アンティークダイヤモンド胸飾り(ペンダント、19世紀初頭、ワイルドローズ)

宮廷文化の残り香を感じさせるダイヤモンドジュエリー 1820-30年頃のフランス製。
見つけたときに思わず悲鳴を上げました。
フランスアンティークジュエリーの極みにあるダイヤモンドジュエリー。
花が「単体」で色々な角度から堪能できるアンティークジュエリーは少なくありませんが、このように集団として美しい花が咲く様を描いたジュエリーは稀で、トレンブランのアンティークジュエリーぐらいしか思いつきません。
トレンブランは通常ブローチにされて、中心部分がコイル状のスプリングで1-2つのお花が揺れるようになっているのですが、このダイヤモンドジュエリーはペンダントにされていて下部のドロップラインが揺れるようになっています。
なぜ通常のようなトレンブランにされなかったのかその理由は、後ろを見ていて気づきました。
小さな通し穴のようなものがあるのです、しかしこれはブローチに使う穴ではありません。
もともと大きな胸飾りとして作られたものだと考えられます。
この時代はデコルテの開いたドレスを着ていましたから、そこに大きく縫い付けて飾っていたのでしょう。
ブローチでないが故に、通常のようなスプリングで揺れるトレンブランのブローチにせず、ドロップラインで優雅に揺れるようにしたのです。
このような古の宮廷文化の残り香を感じる作品は、アンティークジュエリーでも滅多に見ないものです。
咲き乱れる花を枝ごと、その部分だけ切り取ってきたような構図です モチーフはワイルドローズです。
まるで庭から咲き乱れる花を枝ごと、その部分だけ切り取ってきたような構図です。
絵画でも描ききれない立体感をジュエリーで表現しようと思ったのでしょうか。
時代を経て渋さの魅力を感じる銀の台に、輝きを放つダイヤモンドの花びら。
花は段違いに高低差をつけられ、1つの花の裏にもう1つの花が見え隠れする様は、複数の花が展開するこうした構造のダイヤモンドジュエリーならではの醍醐味です。
数えるのが難儀なほどダイヤモンドが至るところに隠されています。
ローズカットダイヤモンドが47石。
この時代らしいローズカットダイヤモンドでありながら、強い輝きを放っています。
なぜだろうとよく見てみますと、各ダイヤモンドが随分厚みがあることに気づきました。
大粒のダイヤモンドは直径5ミリ程とそもそも大粒なのですが、それが銀の台座上に盛り上がるように、大きな膨らみを持ってセットされています。
また稀に見るとても古い時代の大作でありながら、着けてみると案外着けやすいことに驚きます。
通常のトレンブランブローチに比べて横幅が控えめで縦幅が大きめなところ、またアンシメトリーなデザインにより遊びが加わっているため、意外なほど自然に胸元にしっくり馴染むのです。
古い時代の壮大なジュエリーでありながら、複数の幸運な要因で日常の中でもお使いいただきやすいアンティークジュエリーです。
地金は銀で、チェーン部分が18金です。
チェーンは後年になって付けられたもののようですが、やはり古い時代のものです。
チェーンの通し輪部分にフランスの18金であることを示すアンティークジュエリーでよく見る「鷲の頭」の刻印が入っていますが、これは再コントロールの際に入れられたものです。
フランスのアンティークで19世紀初頭までのものは刻印が入っていないのが一般的です。
そしてそのような刻印の入っていない主にゴールドの入ったジュエリーを現代で取引する際に、再コントロールを受けて刻印を受けることが義務付けられています。
こちらの刻印は作られた当時に押されたものではなく、近年になって押されたものです。
何でそんなことを知っているかと言いますと、再コントロールを実際に受けたのが私が買い付けをしたディーラーさんご本人だからです!
刻印に関しては単純に「刻印のあるもの=本物のアンティークジュエリー=刻印のあるアンティークジュエリーを買いましょう!」といった類のことが色々なところに書かれていて、その度に頭が痛くなりそうです。
だって18-19世紀初頭のものは、刻印が入っていないのがむしろ普通なのですから!
鷲の頭が入っているだけではアンティークジュエリーであるという保証にはなりません。
このあたりの刻印の様々なケースについてはまた別途まとめてご紹介いたしますが、色々な意味でこのジュエリーがたどってきた歴史を見ることが出来る非常に貴重なジュエリーです。

