アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)

購入して重宝したとおしゃっていただくことが最も多いタイプのアンティークピアス アンティークジュエリーの中でもアイテムとして最も仕入れが難しいのはピアスです。
やはりそれは2つで1組だからです。
長い年月の中でバラバラになってしまうことも多く、仕入れる時のお値段は高価ですが、指輪やペンダントに比べても日本ではピアスにお金を使われる方は少ないです。
しかし顔に最も近いところに着けるわけですから、ピアスこそクオリティーの悪いものを着けてしまいまうと全てが台無しです。
使いやすいデザインのアンティークピアスは、実用性も高く本当にお薦めです。
久しぶりに満足できる色石のピアスを仕入れることができました。
しかもフランスのアンティークピアスの王道を行く、しっかりと作りこまれた実用性の高いピアスです。 色彩の明るい美しいガーネットxローズゴールド 赤石はガーネット。
色彩が明るく、アンティークジュエリーでよく見られるボヘミアンガーネットの色でないところが良いです。
光を浴びると明るい色彩の赤色が燦々に輝きます。
地金はローズゴールド(少しピンク色を帯びたイエローゴールド 18ctです)。
ガーネットの赤色としっくり調和し、色の系統が統一されているので、すっきりとしています。
19世紀後期らしい金細工も美しく、横から見ると王冠のように見える、透かしの入った台座が愛らしいです。
台座の透かしがそのまま爪となり、正面から見たときはローズゴールドの小さな9つの爪がアクセントになっていてます。
ガーネットの上部にはダイヤモンドが埋め込まれています。
かなり深く埋め込まれているのと、クローズドセッティングになっているので、ぱっと見た感じはそこまで大きな石とは思わないですが、ルーペで見ると、意外なほど厚みがあります。
このような脇石のダイヤモンドでは、通常はシングルカットのローズカットが用いられるのですが、このピアスでは、カット面の多いダッチローズカットになっています。
(シングルローズカットとダッチローズカットの違いはエピソード欄をご参照ください)。
厚みがあり立体感が増すので脇石にも存在感があり、細部まで作りの良さが伝わってきます。
19世紀後期のフランス製。

  • 幅:8mm 
    高さ:13mm 
    重量:2.1g
  • 販売価格:売り切れました。

アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)

世界にひとつだけの一点もの

  • ガーネットもダイヤモンドも艶があり、間接照明下でも映えます
  • 横幅が8ミリ程度。耳にフィットする上品な使いやすい大きさのピアスです
  • 台座の透かしや模様は、この時代のフランスの典型的なものです
  • ダイヤモンドのしっかりとした厚み、立体的なカッティングも眼に留まります
  • フランス18金ゴールドの刻印あり
  • アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)
  • アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)
  • アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)
  • アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)
  • アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)
  • アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)
  • アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)
  • アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)
  • アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)
  • アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)

上の写真をクリックするとアンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)の大きな写真が切り替わります。

アンティークガーネットピアス(19世紀フランス ダッチローズカットダイヤモンド)

[通販価格:税込]:売り切れました。

アンティークエピソード[Antique episode]

ローズカットダイヤモンド、ダッチローズカットのアンティークジュエリー

ローズカットのダイヤモンドは、ブリリアンカットが主流となっている現在においては珍しい存在で、「アンティークジュエリー」ならではの味わいのあるものとして人気があります。
ローズカットとは、底辺が平らでドーム上にもりあがった上部に三角形のファセットカットが施されたカッティングのことです。
表面に細かなファセットが入っていて、ダイヤモンドの上部にテーブル(平らな面)がなく、バラのつぼみが開いたように見えます。
フランスでローズカットのダイヤモンドジュエリーは特に18世紀から19世紀半ばのジュエリーに見られますが、ブリリアンカットが19世紀半ばに登場してからも完全になくなるわけではなく、特に小さなダイヤモンドでは度々用いられ続けます。
ダイヤモンドのカッティングは大まかに言いますと
「ポイントカット→テーブルカット→ローズカット→ブリリアンカット」と変遷していきます。

ところでローズカットダイヤモンドはアンティークジュエリーの代名詞のように語られることが多いですが、現代でもカッティングそのものは可能です。
「ローズカットダイヤモンドだから必ずしもアンティークジュエリー」とは限らないということぜひ気に留めておかれてください。

またローズカットダイヤモンドはブリリアンカットのように「どこから見ても輝くよう計算されたカッティング技法」ではありませんので「ローズカットダイヤモンドは光らない」とおっしゃる方もいます。
しかし良質なローズカットダイヤモンドは控えめな輝きながらも、綺麗に煌きます。

また驚かれるかもしれませんが、一言で「アンティークダイヤモンドのローズカット」と言っても、実はローズカットも何種類かありそれぞれ異なります。 例えば下記は「ダッチローズカット(Holland cutting)」と呼ばれるものです。
dutchrosecut.jpg ダッチローズカットブレスレット
ダッチローズカットは普通のローズカットよりカット面数が多く、ダッチローズカット・ダイヤモンドは、優れたカットの石が使われていることが多いです。
ちなみにその名前からも分るようにダッチローズカットはオランダで生まれましたが、オランダに限らずフランスなどのアンティークジュエリーでも見られます。
ダッチローズカットはよくローズカットの見本のように示されていますが、実際のアンティークジュエリーではもっとファセット面が少なく簡略化されたローズカット(「シンプルローズカット」と呼ばれることもあります)の方がむしろ多く見られます。

シンプルローズカット
シンプルローズカット
18世紀ダイヤモンドピアス

他にも底がちょっと厚みがあるものとか、上部がドーム状にふくらんでいるもの等々、ローズカットも色々違いがあります。


ローズカットは主に17世紀半ばから19世紀半ばにかけてジュエリーに用いられます。
17世紀半ば以前はダイヤモンドはテーブルカットや原石に近いダイヤモンドが用いられており、1850年以降はオールドヨーロピアンカット(ブリリアンカットの一種)が登場します。
しかしながらその後も特に脇石などの小さめのダイヤモンドにはローズカットが施されることも多く、「ローズカット」と言うカッティングだけからそのジュエリー(あるいはダイヤモンド)の年代を特定することは難しいです。
もちろんダイヤモンドのカッティングは年代を特定する大事な要素の一つには違いありません。
18世紀のローズカットと19世紀のローズカットには違いも見られます。
一般的に18世紀のローズカットのカッティングは19世紀のそれよりずっと平坦で、またダイヤモンドももっと中に黒い内包物の見られるものが多いです。

アンティークエピソード集 のページでは、様々なアンティークに関するエピソードをご覧いただけます。

1回のご注文・配送地1ヶ所につき、送料を740円(税込み/全国一律)を申し受けます。
ただし、1回のご注文金額が21,600円以上(税抜20,000円)の場合には送料を無料とさせていただきます。

お名前(必須)
ご住所
お電話番号
メール(必須)

hotmailなどのフリーメールは、メールが届かない事例が増えています。できる限りプロバイダーのメールなどをご使用ください。
お問い合わせ内容(必須)

×