シダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)

一枚一枚のシダの葉にセッティングされた美しいダイヤモンド 19世紀前半のフランス製。
アンティークジュエリーの中でもお探しの方が多い(そして実際はなかなか出てこない)シダの葉がモチーフになったブローチです。
流れるように美しく伸びた枝、そして枝の左右に広がる幾多もの葉。
連続する細長い葉の一枚一枚に、一粒ずつダイヤモンドがセッティングされています。
どのダイヤモンドもローズカットされていて、いずれも美しく光輝いています。
全体が銀でできており、経年変化により渋みを増した銀と光り輝くダイヤモンドの「光と影」の対比が非常に美しいです。
「ローズカットダイヤモンドは輝かない!」は嘘です ローズカットダイヤモンドは、後年に出てくるオールドヨーロピアンカットや現代のブリリアンカットに比べて、光を反射する面が少ないので落ち着いた輝きになるのですが、それでも昔の良質のダイヤモンドは輝きます。
「ローズカットだから輝かない」というのは言い訳で、やはりアンティークジュエリーでも良いものは輝くのです(その輝き方が異なるだけです)。
このブローチに使われたダイヤモンドはカット自体は19世紀前半のものなのでかなり無骨さが残っていて、ファセットは少なくやや扁平なローズカットになっています。
18世紀や19世紀前半のローズカットに特有のカッティングで、味わいがあります。
こうしたラフなカッティングでこれだけローズカットダイヤモンドが輝くのですから、やはりダイヤモンドそのものが非常に優れているのです。
裏側は銀の上に金を塗ったヴェルメイユになっていて、針部分は18Kゴールドです。

  • 幅:44mm 
    重量:3.8g
  • 販売価格:売り切れました。

シダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)

世界にひとつだけの一点もの

  • 30粒のダイヤモンドが葉っぱ一枚ずつにハッキリ見えるようにセットされてます
  • こちらを上にしても逆も、斜めも色んな角度で楽しめます
  • 経年変化でやや黒っぽくなった銀と白く輝くダイヤモンドの対比が迫力
  • シダの葉は2ミリx4.5ミリ程、向きや形がそれぞれ異なるのもハンドメイドならでは
  • ブローチ裏面はヴェルメイユ、針は18金で刻印あり
  • シダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)
  • シダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)
  • シダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)
  • シダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)
  • シダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)
  • シダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)
  • シダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)
  • シダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)
  • シダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)

上の写真をクリックするとシダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)の大きな写真が切り替わります。

シダの葉のアンティークブローチ(ローズカットダイヤモンド、19世紀前半)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

フィヤージュ(葉と枝)のアンティークジュエリー

19世紀のアンティークジュエリーの一部に、自然主義(ナチュラリズム)と呼ばれる、花やフルーツをモチーフにしたジュエリーが見られます。 もともとこうしたロマンチックなジュエリーの流行は、19世紀の初頭に遡り、その流行は数十年の間続きます。
1820-1830年頃に流行したロマンチックジュエリーはその特徴として、小さくそして繊細です。
これらが19世紀の半ばにかけてもっと大きく、そして構造が複雑になっていきます。

自然主義のジュエリーが当時、一世を風靡した理由は、まず何と言ってもデザインが可愛らしいこと。
そしてお花や葉の形をしたジュエリーが着けやすかったこと、そしてこの時代にガーデニングへの熱狂があったからです。
新しいエギゾティックな植物がヨーロッパにもたらされ(このことは前世紀から続いていたことですが)、19世紀の間中ずっとガーデニング熱が下火になることはありませんでした。
19世紀の半ばに特に好まれたのは薔薇、フクシア、西洋菊、ダーリア、そして新たにパンジーが加わります。
これらはそのままジュエリーのモチーフにもよくされました。

特定の花には特定の意味が込められて、このようにしてジュエリーは高貴さや感情のシンボルにもなりました。
例えば忘れな草に込められたメッセージは「真実の愛」、百合なら「幸せの再来」、アイビーは「友情や誠実」といったようにです。
このようにしてお花がモチーフになったナチュラリズムのジュエリーは、贈り物トしても好まれました。

またアンティークブローチなどで時々見かけるモチーフに「フィヤージュ」があります。
フランス語「フィヤージュ(Feuillage)」から来ています。
「葉と葉の付いた枝」という意味で、アンティークジュエリーを代表するモチーフの一つです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×