Antique Jewelry News

2016-09-26ブルーサファイヤのアンティークリングをアップしました
ヴィクトリア後期の正統派のブルーサファイヤリング。
ブルーサファイヤの色喪明るく綺麗です。 詳細へ
2016-09-22アメジストのエタニティリングをアップしました
「アメジストxプラチナ製」アンティークエタニティリングの中でも珍しい組み合わせのリングです。 詳細へ
2016-09-20アンティークアイボリーのネックレスをアップしました
程よいボリュームのある、垢抜けたアイボリーのネックレス。
長さもしっかりあり、コンディションもパーフェクト、お薦めのアイボリーのジュエリーです。 詳細へ
2016-09-16イギリスアンティークチェーンをアップしました
15ctゴールドのアンティークチェーン。
あえて装飾性は少なく、しかし重量もあり非常にしっかりと作りこまれたまさにイギリスらしさが出たチェーンです。 詳細へ
2016-09-13天然真珠のクロスオーバーリングをアップしました
とても綺麗な天然真珠のリングです。
デザインはトワエモワと呼ばれるクロスオーバーリング。 詳細へ
2016-09-11円高還元セール
数年前に比べてかなり円高が進みましたので、数年前に仕入れた一部のジュエリーを円高還元にてセール価格にて提供させていただきます。
対象商品は、HPでオレンジ色で「sale」と記載されている商品になります。
円高傾向になってきているとはいえ、アンティークジュエリーの価格は数年前と比べてかなり上昇気味ですからとてもお値打ちになっております。
ぜひこの機会にご利用くださいませ。
2016-09-09イギリス ジョージアン王朝後期の指輪をアップしました
カラフルな色石は何とペーストガラス。
アンティークジュエリーの中でもひときわ古い時代に作られた、雰囲気のあるペーストガラスの指輪です。 詳細へ
2016-09-05カーブドアイボリーのネックレスをアップしました
微細な象牙の彫刻で薔薇を描いた、アンティークらしいアイボリーのネックレス。 詳細へ
2016-09-02ハートのアンティークペンダントをアップしました
きっと誰もが「可愛い!」と思うハートのペンダントです。
形が洗練されていて色合いが綺麗。
さすがフランス、ベルエポック時代の上品なハートジュエリーです。 詳細へ
2016-08-31カボションガーネットのネックレス 写真を改めました
素晴らしい艶のカボションガーネットのネックレスを贅沢に用いたネックレス。
少しクリームを帯びた天然真珠もとても綺麗です。 詳細へ
2016-08-30定番のダイヤモンドピアスをアップしました
何と5年前に仕入れて在庫として保管していたピアスです。
2種類のダイヤモンドカッティングが用いられています。 詳細へ
  • facebook
  • オーナーブログ
  • メールマガジン

NEWアンティークジュエリー新着商品

久しぶりのブルーサファイヤのリングのご紹介です。 アンティークジュエリーの王道を行くデザイン。 比較的よく見るタイプの指輪ですが、宝石の色等がよくコンディションも細工もよく、コストパフォーマンスが良いものを見つけるのは至難の業。 三拍子(四拍子?)揃ったリングです。

ブルーサファイヤアンティークリング(シェフィールド イギリス ヴィクトリア後期)

ブルーサファイヤアンティークリング(シェフィールド イギリス ヴィクトリア後期)

【ヴィクトリア時代の終わり頃に作られたブルーサファイヤのトリロジーリング】
当店としては珍しい、オーソドックスなイギリスのアンティーク指輪です。
ブルーサファイヤが綺麗なのに加えて、細工が細やかです。
近年、ある程度の大きさ以上のブルーサファイヤのアンティークリングで、ちょっと良いなと思うと数年前よりずっと高価になっていることが多いのですが、懇意のディーラーさんから、「昔価格」で譲っていただきました。
「sheffield(シェフィールド)」の刻印と、18金ゴールドの刻印まで綺麗に残っています。
年号の刻印のみ半分以上潰れ・・・

