Antique Jewelry News

2017-01-12エンジェルスキンのコーラルネックレスをアップしました
「天使の肌(エンジェルスキン)」と呼ばれる色の最上級の珊瑚です。 詳細へ
2017-01-0818世紀末のダイヤモンドリングをアップしました
これだけ古い時代まで遡るリングは、近年入手が本当に難しいです。
繊細さと華やかさが、落ち着きの中にある独特の佇まいが美しい。 詳細へ
2017-01-04マザーオブパール(真珠母貝)のネックレスをアップしました
作られたのは1800年頃。 王政復古の時代より前の、フランス革命のわずか後の時代です。 詳細へ
2017-01-01謹賀新年2017年
旧年中も大変お世話になりありがとうございます。
温かく励ましてくださる皆様に支えられた一年でした。
今年も一年、飛躍の年にしたいと思います。

皆様にとって2017年が素晴らしい一年になりますよう心より願っております。
今年もどうぞよろしくお願いします!

年末年始は休みなく営業しております。
どうぞお気軽にご連絡をくださいませ。
工房は1/7までお休みになります。
サイズ直し等は1月の2週目以降になります旨、ご了承くださいませ。
2016-12-27アンティークガーネットのピアスをアップしました
フランスアンティークピアスの王道を行くデザイン。
透かしの入った台座が美しいです。 詳細へ
2016-12-25南仏(ビジュードプロヴァンス)の指輪をアップしました
南仏の地方ジュエリー。
アルルのダイヤモンドリングです。 詳細へ
  • facebook
  • オーナーブログ
  • メールマガジン

NEWアンティークジュエリー新着商品

ポイントはこのような色の珊瑚は、現状世界中のどこでももう採れないということです。 簡単に言えばアンティークジュエリー、ヴィンテージジュエリーで探すしかないとうことになります。

エンジェルスキン珊瑚(天使の肌コーラル)ネックレス

エンジェルスキン珊瑚(天使の肌コーラル)ネックレス

【もっとも高価な珊瑚エンジェルスキン このようなクオリティーのコーラルは今日存在しません】
いわゆる「天使の肌 (peau d'ange)」と呼ばれる最上級の珊瑚のネックレス。
愛らしいピンクの色がもうたまりません。
このネックレスは長年懇意にしているディーラーさんからとても良心的な価格で入手して、リーズナブルにお出ししていますが、エピソードでも書きましたようにこのように上質なエンジェルスキンコーラルはゴールドより高価に取引されることもあります。
こうした正真正銘のエンジェルスキンのコーラルは今日では採取されませんので、良い・・・

続きを見る

マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)

マザーオブパール アンティークネックレス(マルカジット 1800年頃)

【玄人ほど愛するタイプのアンティークジュエリー】
18世紀後半から19世紀初頭にかけてのとても古い時代のフランスのアンティークジュエリー。
希少性の高い作品です。
真珠は一般的に古い時代のものであればあるほど(良い状態で残っていれば)美しく、このマザーオブパールはジュエリーに施された石としては、私が出あった中でも最も美しい艶です。
扇など高価な装飾品の素材として用いられることの多かったマザーオブパールですが、ジュエリーとしてセットされたものは、アンティークであっても意外なほど少ないです。
そして後年の鉄鉱石(マルカジット)・・・

続きを見る

18世紀ダイヤモンドリング(細身 一文字リング)

18世紀ダイヤモンドリング(細身 一文字リング)

【18世紀末のとても古い時代のダイヤモンドリング】
アンティークジュエリーでも珍しい、18世紀まで遡るジュエリーです。
作られ…

続きを見る

ビジュードプロヴァンス アルルの指輪(オールドマインカット クッショシェイプダイヤモンド)

ビジュードプロヴァンス アルルの指輪(オールドマインカット クッショシェイプダイヤモンド)

【希少性の高いフランス地方ジュエリー 南フランス アルルの指輪です】
フランスのアルルと言う街の地方ジュエリー。
希少なフラン…

続きを見る

ペルピニャンガーネットアンティーク指輪(ダブルクローバー 三つ葉 )

ペルピニャンガーネットアンティーク指輪(ダブルクローバー 三つ葉 )

