アンティーク吹きガラスピアス(ブルーグレイッシュ、19世紀フランス、18金)

清楚なブルーグレイッシュの吹きガラスのピアス 19世紀後期のフランス製。
ブルーグレイッシュな光沢を帯びた美しい白色の石。
まるで真珠のように見えるこの美しい石は、何と吹きガラスです。
拭きガラスは、19世紀-20世紀初頭のアンティークジュエリーで時々見つけることがありますが数は限られています。
コレクター垂涎の、まさにアンティークならではの素材です。
「ガラス」と言いますと大したことがないと思われるかもしれませんが、時に天然真珠相応の値段で取引されます。
そして現地では、なぜかよく隣に並べて陳列されていることが多いです(笑)。
吹きガラスはこれまでネックレスでは数点扱ってきましたが(あと時々見かけますのは、もっと小粒の吹きガラスが数連のブレスになったタイプでこれが驚くほど高価です!)、ピアスでは初めての仕入れになります。
吹きガラスは白色をベースに真っ白に近いものから、少しクリームを帯びた色などがありますが、こちらはブルーグレイッシュ帯びています。
この色合いの吹きガラスは私も初めてみます。
どうやって作ったのでしょうね。
この色をどう言葉にしたらよいか悩みますが、敢えて表現するなら「非常に美しい天然真珠のような色合いで、天然真珠より少し光沢を強くしたブルーグレイッシュ」です。
精巧で緻密な金細工 作りの精巧さも魅力的です。
台座から伸びた針で石を底部から突き刺し、お盆の形をした台座で包みこんでいます。
針等の地金はもちろん18金ゴールドで、ピアスキャッチを左右に回転させることでピアスの開閉ができるようになっています。
このタイプのピアスキャッチャーは、ネジって留めるので通常のピアスキャッチ以上に失くしにくいというメリットがあります。
アンティークの小粒なピアスでよく見られる構造です。
裏から撮った写真では、紛らわしいことに左右の針が違う場所で留めたところで撮ってしまいましたが、もちろん左右ともしっかり奥までネジを入れこむことができます。
まさに天然真珠と変わらぬ敬意を持って、製作されたジュエリー。
吹きガラスは少し前にネックレスを販売しましたが、天然真珠では少しフォーマルすぎるかなと思うときもお使いいただけて重宝していただけているそうです。
こちらのピアスもフォーマルな場面のみならず、カジュアルにも真珠よりもって行きやすいのでとても使いやすいですよ。

  • 幅:6mm 
    重量:1.1g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティーク吹きガラスピアス(ブルーグレイッシュ、19世紀フランス、18金)

世界にひとつだけの一点もの

  • 温かみを帯びたブルーグレイ、「何の石?」と羨望を集まること間違いなしです
  • 直径6ミリ程、これぐらいの大きさは髪を垂らしてもアップでも両方綺麗です
  • 球体で厚みがあり、ころんとした形状は横など様々な角度から綺麗に見えます
  • 真珠より照り、よく見ると光の拡散の仕方が違うのが分かります
  • ピアスキャッチャーにはギザギザが入り台座裏は花の形、手がかけられてます
  • アンティーク吹きガラスピアス(ブルーグレイッシュ、19世紀フランス、18金)
  • アンティーク吹きガラスピアス(ブルーグレイッシュ、19世紀フランス、18金)
  • アンティーク吹きガラスピアス(ブルーグレイッシュ、19世紀フランス、18金)
  • アンティーク吹きガラスピアス(ブルーグレイッシュ、19世紀フランス、18金)
  • アンティーク吹きガラスピアス(ブルーグレイッシュ、19世紀フランス、18金)
  • アンティーク吹きガラスピアス(ブルーグレイッシュ、19世紀フランス、18金)
  • アンティーク吹きガラスピアス(ブルーグレイッシュ、19世紀フランス、18金)
  • アンティーク吹きガラスピアス(ブルーグレイッシュ、19世紀フランス、18金)

上の写真をクリックするとアンティーク吹きガラスピアス(ブルーグレイッシュ、19世紀フランス、18金)の大きな写真が切り替わります。

アンティーク吹きガラスピアス(ブルーグレイッシュ、19世紀フランス、18金)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

アンティークのガラスジュエリー「吹きガラス(ふきガラス)」

ガラスは最も古い「宝石」のひとつです。
古くは紀元前3000年前のメソポタミアとコーカサスの遺跡から発見されています。
いわゆる貴石の代役としての役割も、少なくとも紀元前1500年前のエジプト文明の頃には既に確立されていました。
中世、カラーガラスは主に宗教的な目的に用いられました。
例えば聖骨箱や聖書に飾られました。
非宗教的な用途としては、例外的に子供のジュエリー、そして葬儀用のジュエリーにも使われました。

吹きガラスとは、ガラス工芸の技術のひとつで、高温溶融されたガラスを、吹き竿に巻き取って、息を吹き込んで成形するガラス工芸技法のことです。
その起源は紀元前1世紀まで遡ります。
東地中海沿岸のフェニキア人が発明しました。
吹きガラス製法は古代ローマの時代からほとんど変わっていません。
イギリスやフランスでは18世紀に、ロココスタイルの仕上げとして登場した吹きガラスが登場します。
「もっとも上質なフェイクパール」として敬意をこめて「ローマの真珠」と呼ばれることがあります。
海外資料より抜粋。今回のピアスで使われている吹きガラスの光沢によく似ている「18世紀ロココ様式の吹きガラスのピアス」です。



吹きガラスの表面に、魚の鱗から取った光沢材をコーティングして、独特の光沢を出したそうです。
そしてこの吹きガラス技法が再び脚光を浴びるのが、19世紀末になってからです。
この時代、アールヌーボーの作家など数多くの宝飾家が再び「ガラス」とという素材に注目をして、ガラス素材の高級ジュエリーを生み出します。
そして20世紀初頭には、著名なガラス工芸家のルネラリックが、吹きガラス技法を駆使して、数々の香水ビンを作り伝説となります。

アンティークのガラスジュエリー「ムラノガラス、パードヴェール」

アンティークのガラスジュエリー「サフィレット(Saphiret)とボヘミアの変色ガラス」

アンティークのガラスジュエリー 「ペーストジュエリー(鉛ガラス)、ストラス、アランソンのダイヤモンド」

アンティークのガラスジュエリー「ブリストルグラス」

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×