続きを見る

アンティークエタニティリング アメジスト(プラチナ 1920年頃 フランス )

アンティークエタニティリング アメジスト(プラチナ 1920年頃 フランス )

【当店初、アメジストのエタニティリング】
全周をずらりと同じ宝石が連なる、エタニティリング。
現在でも人気の高いエタニティリングですが、その起源はもちろんアンティーク指輪に遡ります。
アンティーク市場で見つかるエタニティリングの大部分はダイヤモンドですがペーストガラスやガーネット、トルコ石などこれまでも様々な色石のエタニティリングを扱ってきました。
しかしこの指輪を譲ってくださったディーラーさんも私も、アメジストのエタニティリングは初めて見ます。
【プラチナxアメジストのエタニティリングは、とりわけ珍しいです。】
・・・

続きを見る

アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)

アンティーク天然パールリング(トワエモワクロスオーバーリング 1900年頃)

【同じ表情のものが二つとしてないアンティークパールリング】
アンティーク真珠の特にリングはお好きな方が多いので、私も気に入ったも…

続きを見る

15金ゴールド イギリス製アンティークチェーン(15ct 19世紀半ば )

15金ゴールド イギリス製アンティークチェーン(15ct 19世紀半ば )

【15ct ゴールド イギリスのアンティークチェーン】
今まで色々なアンティークチェーンを扱ってきましたが、主にフランスのチェー…

続きを見る

アンティークアイボリー(象牙)ネックレス

アンティークアイボリー(象牙)ネックレス

【大粒で遊び心に溢れたアンティークアイボリーのネックレス】
良い意味であまり象牙らしく見えないネックレスです。
全体が綺麗なグ…

続きを見る

シェルシュミディがご紹介するアンティークジュエリーについて

シェルシュミディは、アンティークジュエリーの中でも数の少ないフランスのアンティークジュエリーに特化しております。 日本で販売されているアンティークジュエリーの8割ぐらいはイギリスのアンティークジュエリーで、フランスのアンティークジュエリーは数が少ないく希少なものです。 そしてそのフランスアンティークジュエリーの中でも そのジュエリーが作られた時代の特徴が極めてよく出たもの、 希少で滅多に手に入ることのない技法が施されたもの、他にない装飾様式やスタイルを持ったものにこだわって買付をしております。 特に力を入れているのがフランス18世紀の王侯貴族のアンティークジュエリー、 王政復古の時代のアンティークジュエリー(この時代のジュエリーは日本では他ではほとんど見ません)、 南仏やノルマンディーなどのフランスの地方アンティークジュエリー、ベルエポック時代の古典的な美しい様式のアンティークジュエリー、 19世紀末のアールヌーボーのジュエリー、幾何学的でシャープなオーセンティックなアールデコにかけてのジュエリーです。 シェルシュミディでご紹介をしているアンティークジュエリーは現地でも非常に珍しい類のもので、他では手に入らないものです。

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーの矢葺が直接フランスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。 買付後は一点ずつ細かい検品をします。 ジュエリーに応じたクリーニングを施し、宝石はすべて鑑別所でチェックし、必要なものはアンティークジュエリー専門の工房で修理を致します。 万全の体制を整えるため、買付後は1点ずつ時間をかけて新着のジュエリーをご紹介していきます。 4-5日に1点ぐらいの割合で新しく仕入れましたアンティークジュエリーをHPにアップしてまいります。 (その都度、買付の際のエピソードなどを交えたメールマガジンを発行させていただいております。 是非メールマガジンにもご登録ください。)