【色彩の明るいペルピニャンガーネット】
ガーネットの色調が明るいのも特徴的です。
アンティークジュエリーではざくろ色のようなボ…

続きを見る

シェルシュミディがご紹介するアンティークジュエリーについて

シェルシュミディは、アンティークジュエリーの中でも数の少ないフランスのアンティークジュエリーに特化しております。 日本で販売されているアンティークジュエリーの8割ぐらいはイギリスのアンティークジュエリーで、フランスのアンティークジュエリーは数が少ないく希少なものです。 そしてそのフランスアンティークジュエリーの中でも そのジュエリーが作られた時代の特徴が極めてよく出たもの、 希少で滅多に手に入ることのない技法が施されたもの、他にない装飾様式やスタイルを持ったものにこだわって買付をしております。 特に力を入れているのがフランス18世紀の王侯貴族のアンティークジュエリー、 王政復古の時代のアンティークジュエリー(この時代のジュエリーは日本では他ではほとんど見ません)、 南仏やノルマンディーなどのフランスの地方アンティークジュエリー、ベルエポック時代の古典的な美しい様式のアンティークジュエリー、 19世紀末のアールヌーボーのジュエリー、幾何学的でシャープなオーセンティックなアールデコにかけてのジュエリーです。 シェルシュミディでご紹介をしているアンティークジュエリーは現地でも非常に珍しい類のもので、他では手に入らないものです。

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーの矢葺が直接フランスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。 買付後は一点ずつ細かい検品をします。 ジュエリーに応じたクリーニングを施し、宝石はすべて鑑別所でチェックし、必要なものはアンティークジュエリー専門の工房で修理を致します。 万全の体制を整えるため、買付後は1点ずつ時間をかけて新着のジュエリーをご紹介していきます。 4-5日に1点ぐらいの割合で新しく仕入れましたアンティークジュエリーをHPにアップしてまいります。 (その都度、買付の際のエピソードなどを交えたメールマガジンを発行させていただいております。 是非メールマガジンにもご登録ください。)

About antique jewelryアンティークジュエリー情報

アンティーク真珠について

「アンティーク=天然真珠」だと思っていませんか? アンティークジュエリーに少しでもお詳しい方でしたら「昔は養殖の技術がなかったのだから、アンティークジュエリーで使われている真珠は全て天然真珠ですよ」といったことを聞かれたことがあるでしょう。 これはアンティークジュエリーの業界のセール文句になっているようですが必ずしも正しくはありません。 アンティークジュエリーに使われている真珠の多くが天然真珠です。 しかし全てが天然真珠ではありません。 上記の「アンティーク真珠=全て天然説」はヨーロッパで養殖真珠が本格的に市場に出始めるのは、一般的に1920年代頃からと言われていますからそれに基づいた論拠ということになります。 しかし養殖真珠はそれ以前にヨーロッパに存在し、一説には1880年頃から存在していたと言われています。 実際に1900年頃のヨーロッパのアンティークジュエリーから一部に使われています。 例えば下記をご覧ください。 こちらはフランスの有名なジュエリー専門のオークション会社のカタログから抜粋したものになります。 クリスティーズを初め世界の名だたるオークション会社のジュエリー競売では、真珠に関してきわめて厳密な明記が求められ、専門家が事前調査をしています。 この「真珠とダイヤモンドの指輪」は「1900年頃に製作されたと」推定されていますが、ジュエリーの説明文のところにここに「Perles de culture(養殖真珠)」と言う記載があります。 同じカタログから別の事例をご紹介いたしましょう。 こちらは花綱模様の美しい典型的なベルエポック時代のダイヤモンドと真珠のペンダントです。 こちらは1910年頃の推定と先ほどの作品より僅かに後年になりますが、こちらは「une perle en pampille(天然真珠の房飾り)」と記載があります。 天然真珠になります。

