アンティークダイヤモンド2連リング(クロスオーバーリング 1900年頃)

2連にまたがったクロスオーバーリング 1900年頃のフランス製。
何とダイヤモンドが2連にまたがった、贅沢で珍しいダイヤモンドリングです。
しかもそれぞれのダイヤモンドの大きさは5ミリと大粒。
これほど大きなダイヤモンドが2石連ねて、指輪にしているのですから、他に類をみない贅沢な指輪です。
ダイヤモンドも19世紀までの黒い内包物がない、透明度が高く輝きの強い良質のダイヤモンドです。
そんなダイヤモンド2石が指元で煌く贅沢、一度目にしたら虜になってしまう垂涎のジュエリーです。
ゴージャスなのに上品で愛らしいデザイン これほど大粒のダイヤモンドを使っているのに、可憐で上品なところも素晴らしいです。
2つのダイヤモンドのホワイトゴールドの台座はお花の形をしています。
しかも横から見るとダイヤモンドがキューレットを含む全体を眺めることができる、凝った留め方をされています。
こうした細部の細やかな細工により大人も楽しめる愛らしさがあります。
それぞれのダイヤモンドの左右には2石ずつダイヤモンドがセットされています。
メインの大きな2石がオールドヨーロピアンカットで、左右両端の小さなダイヤモンドがローズカットで、カッティングを変えているところもまた面白いです。
地金は14Kゴールド。
それぞれのシャンクは後ろで1つになっています。
ダイヤモンド同士がくっつき、2つのフープ(連)が美しいシルエットを保ちます。
他に類を見ない個性的で上質なダイヤモンドジュエリーです。
指輪サイズは12.5号(サイズ直しはご相談ください)。

  • 高さ:13mm 
    重量:3.9g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークダイヤモンド2連リング(クロスオーバーリング 1900年頃)

世界にひとつだけの一点もの

  • 中心でダイヤモンド同士が溶接されているので、美しいシルエットは崩れません
  • 合計1カラットを優に超える、迫力のダイヤモンドは見る度にうっとりします!
  • 透明感があり力強い輝きのダイヤモンドはオールドカットにされています
  • 脇石のダイヤモンドもしっかりとしたボリュームがあり、厚みもあります
  • ダイヤモンドはキューレット部分を含む石全体が見れる贅沢な作りです
  • アンティークダイヤモンド2連リング(クロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティークダイヤモンド2連リング(クロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティークダイヤモンド2連リング(クロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティークダイヤモンド2連リング(クロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティークダイヤモンド2連リング(クロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティークダイヤモンド2連リング(クロスオーバーリング 1900年頃)
  • アンティークダイヤモンド2連リング(クロスオーバーリング 1900年頃)

上の写真をクリックするとアンティークダイヤモンド2連リング(クロスオーバーリング 1900年頃)の大きな写真が切り替わります。

アンティークダイヤモンド2連リング(クロスオーバーリング 1900年頃)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

歴史上のダイヤモンド伝説(ホープダイヤモンド、カリナン)

ダイヤモンドはその時代の権力者、富裕層を魅了してきた石です。
桁外れの大きさやクオリティーを持つものは、数々の伝説を生みました。
その中でも有名なのが「ホープダイヤモンド」。
ホープダイヤモンドとは、現在スミソニアン博物館のひとつである国立自然史博物館に所蔵されている、何と45.5カラットのブルーダイヤモンドのことです。
クラリティはVS1で赤い燐光を発するこの巨大なダイヤモンド。
フランス人ジャン=バティスト・タベルニエという男性がこの巨大なダイヤをインドからフランスに持ちかえったことに遡ります。
その後、ルイ14世→ルイ16世とマリーアントワネット→フランス革命中に盗難にあいます。
次々とその持ち主が死んだり、破産したりすることから、このダイヤは災いをもたらすという伝説が生まれますが、最終的には1910年にカルティエが購入。
この伝説もカルティエが売り込みのためにでっちあげたという話もあります。
もともとルイ14世購入時、ホープダイヤは112.50カラットあったという記録が残っています
世界中を旅して、所有者が変わり度々リカットされて現在のカラットに至ります。

世界最大級のカットダイヤモンドが見れる意外な場所、それはロンドン塔です。
ロンドン塔はテムズ川の岸辺、イースト・エンドに築かれた中世の城塞です。
「女王陛下の宮殿にして要塞」(Her Majesty's Royal Palace and Fortress)と呼ばれるように、世界に誇る英国王室の財宝の数々が保管されていて、世界最大級のカットダイヤモンド「カリナン」もここに展示されているのです。
入場料を払うことで、誰でも見学をすることができます。
この「カリナン」は1905年に南アフリカのプレミア鉱山で発見されました。
その名前は、発見したトーマス・カリナンの名にちなんでいます。
英国王エドワード7世の66歳の誕生日に献上されました。
当時どのようにカッティングしたら一番大きくダイヤモンドが残せるが熱心研究されカッティングされたのが、530.2カラットの洋ナシの形のダイヤモンドです(カリナン1)。
世界で2番目に大きいカットダイヤモンドもこのときカットされたダイヤで、やはり、ロンドン塔の中に飾られています。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×