About antique jewelryアンティークジュエリー情報

アンティーク真珠について

「アンティーク=天然真珠」だと思っていませんか? アンティークジュエリーに少しでもお詳しい方でしたら「昔は養殖の技術がなかったのだから、アンティークジュエリーで使われている真珠は全て天然真珠ですよ」といったことを聞かれたことがあるでしょう。 これはアンティークジュエリーの業界のセール文句になっているようですが必ずしも正しくはありません。 アンティークジュエリーに使われている真珠の多くが天然真珠です。 しかし全てが天然真珠ではありません。 上記の「アンティーク真珠=全て天然説」はヨーロッパで養殖真珠が本格的に市場に出始めるのは、一般的に1920年代頃からと言われていますからそれに基づいた論拠ということになります。 しかし養殖真珠はそれ以前にヨーロッパに存在し、一説には1880年頃から存在していたと言われています。 実際に1900年頃のヨーロッパのアンティークジュエリーから一部に使われています。 例えば下記をご覧ください。 こちらはフランスの有名なジュエリー専門のオークション会社のカタログから抜粋したものになります。 クリスティーズを初め世界の名だたるオークション会社のジュエリー競売では、真珠に関してきわめて厳密な明記が求められ、専門家が事前調査をしています。 この「真珠とダイヤモンドの指輪」は「1900年頃に製作されたと」推定されていますが、ジュエリーの説明文のところにここに「Perles de culture(養殖真珠)」と言う記載があります。 同じカタログから別の事例をご紹介いたしましょう。 こちらは花綱模様の美しい典型的なベルエポック時代のダイヤモンドと真珠のペンダントです。 こちらは1910年頃の推定と先ほどの作品より僅かに後年になりますが、こちらは「une perle en pampille(天然真珠の房飾り)」と記載があります。 天然真珠になります。

続きは「アンティーク真珠について」へ

18世紀アンティークジュエリーの特徴と魅力

市場に流通するアンティークジュエリーの多くは、19世紀後期以降のものです。 アンティークジュエリーの中でも現在市場に流通するアンティークジュエリーの多くは、19世紀後期以降のものです。 18世紀のアンティークジュエリーというのは、イギリスのアンティークジュエリーでもフランスのアンティークジュエリーであってもきわめて流通量が少ないもの。 どれくらい少ないかというと、現地のアンティークショップに行っても、ほとんどのお店にも一点もないのが普通です。 実際、当ショップでも18世紀のジュエリーは両手で数えられるぐらいしか扱っていません。 出てくることは稀で、高いお金を払おうが払うまいが、滅多に見つけられないのが18世紀アンティークジュエリーなのです。 18世紀といえば1700-1799年。 フランスの18世紀ジュエリーはその大半がフランス革命(1789-1799)に入る前に作られていますから、まさに250年以上前に作られた歴史的遺産です。 ブルボン王家の最盛期から、フランス革命によって王政が滅びた激動のフランス18世紀。 歴史的に見てもとても面白い時代ですし、ご存知のとおり文化的に素晴らしく洗練されて成熟した文化が生まれて、そして壊された時代です。

続きは「18世紀アンティークジュエリーの特徴と魅力」へ

アンティークジュエリーの刻印(ホールマーク)について

世界で最も長いジュエリーの歴史をもつ国のひとつフランス。 フランスの刻印制度はイギリスと並び世界で最も早く、制度が作られました。 フランスの刻印は金の刻印だけでもフランス国内用に作られたゴールド製品の押される刻印、輸出用ゴールド製品に押される刻印、輸入金製品に押される刻印等いくつもあります。 すべてを網羅するのはプロでも難しいですが、アンティークジュエリーで使われる刻印はある程度は決まっています。 (もちろん珍しい刻印も時々出てくるのですが・・・) フランスの刻印は昔も今も国によって厳しく管理されていますので、「金位や貴金属の区分」に関しては、刻印を正確に読み取ればまがい品をつかむことはまずありません。 ただし刻印で読み取れるにはフランスのアンティークジュエリーの場合、貴金属の種類と金位、製造国が主で、必ずしもアンティークの真偽を保証するものではないことも多いです。 (イギリスの場合、製造年や具体的な地域までが刻印で読み取れる場合が多いです) もちろんヒントになるところはあります。 分からない刻印を調べたいときは、分厚いフランスの専門書で調べるとほとんどすべてが明らかになります。