  • 幅:53mm 
    重量:23.8g
  • 販売価格:1,058,400円(税込み)

アンティークダイヤモンド胸飾り(ペンダント、19世紀初頭、ワイルドローズ)

世界にひとつだけの一点もの

  • 200年ほどの年月を経て渋みを帯びた銀とダイヤモンドの陰影が他にない存在感
  • 5..3センチx5センチ程と大きいですが、流れるアンシメトリーがリズムカル
  • 花びらや葉の作りがリアリティに富んでいます
  • お花の形をした台座と葉の形をした台座、一つずつが手作業で行われます
  • 下部のそれぞれ2石のダイヤモンドのついたドロップラインが揺れます
  • アンティークダイヤモンド胸飾り(ペンダント、19世紀初頭、ワイルドローズ)
  • アンティークダイヤモンド胸飾り(ペンダント、19世紀初頭、ワイルドローズ)
  • アンティークダイヤモンド胸飾り(ペンダント、19世紀初頭、ワイルドローズ)
  • アンティークダイヤモンド胸飾り(ペンダント、19世紀初頭、ワイルドローズ)
  • アンティークダイヤモンド胸飾り(ペンダント、19世紀初頭、ワイルドローズ)
  • アンティークダイヤモンド胸飾り(ペンダント、19世紀初頭、ワイルドローズ)
  • アンティークダイヤモンド胸飾り(ペンダント、19世紀初頭、ワイルドローズ)
  • アンティークダイヤモンド胸飾り(ペンダント、19世紀初頭、ワイルドローズ)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンド胸飾り(ペンダント、19世紀初頭、ワイルドローズ)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンド胸飾り(ペンダント、19世紀初頭、ワイルドローズ)

[通販価格:税込] 1,058,400円 (送料について)

アンティークエピソード[Antique episode]

トレンブランのアンティークジュエリー

トレンブランとはフランス語で「揺れる(tremblant)」と言う意味です。
元々はダイヤモンドの花びらの後ろに付いているスプリングで、エレガントに揺れるジュエリーのことを指します。
スプリングで動くものだけでなく、花の部分の留め金をバネでつくることによって動く仕組みのものもあります。
一般的には19世紀のフランスで作られた「ダイヤモンドx銀」のジュエリーを指しますが、その他の宝石で作られたものやエナメルなどが用いられたものもあります。
また一般的には花の部分が動くものが多いですが、葉っぱの部分が動くものなどバリエーションがあります。
いずれにしてもトレンブランのアンティークジュエリーは極めて数が少ないです。
最初に流行したのは19世紀初頭(1800年頃)、そして新大陸でダイヤモンドが発見された1880年頃に再びリバイバルします。
特に19世紀初頭のトレンブランのジュエリーは、もはやカタログなどでしか見かけなくなったと思うほど出てきません。
下記は当店扱いではありませんが1880年頃のリバイバルとして作られたダイヤモンドトレンブランの典型的な例です。
トレンブラン

アンティークジュエリーの中でも非常に希少なジュエリーですので、トレンブランのジュエリーを手にされたいと思ってらっしゃる方は、出てきた時に必ずご入手されることをお薦めいたします!

トレンブランは大抵の場合は横長のブローチにされていますが、下記にこの胸飾りとよく似た作品を見つけました。
トレンブラン
こちらは同時代のロシアの作品(1780-1820年)で、元々はロシアの皇族の家族の持ち物であった作品とのこと。
こちらによく似たやはりサンクトペテルブルクで作られた作品は現在、エルミタージュ美術館に所蔵されています。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×