続きは「アンティーク真珠について」へ

18世紀アンティークジュエリーの特徴と魅力

市場に流通するアンティークジュエリーの多くは、19世紀後期以降のものです。 アンティークジュエリーの中でも現在市場に流通するアンティークジュエリーの多くは、19世紀後期以降のものです。 18世紀のアンティークジュエリーというのは、イギリスのアンティークジュエリーでもフランスのアンティークジュエリーであってもきわめて流通量が少ないもの。 どれくらい少ないかというと、現地のアンティークショップに行っても、ほとんどのお店にも一点もないのが普通です。 実際、当ショップでも18世紀のジュエリーは両手で数えられるぐらいしか扱っていません。 出てくることは稀で、高いお金を払おうが払うまいが、滅多に見つけられないのが18世紀アンティークジュエリーなのです。 18世紀といえば1700-1799年。 フランスの18世紀ジュエリーはその大半がフランス革命(1789-1799)に入る前に作られていますから、まさに250年以上前に作られた歴史的遺産です。 ブルボン王家の最盛期から、フランス革命によって王政が滅びた激動のフランス18世紀。 歴史的に見てもとても面白い時代ですし、ご存知のとおり文化的に素晴らしく洗練されて成熟した文化が生まれて、そして壊された時代です。

続きは「18世紀アンティークジュエリーの特徴と魅力」へ

アンティークジュエリーの刻印(ホールマーク)について

世界で最も長いジュエリーの歴史をもつ国のひとつフランス。 フランスの刻印制度はイギリスと並び世界で最も早く、制度が作られました。 フランスの刻印は金の刻印だけでもフランス国内用に作られたゴールド製品の押される刻印、輸出用ゴールド製品に押される刻印、輸入金製品に押される刻印等いくつもあります。 すべてを網羅するのはプロでも難しいですが、アンティークジュエリーで使われる刻印はある程度は決まっています。 (もちろん珍しい刻印も時々出てくるのですが・・・) フランスの刻印は昔も今も国によって厳しく管理されていますので、「金位や貴金属の区分」に関しては、刻印を正確に読み取ればまがい品をつかむことはまずありません。 ただし刻印で読み取れるにはフランスのアンティークジュエリーの場合、貴金属の種類と金位、製造国が主で、必ずしもアンティークの真偽を保証するものではないことも多いです。 (イギリスの場合、製造年や具体的な地域までが刻印で読み取れる場合が多いです) もちろんヒントになるところはあります。 分からない刻印を調べたいときは、分厚いフランスの専門書で調べるとほとんどすべてが明らかになります。

続きは「アンティークジュエリーの刻印(ホールマーク)について」へ

アールヌーボー(アールヌーヴォー)のアンティークジュエリーについて

知られざるアールヌーボーの本質 しなやかな曲線と自然への感性。 日本でも人気の高いアールヌーヴォー様式ですが、その「本質」は意外に知られていません。 アールヌーヴォーは19世紀末(1900年前後)、あらゆる芸術領域を席捲した装飾様式です。 ジュエリーの世界でアールヌーボーは、「貴石をシンメトリーにセッティングした従来のジュエリー作り」から「宝石的価値ではなく色によって選別した石を、美しく彫金されたゴールドにニュアンスカラーのエナメルと共にセットしたジュエリー」への脱皮をもたしました。

続きは「アールヌーボー(アールヌーヴォー)のアンティークジュエリーについて」へ

アールデコのアンティークジュエリーについて

アールデコジュエリーとは何か 1930年、著名なデザイナーであったポール・イリブ(Paul Iribe)はアールデコのジュエリーについて以下のように述べています。 「キュービズムとマシンデザインのために、花を犠牲にしている」。 アールデコ期にも以前として花や葉っぱなどの自然主義のモチーフのジュエリーも存続しつづけますが、「抽象的なジェオメトリックなデザインの台頭」なしにこの時代の動きは語れません。

続きは「アールデコのアンティークジュエリーについて」へ

1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリー

1940年代のジュエリーの特徴はまず肉厚なイエローゴールドです。 磨き上げた艶のある鮮やかなイエローゴールドの面をデザインの中に大胆に使っているのが、1940年代以降のジュエリーの特徴です。 戦争の足跡が聞こえていたこの時代プラチナは軍需金属とされたため、イエローゴールドへの回帰が高まっていたと言う社会背景もあります。

続きは「1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリー」へ
!