続きは「アンティークジュエリーの刻印(ホールマーク)について」へ

アールヌーボー(アールヌーヴォー)のアンティークジュエリーについて

知られざるアールヌーボーの本質 しなやかな曲線と自然への感性。 日本でも人気の高いアールヌーヴォー様式ですが、その「本質」は意外に知られていません。 アールヌーヴォーは19世紀末(1900年前後)、あらゆる芸術領域を席捲した装飾様式です。 ジュエリーの世界でアールヌーボーは、「貴石をシンメトリーにセッティングした従来のジュエリー作り」から「宝石的価値ではなく色によって選別した石を、美しく彫金されたゴールドにニュアンスカラーのエナメルと共にセットしたジュエリー」への脱皮をもたしました。

続きは「アールヌーボー(アールヌーヴォー)のアンティークジュエリーについて」へ

アールデコのアンティークジュエリーについて

アールデコジュエリーとは何か 1930年、著名なデザイナーであったポール・イリブ(Paul Iribe)はアールデコのジュエリーについて以下のように述べています。 「キュービズムとマシンデザインのために、花を犠牲にしている」。 アールデコ期にも以前として花や葉っぱなどの自然主義のモチーフのジュエリーも存続しつづけますが、「抽象的なジェオメトリックなデザインの台頭」なしにこの時代の動きは語れません。

続きは「アールデコのアンティークジュエリーについて」へ

1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリー

1940年代のジュエリーの特徴はまず肉厚なイエローゴールドです。 磨き上げた艶のある鮮やかなイエローゴールドの面をデザインの中に大胆に使っているのが、1940年代以降のジュエリーの特徴です。 戦争の足跡が聞こえていたこの時代プラチナは軍需金属とされたため、イエローゴールドへの回帰が高まっていたと言う社会背景もあります。

続きは「1940年代のカクテルジュエリーと戦後エステートジュエリー」へ
!

Antique Episodeアンティークエピソード

アンティークゴールドの金位(9ct 14ct 15ct 18ct)

案外お客様に聞かれるc機会が多く、また実はディーラーでも時々理解が十分でないことも多いのがアンティークジュエリーで用いられるゴールドのカラットです。
国によって状況が異なるということも、ディーラーであっても理解が難しい理由の一つです。

- アンティークジュエリーで出会うゴールドの金位は主に9ctゴールド(37.5%がゴールド)、12ctゴールド、14ctゴールド、15ctゴールド、18ctゴールドです。
24/24が100%(純金)ですので、18ctゴールドは24分の18つまり75%が金でそのほかの25%が他の金属を使用しているという意味になります。
14ctゴールドは、14/24がゴールドで、残りの10/24に銀や銅、パラジウムを使用しています。

まずこの中で主にイギリスのアンティークジュエリーでしか見られない金位が9ctゴールドと12ctゴールド、15ctゴールドになります。
12ctゴールドと15ctゴールドは「1854-1932年の間に用いられた金位」とよく説明されます。
しかし1854年に初めて「9ct、12ct、15ct」の法整備ができたというだけで実際は、1854年以前の例えばイギリスのジョージアンのジュエリーのほとんどは15ctであることは歴然足る事実です。
(刻印制度は19世紀を通じて発展していくのでジョージアンのアンティークジュエリーですと刻印があることの方が珍しいです)
12ctゴールドと15ctゴールドは共に、1932年に14ctゴールドに取って変わられます。
しかしそもそも1900年以降、15ctのジュエリーはほとんど作られていません。
14ctゴールドと15ctゴールドは、含まれるゴールドの量としては微量の違いしかありませんが、「色あい」としては両者の違いは大きいと言われています。
興味深いですね。
下記は当店扱いの15ctゴールドのイギリスのアンティークチェーンです。

15金ゴールド イギリス製アンティークチェーン(15ct 19世紀半ば )

