のり)で練って、型につめて加熱するガラス技法のことです。
19世紀後半、ルネラリックを筆頭とするアールヌーヴォーのガラス工芸家が愛用します。
下記は当店で販売済みの20世紀初頭のパートドヴェールのネックレス。

パートドヴェールのネックレス

以降、1940年代頃までのフランスアクセサリーに見られる特殊な技法です。
アールヌーヴォージュエリーは、素材の本質的な価値ではなく、芸術的、デザイン的な視点にたった素材選びを行いました。
パード・ド・ベールもその代表的な例で、以前はハイジュエリーには用いられることのなかったガラスを加工して、ガラスならではの繊細なニュアンスの色を体現。
えもいわれぬ美しいガラスジュエリーの数々がこの時代、作り出されました。

アンティークジュエリーに使われているその他のガラス技法については別途、詳しく記しましたのでご参考ください。

アンティークのガラスジュエリー「サフィレット(Saphiret)とボヘミアの変色ガラス

アンティークのガラスジュエリー 「ペーストジュエリー(鉛ガラス)、ストラス、アランソンのダイヤモンド」

アンティークのガラスジュエリー「吹きガラス(ふきガラス)」

アンティークのガラスジュエリー「ブリストルグラス」

関連商品

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
インスタグラム
新着ジュエリーをいち早く写真でご紹介
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 住所:京都府京都市上京区仲之町276番地D4 電話:075-406-5462
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.