イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)

希少なイエローダイヤモンドのリング レモンイエロー色の美しい宝石が3石。
なんとすべて「イエローダイヤモンド」です。
昔は加熱による色の調整ができなかったため、アンティークジュエリーでナチュラルな状態で美しいファンシーカラーのダイヤモンドは現代以上に稀です。
アンティークでもブラウンダイヤモンドは僅かに見かけるのですが、イエローダイヤモンドはシェルシュミディでも初めて入荷します。
いずれの石も大きさがあります。
中心の一番大きなイエローダイヤモンドの直径が4.5ミリ程。
特に真ん中と右側のダイヤモンドの黄色がくっきりといい色が出ています。
よく見ますと左右のダイヤモンドの大きさは、肉眼でわかるほど違います(左のほうが小さめ)。
もちろんいずれもオリジナルの石です。
どれだけこの色のイエローダイヤモンドを揃えるのが難しかったかを、物語っています。
一石でさえ入手が難しいアンティークイエローダイヤモンドが3石、今後まず入荷できなそうなジュエリーです。 ジョージアン王朝時代、1800年頃の古い時代のリングです ジョージアン王朝時代でも中ごろの、1800年ころに遡るとても古い時代のリングです。
フレームもしっかりしていて重量感があります。
ジョージアン王朝時代は金の値段が高くゴールドフレームの軽いものが多かったので、そうした点からも当時非常に高価なジュエリーであったことが分かります。
この時代ですので石はクローズドになっていますが、裏から光が入らない状態で美しいイエローの色が出ています。
イエローダイヤモンドに目を奪われがちですが、周囲を囲うのはこちらは無色のダイヤモンドの数々。
イエローダイヤモンドも含めて、石のキューレットがいずれもそぎ落とされている昔ならではのカッティングであることが分かります。
地金は15カラットゴールドで、ダイヤモンド周りは銀。
この時代ですのでほとんどのジュエリーにまだ刻印は押されていません。
指輪サイズは14.5号(有料でサイズ直し可)。

  • 高さ:11mm 
    重量:4g
    商品の状態:良好
  • 販売価格:648,000円(税込み)

イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)

  • ジョージアンらしい渋さの中にイエローの色彩で華やぎもあるリング
  • 横長で着けやすいです。ベゼルの横が1.5センチ、縦が1.1センチ程
  • 中心と左のダイヤモンドの大きさと色調がほぼ一緒、右側が一回り小さいです
  • 周囲を囲う無色のダイヤモンドは四角帯びた初期のころのオールドマインカット
  • しっかりとした堅牢なシャンク、裏面はクローズドセッティング
  • イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)
  • イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)
  • イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)
  • イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)
  • イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)
  • イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)
  • イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)
  • イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)
  • イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)
  • イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)

小さな写真をクリックすると大きな写真が切り替わります。

 

イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃 イギリスジョージアン)

648,000円  [通販価格:税込]
送料無料!

アンティークエピソード

ファンシーカラーのアンティークダイヤモンド(イエローダイヤモンド、ブルーダイヤモンド、ブラウンダイヤモンド等)

「ダイヤモンド=無色透明」のイメージがあると思いますが、実はダイヤモンドには皆、多かれ少なかれ色がついています。
もちろん中途半端に色のついたものは評価が低く、基本的にダイヤモンドはクリアで透明であればあるほど高く評価されているものです。

そんな中、ファンシーカラーダイヤモンド(綺麗な色が付いているダイヤモンド)は例外的な存在です。
レッドやパープル、グリーン、オレンジ、バイオレット、ピンクといった美しく色のついたファンシーカラーダイヤモンドは、無色透明なダイヤモンド以上にその希少性で評価されています。

ファンシーカラーダイヤモンド

ただし現在では「ファンシーカラー・ダイヤモンド」として売られているカラードダイヤモンドの大半がが人口的に色をつけられたもの、あるいは色が調整されたものです。

放射線を使うと簡単に色をつけることができますので、要注意です。
ダイヤモンドの石そのものは天然ということで「天然のファンシーカラーダイヤモンド」と読んでしまう強引な商法もあります。
もちろんアンティークジュエリーが作られた時代にはそんな技術も存在しません。
しかしながらアンティークジュエリーでファンしかラーのダイヤモンドは数としてはとても少ないです。
下記は希少なイギリスジョージアンの、イエローダイヤモンドの指輪。

ジョージアン王朝時代 イエローダイヤモンドヤリング(1800年頃/イギリス/15カラットゴールド)

下記はブラウンダイヤモンドのアンティークリング。

ブラウンダイヤモンドアンティークリング

下記はシャンパンカラーのダイヤモンドリング。

18世紀ダイヤモンドリング(シャンパンカラーダイヤモンド)

これまでシェルシュミディで入手したアンティークのファンシーダイヤモンドは「茶色、そしてシャンパン色、レモン色」です。
市場に流通するファンシーカラーのアンティークダイヤモンドはほぼ例外なくこれらの色になりますが、歴史的に有名なファンシーカラーのダイヤモンドに「ホープダイヤモンド」があります。
このようにブルーカラーのアンティークダイヤモンドも非常に稀ではありますが、存在はします。

ホープダイヤモンド

アンティークエピソード集のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×

Antique Jewelry シェルシュミディ[Cherche Midi]

シェルシュミディで取り扱うアンティークジュエリーは、全てオーナーが直接フランス、イギリスを主としたヨーロッパで買い付けてきたものです。

シェルシュミディ情報発信

メールマガジン
新着ジュエリー&セール情報をいち早くお届けします
オーナーブログ
シェルシュミディのオーナーブログ。買い付けの様子など
facebook
買い付けたジュエリーを現地からリアルタイムでご紹介
アンティークエピソード集
アンティークジュエリーを購入する上で知っておきたい知識
シェルシュミディ 電話:050-5361-7915
© 2018 Cherche Midi, All Rights Reserved.