イギリスの専門家に確認したところ、肌感覚ではジョージアンのジュエリーの実に9割が15ctゴールドであるとのこと。
またジョージアンの時代はハイカラット(15カラットゴールド以上)のゴールドが好まれましたので、この時代には既に少数派ではありますが18ctゴールドのジュエリーも作られていますし、ジョージアンのモーニングリングなどでは22ctゴールドで製作されたものも存在します。

また12ctゴールドは公式には1854-1932年にわたって用いられた金位となっていますが、実際にイギリスのジュエリーで12ctゴールドのジュエリーを見ることは極めて稀です。

次に9ctゴールドですが、大まかに言えば9金ゴールドがイギリスのジュエリーで多く見られるようになるのは、1880-1900年頃のレイト・ヴィクトリアンの時代です。
この頃までにジュエリーがある程度の規模で量産されるようになり、9ctゴールドのジュエリーも多く作られるようになります。
一般的にハイクラスのジュエリーはこの時代も15ctゴールドや18ctゴールドで作ることを好んだと言いますが、必ずしも9ctゴールドだから低レベルな作品と言うわけではありません。

9ctゴールドの大きな利点の一つは、18ctゴールドなどのハイカラットゴールドに比べて磨耗が少ないことと重量が少ないことです。
例えば長年身につけたハイカラットの結婚指輪などが局所的にとても薄くなってしまうと言った経験をされた方も多いことでしょう。
ゴールドは純金に近いほど、磨耗しやすくなり、9ctゴールドは磨耗がしにくいと言う点は大きな利点です。
また重量については、例えば大きなブローチやペンダント、長いチェーンなどはハイカラットゴールドになりますとかなりの重量になりますので、身に着けた時の負担を考えて9ctゴールドが用いられるケースもあります。
下記は当店で販売済みの9ctのロングチェーン。

アンティークロングチェーンネックレス(9金ゴールド、イギリスヴィクトリアン)

エドワーディアンの時代になっても9ctゴールドは使われ続けますが、特にハイクラスな作品は18ctゴールドが用いられるようになります。
あるいはイギリスの場合プラチナのジュエリーがフランス以上に好まれましたから、白い金属ですと1900年以降はプラチナが好んで用いられるようになります。

一方フランスでは僅かな例外を除き、長年を通じてゴールドと言えば18ctゴールドが用いられました。
17世紀のジュエリーも18世紀のジュエリーもゴールドはほとんどの場合、18ctゴールドが用いられています。
ただしイエローゴールドと意味です。
ホワイトゴールドがフランスのジュエリーで用いられ始めるのは1875年頃からになります。
それ以外では14ctゴールドが僅かに見られますが、これはマルチフープリングなど主に加工上の理由で、14ctゴールドのフランスのジュエリーは極めて少なく、「フランスのゴールドジュエリー=18ct」ということがほぼ当てはまります。
下記は王政復古時代(イギリスで言うところのジョージアン後期のゴールドブレスレットですが、やはり18ctゴールドが用いられています。

金の刺繍カンティーユの金細工ブレスレット(1820年頃、カラーゴールド、ゴールドメッシュ)

14ctゴールドが主流だったのはアメリカ。
アメリカのジュエリーの大半は14ctゴールドで作られました。

また14ctゴールドで忘れてならないのはオランダ。
オランダで製作されたアンティークジュエリーの大半はやはり14ctゴールドで、オランダの14ctゴールドの刻印(オークの葉)が押されています。
下記のリングはオランダ製で、ゴールド部分は14ct、オークの葉の刻印が押されています。

ダッチローズカット指輪(オランダ製、14金ゴールド)