Antique Episodeアンティークエピソード

18世紀アンティークジュエリーの特徴と魅力

アンティークジュエリーの中でも現在市場に流通するアンティークジュエリーの多くは、19世紀後期以降のものです。
18世紀のジュエリーというのは、イギリスのアンティークジュエリーでもフランスのアンティークジュエリーであってもきわめて流通量が少ないもの。
どれくらい少ないかというと、現地のアンティークショップに行っても、ほとんどのお店にも一点もないのが普通です。
実際、当ショップでも18世紀のジュエリーは片手で数えられるぐらいしか扱っていません。
出てくることは稀で、高いお金を払おうが払うまいが、滅多に見つけられないのが18世紀ジュエリーなのです。
18世紀といえば1700-1799年。
フランスの18世紀ジュエリーはその大半がフランス革命(1789-1799)に入る前に作られていますから、まさに250年以上前に作られた歴史的遺産なのです。
ブルボン王家の最盛期から、フランス革命によって王政が滅びた激動のフランス18世紀。
歴史的に見てもとても面白い時代ですし、ご存知のとおり文化的に素晴らしく洗練されて成熟した文化が生まれて、そして壊された時代です。

18世紀と言えば後期バロック、ロココ様式です。
パステル調の色合いや、曲線を多用しているところが特徴的です。

下記は18世紀の「girandole」と呼ばれるデザインのピアス。
アメジストx紫でシルバーセッティングです。

18世紀イヤリング

そして18世紀と言えばマリー・アントワネットを思い浮かべる方も多いことでしょう。
この時代のフランスではルイ16世紀の妃であるマリーアントワネットというファッションリーダの下で、多くの秀でた宝飾品が作られます。
(そしてその多くがフランス革命によってフランス国外へ流出してしまったことも有名な話です)
この時代に作られた主たるジュエリーに、ボタンやバックル、ストマッカー、髪飾り、コサージュピン、ピアス、ネックレス等があります。
ロココ様式では彩り豊かなジュエリー、そして大きめの宝石をセットすることが好まれました。
18世紀にエメラルドやサファイヤ、ルビーなど色のついた宝石がそれ以前の時代に比べて多くジュエリーのセットされるようになります。

ダイヤモンドに関しては、世界の大きな鉱山の発見は19世紀後期以降ですから、18世紀はまだまだ絶対量がとても少なく、制限の多かった時代です。
18世紀アンティークジュエリーのダイヤモンドは、ローズカットにされることが多くそのローズカットは19世紀のローズカットよりずっと平坦です。
この時代のダイヤモンドは黒い内包物が見られることが多いですが、その絶対的な迫力と力強さは何にも変えがたいです。

18世紀アンティークダイヤモンドピアス

「18世紀のジュエリー=地金は必ず銀」と思われている方が多いのですが、 18世紀の特にダイヤモンドジュエリーでは銀が用いられていることが多いですが、ゴールドのストマッカーなど例外もあります。
色石の周りもゴールドにされるのが標準的でした。

アンティークローズカットダイヤモンド十字架

またダイヤモンドのジュエリーでも、18世紀の末に向かって裏面がゴールドバックにされることが増えていきます。
そしてこのようなゴールドは、既に18Kゴールドが実用されていたのです。
しかしここで注意していただきたいのは、存在していたのはイエローゴールドのみという点です。
18世紀はホワイとゴールドもプラチナも存在しませんでした。
また指輪は裏がクローズドになっています。

宝石以外では、色とりどりのペーストガラスや無色の鉛ガラスが当時の貴族たちに好まれ、ガラスとは思えないほど美しくセットされたジュエリーが見られます。
こうしたジュエリーはガラスとは言え、非常に高額に取引されていますし気高く美しいジュエリーです。
色石部分にペーストガラスが使われた18世紀のピアス。

18世紀ペーストガラスピアス

エナメルも好まれた素材です。
18世紀末のブルーエナメルのお花がデザインされた指輪。
18世紀エナメル指輪

以上、フランス18世紀のジュエリーについてご紹介いたしましたが、この時代にイギリスはもちろん他国でもジュエリーは作られています。
特筆すべきはポルトガル及びスペインです。
下記は18世紀末ポルトガルのブルーエナメルとダイヤモンド、銀セッティングの指輪です。
18世紀指輪 スペインはこの時代にゴールドを支配していましたので、ゴールドを贅沢に使ったジュエリーが作られています。

こうした本物の18世紀のジュエリーは、数十年前ならともかく現在パリのアンティークショップを回っても見かけることがほとんどありません。
当店でもこれまで仕入れることのできた18世紀のジュエリーは大抵、懇意にしているディーラーの個人コレクションを売ってもらったものです。
今後、この時代のこうしたジュエリーはますます希少にご紹介しずらくなっていきそうです。

地方ジュエリー ビジュードプロヴァンス(南仏 ビジュードプロバンス)

フランスのアンティークジュエリーの大半はパリを中心とした貴族社会を中心に展開します。
しかしその地方独特の発展が見られるジュエリーもあります。
地方ジュエリーと中央のジュエリーとの発展とは大きな違いがあります。
それはパリを中心にしたジュエリーは常に、貴族社会から展開していること。
一方で地方のジュエリーは17世紀までは貴族の装飾様式を模しながら、既に18世紀初頭からその地域特有の発展を見せ、その地域の有力な商家がその主役になります。
そうした意味でいわゆる貴族的なソフィストケートとはまた異なった魅力を持つのです。

下記はプロの中で良書と呼ばれている地方ジュエリーに関する文献ですが、残念ながら廃盤です。
(フランスは歴史的に中央の政治戦略が強く、地方特有の衣装や装飾品は、長年あまり研究の進まなかったという側面を持っています)。
表紙になっているのはMariette Dayreの肖像画(1860年)。
南フランス、アルルのアルラタン博物館に所蔵されています。
この地域特有の衣装と、ソートワール(ロングネックレス)に3連になった短いネックレス。
大きめのイヤリングピアスにブローチ、髪飾りと当時のアルル地域の貴婦人のジュエリーを今に伝えてくれる絵画です。

Mariette Dayre

地方ジュエリーがもっとも豊かにみられるのは南仏(プロバンス、プロヴァンス)で、それはこの地域に特有の文化、衣装が発達があったから、そして土地として恵まれて経済的に豊かであったからです。
この地域で作られたジュエリーをビジュードプロバンス(bijoux de provence)と呼びます。
南仏と言っても広いのですが、いわゆる「プロヴァンス地方」の西のエリア。
特にフランスの中央から独立していた時代も長く経済的に豊かであったアルル( アルルはフランスではおそらく唯一、少量ながらダイヤモンドが採掘された地域でもあります)、あとは港を持ち地中海貿易の中心地として発展したマルセイユ、プロヴァンス公国の首都であったエクサンプロヴァンスです。
この地域では、「地域特有の衣装」が既に16世紀に作られ始め、18世紀の後半には定着します。
ジュエリーが発展する際は、必ず衣装(コスチューム)と共に発展するため、フランスで地方特有のジュエリーが生まれる可能性を最も多く持ったのがこのプロヴァンス地域でした。
地方ジュエリーが大きく発展するのは、18世紀を通じてです。
下記は画家Antoine Raspal(1738-1781)によるアルルの女性の肖像画。

arlesienne

Granat美術館所蔵。
胸元にマルタの十字架、腕にブレスレットが描かれています。

以下にビジュードプロヴァンスの典型的なジュエリーをいくつか挙げます。
ビジュードプロヴァンスと言えばこれを思い浮かべる方も多いでしょう、アルル地域で作られたアルルのダイヤモンドのリビエールネックレス。

アンティークダイヤモンドネックレス(南仏プロヴァンス、ステップカットダイヤモンド)

ビジュードプロヴァンスに、十字架(クロス)の比率はとても多いです。
なぜならこの地域では、クロス(あるいはソートワール)こそが「富の象徴」であったからです。
プロヴァンスの十字架にはいくつかのとても特徴があるデザインが見られます。
例えば下記は、当店で販売済みの「Croix Capucines」と呼ばれるタイプのもので、コーン型の頂上に小さなローズカットダイヤモンドをセットします。
また南仏のクロスでは、キリストは描かれません。

アンティークローズカットダイヤモンド十字架(17-18世紀、南仏ビジュードプロヴァンス)

下記もデザインに南仏の特徴が出たクロスです。
花の形をしたモチーフで描かれたクロスは19世紀末から見られます。
モチーフの底部に黒いエナメルが入れられたものも南仏のクロスでよく見ることができます。

ビジュードプロヴァンス(南仏のクロス、シンセティックサファイヤ、黒エナメル)