ブルーサファイヤ(サファイア)のアンティークジュエリー

アンティークジュエリーの貴石の中で、もっとも高い価値がありもっとも人気があるの宝石の一つがブルーサファイヤです。
9月の誕生石であるサファイアは、ルビーと同じくコランダム系の鉱物の変種です。
赤いコランダム(鉱物名)をルビーと呼び、その他はすべての色名を冠してサファイアと呼んでいます(宝石名)。
色によってピンクサファイア、ブラックサファイア、ブルーサファイアなどと呼びます。
鉱物名がコランダム、宝石名がサファイアになります。
サファイヤと言う人もサファイアと言う人も両方いて、両方正しいです。

アンティークジュエリーで使われているコランダム(サファイア)には、まず何といってもブルーサファイアとルビー。
そしてピンクサファイア、ブラウンサファイアなど中間色のサファイアも時々、見つけることがあります。
良いサファイヤのポイントをいくつか挙げると。
1)何より、透明感があること。
2)色は、深く澄んだ青色やわずかに紫色味を帯びた中明度の青色がもっとも良い。
3)深み
濃い青色ほどよいものとされています。
ちなみに現在産出されるブルーサファイヤのほとんどは、日常的に超高温での加熱が行われているので本来の色合いを示すものは少ないです。
ちなみにこの超高温での加熱(1500度ぐらい)によるサファイヤの色の調整が始まったのは1960年頃からであると言われています。
現代ブルーサファイヤに行われている人工的なトリートメントとしては、超高温での熱加工、加熱だけでは変わらないサファイヤに外部からの拡散加熱処理を施すという技術があります。

ところでブルーサファイヤと言いますと、時々産地についてお客様からお問い合わせを頂きます。
アンティークジュエリーで使われているブルーサファイヤはそれが後年取り替えられたと言った事情がなければセイロンかカシミール(しかしカシミールは実際ほとんど見ないです)、あるいはビルマ産サファイヤです。
深みのある美しいロイヤルブルーカラーの良質なセイロンサファイアは、サファイアの最高峰である「カシミール産のブルーサファイア」に引けをとらない美しさ。
しかしカシミールサファイヤはもちろんセイロンサファイヤもとても数は少なく、多くのアンティークジュエリーで使われている特に19世紀までのブルーサファイヤの多くがビルマ産です。
そしてビルマ産ルビーも非常に美しいです。
下記は19世紀後期のビルマ産ブルーサファイヤのブローチです。

19世紀ビルマ産サファイヤ

ちなみに現代ではタイ産のブルーサファイアが多く出回っていますが、アンティークジュエリーにおいてタイ産のサファイヤが使われることはないです。
良質で天然無加工の美しいブルーサファイアを入手したいのなら、アンティークジュエリーの中で、お探しになることをお薦めいたします。

フランスアンティークジュエリーにおいてブルーサファイヤと言えばナポレオンの妻、ジョゼフィーヌが有名です。
ナポレオンがドイツ征服に成功したとき、ジョセフィーヌのために手に入れたものに「カール大帝の守護石のサファイア」があります。
(寺院側は敬意を称して見せるだけのつもりだったのですが、ジョゼフィーヌが所望してしまい、やむをえなく寺院側は渡したという話です)。
ジョゼフィーヌはこの宝石の歴史的価値を知らず、単純に宝石好きの夫がさぞ喜ぶだろうと考えてサファイアを所望したということですが、実は「持つ者を必ず皇帝にする」と信じられていた素晴らしい秘宝でした。
カール大帝の父、ピピンがイタリア半島をローマ教皇領として法王に謙譲した時法王からお礼にもらったという歴史的にも超一級の由緒あるものでした。
そんな素晴らしい秘宝をナポレオンは簡単に妻のジョゼフィーヌに渡すのですが、それには理由があったと言われています。
妻の浮気をおさめるためです。
ジョゼフィーヌは大変な浮気性で、サファイアは古来より浮気を封じ込めると信じられていたのです。
そのせいか、ジョゼフィーヌのジュエリーには非常に豪華なブルーサファイヤのジュエリーをいくつも所有していました。
下記は、1806年にHenri Francois Riesenerが描いたジョゼフィーヌの自画像。
胸元にブルーサファイヤとダイヤモンドのネックレスが煌きます。