南仏プロヴァンスでは、ソートワールの「連の多さ」は社会的ステータスを表すと考えられていました。
そしてチェーンに十字架やメダル(メダイヨン)、時には時計を通したのです。
時計を通すときはあらかじめ胸の辺りにそれ用の小さなポケットも作られました。
下記は1900年頃の絵葉書で描かれた「アルルの女性たち」。
当時のソートワールの装いが分かる一枚です。

arlesiennes_postal マルセイユでは、子供が生まれるごとにこの連を一つずつ足していきました。
下記は1866年に描かれたマルセイユの女性。
首に何連ものチェーンを重ねています。

marseillaise

珊瑚を使ったアンティークジュエリー(エンジェルスキン 天使の肌のコーラル)

パールとともに海の二大宝石と呼ばれるコーラル(珊瑚)。
珊瑚は、宝石の中でも珍しい有機物質の宝石です(大半の宝石は鉱物系)。
宝石として使われる珊瑚は、いわゆる「サンゴ礁」などと異なりずっと深海に生息する硬質のサンゴです。
ポリプ(サンゴ虫)の触手が8本に分かれていて(珊瑚礁は、触手の数が6本です。)、多くは太陽の光が届かない深く冷たい海の底でひっそりと生息しています。
数百ミクロン程度までの微小な浮遊物などを捕食して、ゆっくりと成長します。
わずか1cm成長するのに、50年近くかかる種類もあるのだとか。
磨くと美しい光沢を放ち、その赤い色が当時の女性の舞踏会用のドレスによく合い、女性の顔色を健康的に若々しく見せてくれると重用されました。

アンティークジュエリーで用いられる珊瑚としては、19世紀にイタリア、ナポリ湾で取れたもの。
フランス、ニースを中心とする地中海沿岸部でとれたものが有名です。
ヨーロッパではコーラルは彫刻されてカメオとして使われたり、自然の形のままでネックレスやブレスレット、リング、ピアスにされ愛されました。
下記は販売済みですが、当時セットで見つけた珊瑚のピアスとブローチです。

アンティーク天然サンゴピアス(お花、18金ゴールド)

アンティーク天然サンゴブローチ(地中海珊瑚、18金ゴールド) 珊瑚は赤系色の珊瑚で、赤、オレンジ赤、ピンク、白色に大きく分けることができます。

ヨーロッパのコーラルの色もオレンジレッド、血赤色、ピンク色など様ざまです。
下記はくっきりとしたオレンジ色の珊瑚が鮮やかなピアスです。

アンティーク珊瑚ピアス(地中海サンゴ、19世紀)

ピンクがかったものやオレンジ色、濃いものから薄い色までと、実にさまざまな自然の色が存在する珊瑚ですが特に価値が高いといわれるのが、「ポーダンジュ(天使の肌) Peau d'ange (英語でangels skin) 」と呼ばれる色の珊瑚です。
ローズ(薔薇)の色を深くしたようなサーモンピンクで、特にアールヌーボー期に好まれます。
アンティーク珊瑚の大半はオレンジ色ー赤色の珊瑚ですので、「エンジェルスキン」のピンク色の珊瑚は少ないです。
下記はやはりアールヌーボーの頃のエンジェルスキンの珊瑚のネックレス。
粒も大きく色もくっきり、これだけ美しい珊瑚は当店としても初めてです。

天使の肌 アンティーク珊瑚のネックレス

ピンク色は濃さがあるほど良いです。
下記はカルティエ製のヴィンテージの指輪ですが、珊瑚自体は上記のネックレスの方が上質です。

カルティエヴィンテージ指輪(珊瑚、ダイヤモンド、サイン入り)

最上級のエンジェルスキンの珊瑚は今日、1グラム220-230ユーロ(2017年1月現在1グラム27,500円程)で取引をされることもあるのだとか。
つまりゴールドより高い価格がつけられることがあるのです。

日本でもこのようなピンク色の珊瑚が「桃さんご」と呼ばれ、高知近海で採れたようですが、今では採取されていないそうです。
アンティークジュエリーで用いられている珊瑚は、特にフランスはかつてニースを中心とする地中海沿岸部で豊かに珊瑚が採れたということもあり、その大半が地中海沿岸部で取れたものです。

指輪・リング
アンティーク ring
ネックレス
アンティーク necklace
ピアス・イヤリング
アンティーク pierce
ブレスレット
アンティーク bracelet
ブローチ
アンティーク brooch
高級ジュエリー
アンティーク high jewelry