ジョゼフィーヌのサファイヤ
ジョゼフィーヌのサファイヤ2

また日本では婚約指輪と言うとダイヤモンドの印象がとても強いですが、ヨーロッパやアメリカではダイヤモンドに次いでブルーサファイヤを婚約指輪にする人も多いです。
最近ではイギリス、ウィリアム王子がケイト皇太子妃に贈ったのがやはりブルーサファイヤの指輪でした。
元々はウィリアム王子の亡き母、ダイアナ元皇太子妃のご婚約指輪だったサファイアのご婚約指輪です。
アンティークというほどは古くははありませんが、真新しいブランドの指輪などを贈るのではなく、一家の伝統が刻まれた指輪を受け継いでいくというのはやはりイギリス皇室らしい選択ですね。
ヨーロッパでは、結婚する際に花嫁がブルーの物を身に付けていくと幸せになれるという言い伝えもあるそうです。

アンティークエタニティーリング(エタニティリング)

現在でも「エタニティーリング」と呼ばれて愛されている指輪デザインの歴史は古く、フランスでは18世紀のジュエリーに既にエタニティリングを見つけることが出来ます。
この指輪デザインのことをフランス語では「Alliance(結婚指輪=マリッジリング)」と呼びます。
この「alliance」という言葉は元々は、「同盟」とか「協定」といった意味のフランス語で、そこから転じて「結婚」、「結婚指輪」を指します。

下記は当店で販売済みの18世紀のエタニティリング。
緑石はペーストガラスです。

18世紀エタニティリング(緑ガラスペースト、結婚指輪)

アンティークのエタニティーリングはダイヤモンドだけでありません。
古くは上記のようなペーストガラスも用いられましたし、下記はマルカジットを用いたエタニティリングです。(19世紀初頭)

アンティークエタニティーリング(マルカジット、銀製、19世紀初頭フランス)"

エタニティリングはまた、20世紀初頭にアメリカ人に愛されオーダーされた指輪デザインです。
フランスのアンティークジュエリーでもこの頃に作られたエタニティーリングが数としてはもっとも多いです。
そのため、フランスでは「Alliance Americaine(アメリカの結婚指輪)」とも呼ぶことも多いです。
半周だけ宝石が巡らさせたものは、半分と言う意味の「Demi」が前について「Demi-alliance」と呼ばれています。

フルエタニティーダイヤモンドリング(フランス、20世紀初頭)。

アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)

セミエタニティーリング(フランス、20世紀初頭)。

アンティークダイヤモンドエタニティーリング(ローズカット、結婚指輪)

ダイヤモンド以外の宝石もエタニティーリング(セミエタニティーリング)に用いられました。

下記はガーネットのフルエタニティリング(フランス、1840年頃)。

アンティークガーネットエタニティーリング(1840年頃、トランジションスタイル)

そしてフランスだけでなく、下記はロシア製作のトルコ石をあしらったエタニティーリング。

アンティークトルコ石エタニティ指輪(ロシア、花冠)

下記のように2つのまったく同じサイズのエタニティリングをあらかじめ重ねづけするように作ったリングも作られました。
これは今日では別々に着けることもでき、とても重宝ですね。

ルビーとダイヤモンドのアンティークセミエタニティーリング

アンティークのエタニティリングは当店でもよくお問い合わせを頂きますが、そもそも数が少ないのに加えて、フルエタニティリングの場合はサイズ直しができないのが難しいところです。
指にぴったりの特にフルエタニティのアンティークリングで気に入られたものを見つけられたときは、迷わずにご購入をお薦めいたします!

指輪・リング
アンティーク ring
ネックレス
アンティーク necklace
ピアス・イヤリング
アンティーク pierce
ブレスレット
アンティーク bracelet
ブローチ
アンティーク brooch
高級ジュエリー
アンティーク high jewelry